フレンチブルドッグの子犬を飼いたい!販売値段から適正体重、しつけやご飯・ドッグフードなどまとめ

フレンチブルドッグの子犬を飼いたい!販売値段から適正体重、しつけやご飯・ドッグフードなどまとめ

フレンチブルドッグは、潰れたような鼻に愛嬌たっぷりの特徴的な顔立ちが可愛らしい人気の犬種です。
フレンチブルドックを子犬から育てたい場合、目安となる販売価格や子犬からのしつけ方法、ご飯のあげ方やドッグフードの選び方など、フレンチブルドッグの子犬を迎え入れる前に知っておくべき知識がたくさんあります。。
今回は、フレンチブルドッグを子犬から飼いたい方向けに、子犬の値段相場や適正体重、成犬に成長するまでのしつけ方法、体重管理など、必要な情報を網羅してご紹介していきます。

フレンチブルドッグの子犬の値段相場、販売価格の目安


フレンチブルドッグの値段相場・販売価格は、大体15~30万円程度と言われていて、小型犬としては平均的な値段で売られています。
フレンチブルドッグの毛色にはフォーン、クリーム、ブリンドル、パイドの4種類がありますが、その中でも人気の毛色は他の毛色よりも高い値段で販売されている場合が多く、特に人気が高いクリームやパイドのフレンチブルドッグは他の毛色よりも高額で販売されています。
その中でもパイドは個性的な白黒模様でダントツの人気を誇っており、40~50万円程度の値段相場で売られていることも珍しくありません。逆に4種類の中でもブラックベースの毛色であるブリンドルは比較的安く販売されていることが多いです。
また、購入場所によっても値段相場は変わってきます。ペットショップから買う場合は人気に応じて値段が跳ね上がりますが、ブリーダーからフレンチブルドッグを購入する場合は少し抑えめで、大体25~40万円程度の販売価格を目安にすると良いでしょう。

フレンチブルドッグの子犬のしつけは難しい?


フレンチブルドッグの子犬を飼うか検討する判断材料として、こしつけの方法やしつけ易さなども気になるポイントでしょう。フレンチブルドッグの性格や子犬のしつけについてご紹介します。

フレンチブルドッグの気質としつけ

フレンチブルドッグはとてもフレンドリーで明朗快活な気質で、普段はめったに吠えることがない犬種と言われています。
そのため、マンションなどの集合住宅でも比較的飼いやすい性格をしていると選択する飼い主も多くいます。
とても賢く利口、一度しつけを覚えると飼い主の指示を的確にキャッチして従うことができる能力を兼ね備えており、ペットとしても優秀だと評価される犬種です。
ですが、フレンチブルドッグは頑固な気質も併せ持っているため、信頼関係を築くまでは粘り強く付き合う必要があり、しつけも同様に辛抱強く行う必要があります。
フレンチブルドッグのメスは基本的に、オスに比べると穏やかで大人しい性格の個体が多く、逆にオスは甘えん坊で活発な性格の子が多い傾向にあります。
このように個体差の大きい犬種でもありつつ性格が性別と間逆な場合もあり、稀にメスであっても気性の荒い個体もも存在するなど「性別がこうだからこの性格に違いない」といった固定概念は避けたほうが良い犬種です。
そのため、子犬を迎え入れる前にフレンチブルドッグの性格をしっかりと観察してから飼うことをおすすめします。

フレンチブルドッグの子犬はのんびりタイプ

基本的にフレンチブルドッグの子犬はのんびりとした性格の子が多く、甘えん坊な個体が多いです。
愛情深く飼い主やその家族と一緒にいるのが大好きなので、一人で留守番をさせられるなど寂しさを感じる場面に立たせられると不機嫌になることもあります。
飼い主とのスキンシップも好むので、積極的になでてあげたり抱っこしてあげるととても喜び、ストレスの解消にも繋がります。
しかし、単に甘やかすだけになってしまっては飼い主の言うことを聞かなくなってしまうので、愛情深く接すると同時にしっかりと飼い主としての威厳を示すことも重要です。
フレンチブルドッグの性格や行動は、子犬の頃の過ごし方や周囲の環境、しつけられ方にも大きく影響されます。
子犬の頃から正しくしつけを行い、飼い主との主従関係を確立しておきましょう。
例え個体差によってやんちゃで気性の荒いフレンチブルドッグだったとしても、子犬の頃からのしつけでしっかり主従関係を確立しておけばほとんど問題行動は起こしません。

フレンチブルドッグのしつけは子犬の時期から始めよう


フレンチブルドッグは基本的に飼い主に懐きやすく忠犬のような一面も持つので、子犬を家に迎え入れたらしつけを通してじっくりと主従関係を築いていきましょう。

甘噛みする子犬のしつけ

フレンチブルドッグは愛らしい顔とは裏腹に筋肉質な身体が特徴的で、他の犬種に比べ上位の強い顎を持っているため、本気で噛みつかれたら大怪我してしまう危険性があります。
まだ顎の力が弱い子犬の頃に甘噛みをしてきたり、噛み癖が目立つようであれば、悪癖になる前にきちんとしつけを行ってやめさせる必要があります。
スキンシップの延長線上として噛みついてきた際には、すぐに手を口から離し低い声で「イタイ」「だめ」「イケナイ」と言葉にしてやめさせましょう。
噛み付いてしまうと相手にしてもらえなくなる「噛み付く=嬉しくないことが怒る」と記憶させ、いけないことだと理解させるために、毎回同じ言葉で叱るのが言葉も覚えさせることとなり効果的です。
甘噛みは犬なりの愛情表現でもあるので、タオルや犬用玩具などを噛ませて引っ張り合いをする遊びを一緒にするのも良いでしょう。
他にも子犬は「歯の生え変わり」「不安や恐怖」「遊びの延長」など様々な理由で物を噛み、犬としての行動欲求の一つになっています。
そのため、噛むことをやめさせることは不可能なため、噛んで良いものと悪いものをしっかりと覚えさせることが必要となります。
人の手を噛みそうになったときは「噛んで良いおもちゃ」を代わりに与えます。
物は噛んで良いものだけを噛む、飼い主をはじめとした人間は噛まない。といったように体で覚えさせることが重要になります。

子犬のトイレトレーニング

子犬期の間はしつけや訓練などの吸収が早く、「ゴールデンエイジ」とも言われています。
室内で飼うことのの多いフレンチブルドッグの場合、決まった場所で用を足させるトイレトレーニングは重要なものになるので、子犬の頃からしっかり習得させるとことをおすすめします。なるべく家に迎え入れたその日からトイレトレーニングに取り掛かりましょう。
子犬期は成犬に比べトイレの回数が多めです。
寝起き後や遊んだ直後、食事の後などトイレしたそうな素振りを見たら、タイミング良くペットシーツにするよう子犬を誘導してあげましょう。
家に来たばかりや子犬の時期は上手くシートの上で排泄できないこともあります。もしトイレに失敗してしまった場合、怒ってしまうとフレンチブルドッグが委縮してしまい排泄しなくなるなど逆効果になるので、失敗した場合はすぐに処理をして怒らずに優しく次に成功するように見守ってあげましょう。
フレンチブルドッグが用意したトイレシートの上で排泄できたら、聞こえやすい大きな高い声で毎回褒めてあげると、排泄していい場所を覚えるのでトイレトレーニングが成功しやすくなります。

フレンチブルドッグの子犬の体重管理とドッグフードの関係


フレンチブルドッグは食欲旺盛な犬種としても知られています。食べたがるからと見境なくご飯をあげているとみるみる肥満体型になってしまうため、適正体重を把握し、体重管理をしっかりと行うようにしましょう。

子犬期の適正体重

フレンチブルドッグの子犬期の適正体重は、生後3ヶ月で約3kgです。さらに2ヶ月経った生後5ヶ月では約5kg、生後7ヶ月では約7~8kg程度が目安の体重になります。

とくに生後3ヶ月あたりの時期は、ご飯をあげただけ食べてしまうので、特に肥満になりやすく注意が必要です。
与えるドッグフードは小型犬と同じ容量、回数をこえないように慎重に与えるようにしましょう。スキンシップが好きなので、体をなでてあげながら太りすぎていないか、痩せ過ぎていないかをチェックしながら餌の量を調節してあげるのも大切です。
フレンチブルドッグは生後7~8ヶ月経過するとほとんど成犬と同じくらいの大きさや骨格になり、オスとメスの差も顕著になってきます。

ドッグフードを調整して体重管理

フレンチブルドッグはまるっとした愛らしい体型が特徴ですが、肥満によって全身が重くなりすぎると足腰への負担による怪我や呼吸器系にかかる負担が大きくなると健康を害してしまいます。
とくにフレンチブルドッグをはじめとするマズルの短い短頭種と呼ばれる犬種は、呼吸器系が元々弱く、遺伝疾患も多いとされていますので、病気を誘発させずに長生きさせるためにも適正体重を保つことが重要になっていきます。
様々な種類のドッグフードが販売されていますが、それぞれのドッグフードに記載された給与量をきちんと守ることが体重管理の基本です。フレンチブルドッグは他の犬種と比べて皮膚が薄く弱い犬種でもあるので、皮膚や関節に良い成分が含まれたドッグフードを選ぶのもおすすめです。
毎日あげるご飯の量をきちんと調整し、散歩にも積極的に連れ出して体重管理を行っていきましょう。
ダックスフンドは、長い胴体と面長の顔、短い脚や大きな垂れ耳が特徴的で愛らしく、性格も飼い主に懐きやすいのでペットとして高い人気を誇る犬種です。
同じダックスフンドという犬種の中でも毛の色や毛の長さ、体格の違いによって様々な種類が存在し、名前がつけられています。

毛の長いダックスフンドであれば「ロングヘアードダックスフンド」ミニチュアより体格の小さい「カニンヘンダックスフンド」など、その種類によって見た目や性格が違います。

今回はダックスフンドに関するそれぞれの種類の名称、特徴や違いに着目しながら解説していきます。

関連する記事