パピヨンの適切な運動量を紹介!運動神経はいいけど運動し過ぎは禁物

パピヨンの適切な運動量を紹介!運動神経はいいけど運動し過ぎは禁物

パピヨンは小型犬ながらも運動神経が良い犬種として知られています。ドッグスポーツの大会ではその性質を活かし活躍するパピヨンの姿を見ることも多いでしょう。

小型犬は一般的に運動量を多く行わなくて良いとされていますが、小型犬の中でも運動神経の良いパピヨンにとっての最適な運動量とはどのくらいが適量なのでしょうか。

今回はパピヨンの適切な運動量から運動で得られるメリットや注意点などをご紹介していきます。

パピヨンの運動神経に適した運動量は?

パピヨンの理想的な散歩時間は1日30分程度といわれています。

運動神経が良く体力もあるため、小型犬の中では比較的多めの運動量が必要な犬種と言えます。通常、小型犬の散歩と言うと短めの散歩コースを選びがちですが、パピヨンの場合は長めの散歩コースを選んであげるのが理想です。毎日の散歩時間が確保できないと、不満が溜ままり家の中で走り回ってしまう可能性もあるでしょう。

パピヨンに運動させるメリット

パピヨンは小型犬といえど多めの運動量が必要なのは、パピヨン本来の運動能力の高さからくるものだけでなく、運動不足の解消や運動への欲求や知的好奇心を満たしてあげる意味があり、健康維持のためには大切なことです。

普段からしっかりと散歩をしたり、ドッグランなどで走らせたりする時間を設けることで得られるメリットについて解説します。

 

運動でストレス発散

パピヨンの散歩や運動は、ストレス発散の意味も兼ねています。

天候が悪かったり気温が高すぎるなどの理由で表での散歩が難しい日は、室内でボールなどを使って遊んであげると足りない運動量を確保できます。
運動不足になってしまうとストレスが発散できず、自分の足先や尻尾を過度になめたり噛んでしまう自傷行動にうつってしまうこともあります。
愛犬がストレスを溜め込んでしまわないためにも、散歩や運動を欠かさず行える環境づくりに取り組んであげましょう。

 

社会性を身につける

毎日の散歩やドッグランでの運動は、運動不足の解消だけではなく、他の犬や人と触れ合う社会経験の時間にもなります。飼い主以外で関わる多くの犬や人と触れある中で、社会性も身に付きます。
パピヨンは子どもにもなつきやすい傾向があるため、社会性が身につけば子どもがいる環境でも楽しく遊べるようになるでしょう。一緒に遊べる仲間が増えることも運動量の確保には欠かせない要素ですので、散歩やドッグランで過ごす時間もぜひ大切にしてください。

パピヨンの運動神経が良い理由

運動神経が良くドッグスポーツの大会でも活躍することが多いパピヨンですが、その昔は貴族に愛される犬種でした。有名なマリーアントワネットもパピヨンの愛犬家として知られており、貴婦人のペットとしてヨーロッパで広い認知度と人気を集めていました。

パピヨンとは「蝶」を意味する言葉で、特徴である飾り毛のある大きめの立ち耳が蝶が翅を広げたように見えることからきています。元々パピヨンは立ち耳ではなく、たれ耳の個体が多く、フランス語で蛾を意味する「ファーレン(ファレーヌ)」と呼ばれている犬種もいます。
このファーレンはパピヨンの元となったと言われる犬種で、スピッツやチワワなどの品種改良で立った耳のパピヨンが生まれました。

また、イギリスではパピヨンはバタフライ・スパニエルという別名で呼ばれるケースもあります。祖先がスペインで生まれたスパニエル系の犬種だという説がもっとも有力視されていることが理由に挙げられます。
スパニエル系は猟犬としても活躍していた犬種で、パピヨンもその運動能力を受け継いでいる可能性はかなり高いと言えるでしょう。

近代ヨーロッパでは、パピヨンがサーカスドッグとして活躍していたということも知られており、日本の地方警察でも嘱託警察犬(しょくたくけいさつけん)としてパピヨンが迎えられた例もあり、その運動神経や運動能力の高さが窺えます。

 

 

知っておきたいパピヨンの運動リスク

パピヨンは、他の小型犬と比べてみると遺伝性疾患が少ない犬種と言えますが、持ち前の運動に影響が出てしまう病気や怪我もあるため、注意が必要です。

その気を付けなければいけない病気の1つが、膝蓋骨脱臼(パテラ)です。膝蓋骨脱臼とは、高いところからジャンプした時や急な坂などに関節に負荷がかかる状況で膝のお皿が外れてしまい痛みや腫れを引き起こす疾患です。

小型犬に良く見られる病気で、症状が軽いグレード1から症状から症状の重いグレード4に分けられます。

膝蓋骨脱臼が先天性の場合は予防することは難しいですが、外傷性の場合はある程度の予防が可能です。できるだけ膝に負担をかけないよう、クッション材を敷いたり、床を滑りにくくするなど、関節に負担がかからない環境づくりの対策を行えば、外傷性の膝蓋骨脱臼になってしまうリスクはかなり低くなります。
一度患ってしまうと自然には治らず、再度起こりやすくなってしまう病気なので、ワクチンの接種などで動物病院へ行った際にはついでにひざの状態を確認してもらうようにしましょう。早期発見でパピヨンが若いうちに手術できれば、順調に回復するでしょう。

 

 

パピヨンと楽しい生活を

パピヨンは古くから貴族に愛され高貴な犬種として扱われてきた歴史があります。現在は、その高貴な魅力ももちろんですが、運動神経が良いという側面から注目されています。パピヨンを飼うのであれば、小型犬の割に運動量が必要なこと、膝蓋骨脱臼(パテラ)になってしまう可能性が高いことなどを把握しておくと、パピヨンとのより楽しい生活を送れるようになるでしょう。

運動の目安として飼い主が平日に散歩時間を取りにくい場合は、平日は15分ほどの軽い散歩で済ませて、休日はドッグランで思い切り遊ばせるという方法をとるのもおすすめです。

 

関連する記事