フレンチブルドッグの体重が心配!平均の体重推移と目安まとめ、オスとメスの違いとは

フレンチブルドッグの体重が心配!平均の体重推移と目安まとめ、オスとメスの違いとは

ずんぐりとした寸胴体型がチャーミングなフレンチブルドッグは、その独特の体型からふとっているかの肥満の見極めが難しく、他の犬種と比べると体重管理がしにくい犬種でもあります。

犬が肥満になると様々な病気にかかりやすくなるリスクが増加するため、必要に応じて体重制限するなど飼い主が日頃のフレブルの体型を見たりスキンシップをして肥満になっていないかなど体重を管理することが重要になります。

今回は肥満の判断の難しいフレンチブルドッグの平均体重推移や適正体重の目安から、オス・メスでの体重傾向の違い、体重制限のコツについて解説します。

 フレンチブルドッグの平均体重推移について

 フレンチブルドッグの成長過程による体重増加は、一歳でピークを迎えると言われています。理想の体重管理の目安を把握するためにも、まずは成犬の平均体重からチェックしてみましょう。

成犬の平均体重は8~14kg

 フレンチブルドッグの一歳を超える成犬の平均体重は8~14kgです。元々フレンチブルドッグはブルドッグの異種交配によって生まれた犬種なので、小型犬の中では平均サイズが大きめです。骨格ががっしりとしており、筋肉もつきやすいため、中には中型犬に分類される大きさの子もいます。

生後12ヶ月までの平均体重推移

フレンチブルドッグが体重増加のピークを迎える生後12か月目までの平均体重推移をご紹介します。

フレンチブルドッグの平均体重推移は、生後2ヶ月で2~3kg、生後3ヶ月に3~4kg、4ヶ月で4~5kgとおよそ1kgずつ増えていきます。生後7ヶ月になると7~8kgになり、生後8ヶ月から一歳を迎える頃には10kg前後の体重になります。

子犬期は生後3ヶ月~7ヶ月までで、生後8ヶ月頃になると大人の骨格が完成しフレンチブルドッグの体重の伸びも落ち着いてきます。

生後 平均体重
3ヶ月 3~4kg
4ヶ月 4~5kg
7ヶ月 7~8kg
12ヶ月 10kg

 

完全に成犬になる一歳頃までの成長期間は体重の増加が激しいため特に気を付けて体重管理を行うことが重要です。一歳になる頃の平均体重である10kgを目安に、子犬用から成犬用のフードに切り替えると良いでしょう。

成犬~シニアの平均体重推移

基本的に成犬期~シニア期に入る前までの平均体重推移に大きな増減は見られません。

飼っているフレンチブルドッグが成犬になった時点の体重を把握しておいて、以降は著しい増減が見られないか注意しながら適正体重を維持するように努めましょう。

ただし、およそ8歳以降に迎えるシニア期は加齢によって運動量が減少するため、体重が増えやすくなります。そのため年齢に合わせてシニア用フードに切り替えてカロリー調整しましょう。

フレンチブルドッグが歳を重ねるにつれ、成犬になった時点の体重よりも大きく減っている場合は、運動量の減少だけでなく加齢によって栄養を吸収する腸の機能が弱まっている可能性があります。

その場合はシニア用の高消化性フードに切り替えたり、フードをお湯でふやかすなどのケアをしてみてください。

もしフードの切り替えをしても体重が減り続けるようであれば、病気が原因の可能性も考えられるため、かかりつけの獣医に相談してみましょう。

オス・メスで体重に差がある

 フレンチブルドッグはオスとメスでも体重に差があります。個体差はありますが、メスに比べるとオスの方が体格が大きいため、それに伴い体重も重い傾向が強いです。成犬のオスの平均体重は10~13kg、メスは9~12kgが目安です。

体重管理をする場合は、飼っているフレンチブルドッグが男の子なのか女の子なのかによって体重目安が変わってくることを頭に入れておきましょう。

フレンチブルドッグは太りやすい!肥満に潜むリスク

 フレンチブルドッグは食欲が旺盛な犬種です。食べれる時は可能な限り食べてしまう傾向があるため、一般的に太りやすいと言われています。しかし、実は太りやすい要因は食欲旺盛という点だけではありません。フレンチブルドッグのような小型犬は、大型犬に比べるとカロリー消費が少ないのも太りやすい要因なのです。

フレンチブルドッグは少しぽっちゃりした見た目の方が可愛いと思ってしまいがちですが、肥満は多くの深刻な病気を誘発します。肥満が要因となって発症しやすくなる病気についてご説明します。

・鼻腔狭窄

フレンチブルドッグなど生まれつき鼻がつぶれた形をした短頭種に起こりやすく、鼻の穴の奥にある鼻腔が狭くなって呼吸困難などを引き起こす病気です。肥満状態で余分な肉が付くと気道が狭まり鼻腔狭窄になりやすい傾向があります。

・高血圧による心不全

肥満によって高血圧の状態が続くと、血管に常に負担がかかり、心臓に上手く血液を送れず心不全などの心疾患リスクが高まります。心不全はフレンチブルドッグの命に関わることの多い病気なので特に注意が必要です。

・糖尿病

食べすぎや運動不足による肥満が原因で発症します。フレンチブルドッグの糖尿病も人間と同様に深刻な合併症を起こすリスクが高い病気です。

・肝疾患

脂肪肝は肝臓の細胞が脂肪に換わってしまうことで肝臓が正常に働かなくなる病気です。重度の肥満は体内の臓器の働きを鈍くさせ、肝疾患のリスクを高めます。特に脂肪肝は進行して肝硬変になると治療が難しいため、フレンチブルドッグの体重を管理して肥満予防に務めることが肝心です。

・膝蓋骨脱臼・椎間板ヘルニアなどによる歩行困難

肥満になると、体を支えている足の関節に常に負荷がかかった状態になり、関節に炎症を引き起こしやすくなります。関節に炎症を起こして膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアなどになれば、歩行困難になるリスクが高まります。

|フレンチブルドッグを体重制限する時のコツ

フレンチブルドッグの肥満による病気のリスクを回避するためにも、普段から肥満になっていないかチェックして体重制限をしましょう。

ここからはフレンチブルドッグの上手に体重制限するコツをご紹介します。

食いしん坊なので食べすぎに注意!

 フレンチブルドッグは食欲旺盛なので、フードをあげればあげるほど食べてしまいます。愛犬が可愛くてエサやおやつをあげすぎてしまうという人は、カロリー過多にならないように日頃から注意が必要です。

 体重が増えてきたと感じたら、まずはおやつを減らしたり、低カロリーのフードに切り替えたりと工夫してみてください。

適切な運動量を取り入れる

フレンチブルドッグは短頭種なので呼吸器が弱いため、あまり激しい運動は推奨されていません。しかし、肥満予防と健康維持のためにも適度な運動は必要です。運動量の目安としては、朝と晩の1日2回、30分ずつの散歩を毎日行うのが望ましいとされています。

散歩は肥満予防の運動だけでなく、ストレス発散の効果もあります。悪天候などで散歩に連れ出せない日は室内で遊ぶなどしてストレス発散に努め、運動不足にならないよう心がけてください。

また、暑さに弱いフレンチブルドッグの場合、夏場は運動量が減りがちです。夏は早朝の時間帯に散歩したり、ひんやりグッズをつけて日陰を歩くようにするなどの工夫をするとフレンチブルドッグも快適に散歩できます。

毎日体重の変化を記録する

フレンチブルドッグはもともと体型がずんぐりとしているので太く見えるため、体重の変化に気付きにくいという側面があります。

気付いたらいつのまにか肥満になっていたということを防ぐためにも毎日体重を測って記録したり、スキンシップで体型を確認しておくことが大切です。

また、体重の数値をチェックするだけでなく、定期的な体型チェックをすることもおすすめします。体型チェックには、体型別に犬の肥満度を示すBCS(ボディ・コンディション・スコア)を参考にすると良いでしょう。

BCSとは、ウエストや腰部分のくびれ具合、肋骨の突起がわかるかなど、いくつかの項目を触診でチェックするというものです。皮膚と肋骨の間に薄く脂肪が付いている状態が理想で、ぱっと見た時に肋骨がわからないほど肉が付いている状態は太りすぎと判断できます。

太りやすくても日々の工夫で理想体重を維持できる

 フレンチブルドッグは肥満になりやすい傾向がありますが、毎日の生活の中で食事や運動を注意していれば、適正体重をキープできます。肥満は様々な病気のリスクを抱えることになるため、日頃から太り過ぎないよう体重管理に努めましょう。飼い主による触診だけでは安心できない場合は病院や犬用ジムなど専門施設でも定期的に診てもらうとより確実です。

関連する記事