ゴールデンレトリバーの体重表・メスとオス、子犬別の平均体重の推移について

ゴールデンレトリバーの体重表・メスとオス、子犬別の平均体重の推移について

ゴールデンレトリバーは運動が大好きな大型犬種ですが、成長が早く体重管理に注意しないと肥満に陥りやすいとも言われています。

今回は肥満になりやすいゴールデンレトリバーのメス、オス、子犬別の平均体重推移・体重表や適正体重を保つためのポイントについてご紹介していきます。

ゴールデンレトリバーの適正体重

 まずは、ゴールデンレトリバーの適正体重を成長過程別に紹介します。子犬期から成犬期にかけて増加していく体重を目安にチェックしていきましょう。

生後の適正体重は約300~500gが理想と言われている

 ゴールデンレトリバーの生後まもなくの体重は、300~500g程度と言われています。性別がオスの方がメスに比べて体格が少し大きく体重も重い傾向があります。

生後の体重は軽いですが、犬種の中でも比較的成長スピードが早く体重も急激に増えていくのが特徴です。
オスとメスでは平均体重や体高も異なりますが、どちらも12ヶ月ほどで一般的な成犬と同じくらいの体重まで成長します。

ゴールデンレトリバーの体重表で平均体重を確認する

 ゴールデンレトリバーの子犬にあたる生後12ヶ月まで平均体重推移体重表で確認してみましょう。

生後 オスの体重 メスの体重
1ヵ月 2㎏ 1.8㎏
2ヵ月 7kg 6.5kg
3ヵ月 11kg 10kg
4ヵ月 15kg 13kg
5ヵ月 18kg 16kg
6ヵ月 21kg 18kg
7ヵ月 23kg 20kg
8ヶ月 25kg 22kg
9ヵ月 26kg 23kg
10ヵ月 28kg 23kg
11ヵ月 29kg 24kg
12ヶ月 30kg 25kg

 

ゴールデンレトリバーは生後3ヶ月で6~7kgまで成長しますが、5ヶ月になると16~18kg、8ヶ月までに22~25kgと急激に成長します。生後9ヶ月を過ぎた頃から徐々に緩やかな成長へと落着き、生後12ヶ月で成犬と同じくらいの体格や体重になります。
 
ゴールデンレトリバーの成犬の平均体重はオスが約29~34kgでメスが約25~29kg程度です。これらの成長速度や体重推移には性差や個体差があるので、あくまで体重表の数字を目安として把握しておきましょう。

ゴールデンレトリバーの平均体高

 ゴールデンレトリバーの成犬の平均体高はオスが56~61cm、メスが51~56cm程度まで成長します。体高も体重と同様に、オスの方がメスより大きくなり見た目でもはっきりわかるようになります。

ゴールデンレトリバーの肥満基準を知っておこう

 ゴールデンレトリバーは肥満になりやすい犬種なので、肥満基準についても把握しておきましょう。肥満基準の目安について解説します。

ボディ・コンディション・スコア(BCS)を基準にする

犬の体型目安の判断として、BCS(ボディ・コンディション・スコア)があります。BCSでは体の肉付きなどを触診するなどをして肥満度合いを判断する方法で、体格や体重の個体差に左右されずに判断できます。

 BCSレベルは5段階に分かれており、BCS1~2で体重不足、BCS3で適正体重、BCS4~5で体重過剰(肥満)となります。

例えばゴールデンレトリバーの場合、成犬のオスで50キロ以上だとBCS5の肥満体型に分類されます。

 BCS5はボディコンディションスコアの最高レベルとなる肥満体なので、愛犬の健康のためにも体重は50キロ越えにならないように注意しましょう。

日頃からボディチェックして健康診断しよう

ゴールデンレトリバーの肥満基準を把握し日頃からボディチェックを行うことは肥満を防ぐポイントとなります。

特に背骨や肋骨、腰のくびれ部分を確認すると脂肪の付き具合が顕著にわかります。例えば背骨や肋骨付近を触ってみても骨の位置がわからない体型は肥満状態だと言えます。

 肥満にも重症~軽症までの度合いがありますが、腰のくびれがなかったり、横からチェックしてお腹が丸く垂れて脂肪が付いていたりすると肥満が進行している状態です。

 自主的に定期的なボディチェックするのはもちろんですが、通院の際にかかりつけの獣医師にもボディチェックしてもらうと確実でしょう。

50キロに満たなくても肥満が悪化していたら、すぐにダイエットを始めましょう。

ゴールデンレトリバーの適正体重を保つポイント

 ゴールデンレトリバーの適正体重を保つためのポイントをいくつかご紹介していきます。

子犬の頃から適切な体重管理をしよう

 ゴールデンレトリバーは、一般的に生後3ヶ月以降にブリーダーから譲られます。生まれてからの成長スピードが速く食欲旺盛な犬種なので、ついエサを多くやりがちですが、子犬期に肥満細胞を増やしすぎると成犬になってからも減量しにくい体質になってしまうことがあります。

子犬のうちから減量しにくい体型になら餌をやり過ぎないよう食事管理に気を配る必要があります。

子犬期に与えるパピー用フードは栄養価が高いため、子犬期の平均体重推移を目安にしっかりとした体重管理を心掛けるようにしましょう。
栄養を十分に確保することも大切ですが、パピー用フードのやりすぎは栄養過多で肥満の原因につながるので厳禁です。

ゴールデンレトリバーに必要な1日あたりのエネルギー量

ゴールデンレトリバーに必要な1日あたりのエネルギー量の計算式を使うと適切な食事量がわかります。電卓での計算方法をわかりやすくご紹介します。
 
・1日に必要なカロリー:安静時エネルギー消費量(RER)×ライフステージ
1日に必要なエネルギーを算出するには、犬の基礎代謝である安静時のエネルギー消費量(RER)の計算が必要です。
 
・RERの計算方法
ゴールデンレトリバーの体重を3乗した数値に電卓の√(ルート)を2回押し、出てきた値に70をかけた値がRERになります。
 
ライフステージとは犬の成長程度や避妊の有無などに応じて決められた数値です。

  • 生後4ヶ月まで…3.0
  • 生後4ヶ月~1年まで…2.0
  • 避妊(去勢)済みの成犬…1.6
  • 避妊(去勢)していない成犬…1.8
  • 避妊(去勢)済みの中高齢犬…1.2
  • 避妊(去勢)していない中高齢犬…1.4
  • 肥満傾向の成犬…1.4

RERにライフステージをかけ合わせると1日に必要なエネルギー量がわかります。

ゴールデンレトリバーに必要な運動量

 ゴールデンレトリバーは大型犬なので、基本的には朝と晩の1日2回、1時間ずつの散歩を毎日行うのが望ましいと言われています。

毎日の散歩に加えて、ドックランなどで運動する機会も定期的に作ると理想的な運動量に近づきます。

運動させる際には足腰への負担が懸念されますので、芝生や土の上など、柔らかすぎず硬すぎない地面で走らせるように心掛けてください。

ゴールデンレトリバーは運動量を多く必要とする犬種です。

アウトドアライフやドッグスポーツを楽しみたい方にはぴったりの犬種ですが、もし飼い主1人でゴールデンレトリバーの運動量を確保するのが難しい場合は家族や周囲の人に協力してもらうようにしましょう。お散歩・ドッグレース代行サービスなどもうまく活用して運動量を確保してあげてください。

ドッグフードを見直し、おやつの量を考える

ゴールデンレトリバーに毎日あげるドッグフードも定期的に見直しましょう。1歳を超えた頃には、様子を見ながらパピー用フードから成犬用のフードに切り替える必要があります。

 主食としてのドッグフードは、基本的に「総合栄養食」と書かれているものを選ぶと間違いありません。普段の体型変化などにも着目し、運動量も考慮してフードの量を調整しましょう。

 また、おやつのあげすぎも肥満の原因になります。主食の量と合わせてしっかりとカロリー計算を行いましょう。ゴールデンレトリバーが少し太り気味だと気付いたら、まずは普段あげているおやつを減らしたり、カロリーの低いものに切り替えたりするのがおすすめです。

長生きの秘訣は子犬期からの体重管理が重要

 ゴールデンレトリバーは肥満になりやすい犬種なので、毎日の散歩やフードなどの体重管理を行うことが重要です。急成長する子犬期からしっかりと体重管理をしていけば、肥満にならずに適正体重を維持できます。体重管理は健康管理と直結しているので、適切に管理すれば愛犬と長く一緒に過ごせるでしょう。

関連する記事