マルチーズに適した運動量で無理のない散歩をして運動不足解消!運動神経、能力はどれくらい?

マルチーズに適した運動量で無理のない散歩をして運動不足解消!運動神経、能力はどれくらい?

マルチーズは、まるでわたあめのようにふわふわとした毛並みが特徴の大人気犬種です。

私たち人間が普段、健康維持のために運動をするように犬も適度な運動が重要です。マルチーズにとって必要な運動量や運動神経・能力に関して解説していきましょう。

マルチーズを運動させるメリット


大丈夫と明るく元気で活発なマルチーズは、遊びや運動を楽しむのが大好きな犬種でもあります。マルチーズを運動させることで得られる4つのメリットについて見ていきましょう。

運動不足の解消


マルチーズは体重が軽いので抱っこしやすいこともあり、つい飼い主が抱き上げてしまう場面が多くなってしまうと、自分で動く場面が少なく運動不足になりがちになってしまいます。

運動不足になると、筋力が低下してますます自分から動きたがらなくなってしまいます。動きたがらないのをそのままにしてしまうと運動神経も鈍くなり足腰が弱くなってしまい、老犬になる前に自力で歩くことも困難になってしまうこともあります。

運動不足の解消は筋力が低下するのを防止し、結果的に長生きにつながります。

ストレス発散

マルチーズは飼い主と遊んだり外で駆け回ったりと活発に動くのが好きな犬種なので、体を動かさないとストレスが溜まってしまいます。
ストレスが溜まると無駄吠えをして解消したり、病気につながる可能性もあるので、運動を通して心の健康も保つようにしましょう。
ただし、過度な散歩や運動は逆にストレス要因や怪我を作る原因になってしまうこともあるため、適度な運動量を意識する必要があります。

 

 

適度な運動は健康維持に役立つ

マルチーズは心臓の病気にかかりやすい犬種です。
心臓の病気には様々な発症原因がありますが、運動不足も心臓疾患につながる原因のひとつといわれています。

運動不足になると肥満に繋がりりやすく、心臓にも負担をかける可能性が高まってしまいます。
適度な運動は肥満解消につながるだけでなく、心臓への負担を軽減させて健康維持にも役立ちます。

社会性を身につけることができる

室内犬であるマルチーズは、家の中で遊びや運動をさせる機会も多く、つい室内だけの運動だけで済ませてしまう場合もあるでしょう。

ですが室内の運動だけで終わらせるのではなく、外へ出て散歩や遊びをすることによって他の犬や外の環境に慣れて社交性を身に付けることも必要です。

多種多様の犬が利用するドッグランで遊ばせることも、運動しながら社交性を伸ばすきっかけとなるでしょう。

マルチーズの運動不足を解消するための適した運動量とは?

マルチーズは愛玩犬としての歴史が長く運動能力は通常の犬に比べてさほど高くなく、散歩なども大型犬ほどの運動量は必要としない犬種です。マルチーズの運動の目安としては、1日2~3回に分けて10~20分程度の軽い運動をさせると良いでしょう。

理想なマルチーズの運動量は室内遊びで運動不足を補いながら、時々外へ散歩に出かける程度が適当です。

ずっと室内だけで遊ばせるのも良いですが、外への恐怖心をなくしたり社交性を身に付けるためにも外での散歩は取り入れるようにしましょう。
マルチーズは遊ぶのが好きですが、運動や訓練などはあまり得意ではありません。運動させると意気込んでやるよりも、マルチーズの先天的な運動神経や運動能力に合わせて楽しく遊び感覚でできる運動を取り入れるのがおすすめです。

 

運動によるリスクに気をつけよう

運動にはたくさんのメリットがありますが、運動時のリスクについても把握しておくことが大切です。

マルチーズは足の関節が弱い犬種で、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)という病気にかかりやすい傾向があります。膝蓋骨脱臼は後ろ足の膝が脱臼した状態になる病気で、患ってしまうと歩行が難しくなってしまう場合も多く病院での治療が必要となります。

室内で遊んでいる時に高い所からジャンプをし着地をした時の衝撃、外での散歩で階段や急な坂を走ったりすることで足に負担をかけてしまうことで起こりえます。室内で遊ばせる時は足に柔らかいマットを敷いたり、散歩中に階段・坂道を通る場合うは抱っこするなどして関節に負担をかけないよう気を付けましょう。

またマルチーズはシングルコートなので寒さや暑さに弱い犬種でもあり、外で散歩させる時は気温にも注意が必要です。

冬場の寒い季節は日差しのある昼間、夏場は日差しが少なく涼しい朝夕の時間に散歩させると、犬にとってストレスなく運動できます。逆に夏場は日差しによってバテやすいので、気温が高すぎる日は日陰のコースを選んだり、ときには室内遊びに切り替えても良いでしょう。

 

マルチーズと一緒に運動を楽しむことが大切

マルチーズを運動させると運動不足・ストレス解消、健康維持など様々なメリットが得られます。さらに、室内犬のマルチーズと外へ出かけることで社交性を身に付けることもできます。
運動させる時は関節への負担や外気温に配慮し、マルチーズと一緒に楽しく、遊び感覚で体を動かすようにしましょう。

 

関連する記事