ミニチュアシュナウザーは皮膚炎アレルギーになりやすい!アレルギーに適したドッグフードとは

ミニチュアシュナウザーは皮膚炎アレルギーになりやすい!アレルギーに適したドッグフードとは

ミニチュアシュナウザーは長くふさふさとした口髭や眉毛が特徴的な犬種です。
子犬の頃からその特徴的な見た目から、ペットとしての人気も高くなっています。
そんなミニチュアシュナウザーは、アレルギーによる皮膚炎になりやすい犬種なため、与える食べ物やダニなどの飼育環境に気を使って育てる必要があります。。

今回は、ミニチュアシュナウザーがなりやすい皮膚病やアレルギー対策に向いているドッグフードの選び方、ミニチュアシュナウザーに合ったドッグフードを総合的にご紹介しましょう。

ミニチュアシュナウザーはアレルギー性皮膚炎になりやすい

ミニチュアシュナウザーは、他の犬種と比べてみても、皮膚病になりやすいという特徴があります。まずは、ミニチュアシュナウザーがなりやすい皮膚病にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

シュナウザー面疱症候群

シュナウザー面皰症候群はミニチュアシュナウザーの背中に角化異常が起こる皮膚病で、症状としては直径1cm以下の湿疹で皮膚の隆起が見られる「丘疹」ができます。さらに丘疹により首から腰にかけて毛が薄くなってしまうなどの症状が現れます。

二次感染が起こってしまうと、かさぶたができてしまったり痒みが出たりするため犬にとって大きな苦痛になってしまいますので、症状の兆候が見られた場合はすぐに獣医の診察をおすすめします。

基本的には犬種や症状からシュナウザー面皰症候群かどうか診断がされますが、必要な場合は病理組織検査を行う場合もあります。

シュナウザー面皰症候群を改善するためには、シャンプー療法が効果的と言われています。すぐに治癒することがなく、長期的にケアをし、徐々に改善させることが重要な皮膚病だと言えるでしょう。

脂漏症

脂漏症は、乾性脂漏症と湿性脂漏症の2種類に分けられる皮膚病です。
ミニチュアシュナウザー自体は脂漏症にかかりやすい犬種には分類されていませんが、脂漏症にかかると毛包の中に黒いコメド(毛穴詰まり)ができやすい犬種なので注意が必要です。

乾性脂漏症は皮膚がカサカサになってしまい、湿性脂漏症は皮膚がべとべとな状態になってしまいます。脂漏症になると臭いがきつくなってしまったり、皮膚が痒くなって体を掻いて症状が悪化してしまう場合もあります。

脂漏症は治りにくい皮膚病ですが、角質溶解シャンプーでフケや角質をきれいにしてあげることで症状が改善されるケースが多くなっているため、ケアを念入りに行うようにしましょう。

アレルギー皮膚炎

アレルギー皮膚炎には、ノミアレルギー性皮膚炎や食物アレルギー性皮膚炎などがあります。ノミや特定の食べ物に対してアレルギー反応を起こすことで皮膚炎が発症します。

ノミアレルギー性皮膚炎の場合、背筋に沿って丘疹ができたり、痒みが強くなることによりミニチュアシュナウザーが体をいつも以上に舐めたりするようになるでしょう。

食物アレルギー性皮膚炎は、アトピー性皮膚炎との見分けがつきにくい皮膚病です。
見分けるためには食物アレルギーになり得る原因の食べ物を知ることです。
食物アレルギー性皮膚炎の原因として挙げられるのは、牛乳や牛肉、小麦、大豆などのタンパク質。もしアレルギー皮膚炎の疑いがある場合は、ミニチュアシュナウザーに与える食べ物を日に分けて判断する「除去食試験」を行うことで原因を探っていきます。

アトピー

アレルギー疾患に分類されるアトピーですが、このアトピーにかかりやすい代表犬種としてミニチュアシュナウザーがよく挙げられます。生後半年~3歳までに初めての症状が出ると言われており、特にその時期には観察が必要です。

アトピーの要因は、ハウスダストやほこり、花粉などの環境アレルゲンが主となっています。これらの環境アレルゲンに対して、過敏なアレルギー反応を起こし皮膚炎になってしまうため、発症が疑われる場合はまず愛犬の環境を清潔に整え、ステロイドなどの薬剤投与の治療を行うのが一般的です。

アレルギーを考慮したドッグフードの選び方

アレルギーで愛犬のミニチュアシュナウザーが苦しまないようにするためには、ドッグフード選びが重要です。アレルギーを考慮したドッグフードを選ぶために知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

大豆、とうもろこし、小麦などの穀類

アレルギー原因のひとつとしてはタンパク質が挙げられます。ミニチュアシュナウザーにあげるフードの成分表示を見て、小麦などの穀類が含まれていないかどうか確認して見ましょう。タンパク質を避ける方法としてドッグフードをグレインフリーのものを選んだ方が良いと言えます。

小麦などの穀類は、もともと肉食の犬にとって紹介しにくい食材でもあります。そのため、グレインフリーのドッグフードを選んだ方が犬の体のためにも優しいと言えるでしょう。

鶏肉、牛肉、豚肉、魚肉などの肉類

タンパク質は穀類だけではなく、肉にも含まれています。
飼っているミニチュアシュナウザーのアレルゲンが特定されている場合は、そのアレルゲンの元となる食材を口にしないように気を付けることが最も重要な対策となります。

肉類の中でも、アレルギーを引き起こしやすいと言われているチキンや牛肉が含まれているドッグフードを避け、ラム肉や魚などアレルゲンになりにくい食材を使っているドッグフードを選ぶこともアレルギー対策として有効です。

ドッグフードに含まれる食品添加物に注意

ミニチュアシュナウザーのアレルギーは、穀類や肉などの食材に含まれるタンパク質が原因になるだけではなく、日持ちさせるための保存料や酸化防止剤、食いつきを良くするための香料などの食品添加物が原因になる可能性もあります。
基本的には、ドッグフードは色を鮮やかに見せるために着色料や食欲をそそるような匂いを付けるための香料が使われることはありません。

しかし、ソルビン酸カリウムやエトキシキン、BHAなどの保存料や酸化防止剤をたくさん使われているドッグフードも存在しています。このような添加物は、ミニチュアシュナウザーをはじめとした犬の健康を害してしまう可能性がかなり高まるため、無添加のドッグフードを選ぶことが重要なポイントになることも覚えておきましょう。

ミニチュアシュナウザーに合ったドッグフード

犬種によって、体にあっているドッグフードは異なります。ミニチュアシュナウザーの場合は、どのようなドッグフードが向いているのでしょうか?

ミニチュアシュナウザーはまず、肥満や糖尿病のリスクが高い犬種です。
そのため、質の良い肉や魚が使われた低脂肪で低カロリーなドッグフードがおすすめです。血糖値が上がりやすいトウモロコシやジャガイモなどが含まれたドッグフードは避けた方が良いでしょう。

ドッグフードの原材料を確認し、何が使われているのか把握することで低脂肪かつ低カロリーなドッグフードを選べることができます。成分表示を見ることでアレルギーの原因となる材料が入っていないことも確認できます。

白内障のリスクも高いのがミニチュアシュナウザーです。
白内障のリスクを軽減するためには、抗酸化効果が期待できる野菜や果物が含まれているドッグフードを選ぶようにしましょう。もちろん動物病院で定期検診をすることも白内障の早期発見につながるため、食事以外の面でも役に立ててください。

免疫を高めるために、腸の働きを整えてくれる成分が含まれているドッグフードもおすすめできます。腸内環境が乱れると癌や心臓病などのリスクが高まってしまうため、乳酸菌やオリゴ糖が含まれているドッグフードを選ぶことで、腸内環境を整えることができます。

ドッグフードの種類を分けてローテーションで与える

ミニチュアシュナウザーにとって重要となる栄養素をきちんと与えるためには、決められた同じ餌をずっと与え続けるのではなく、いくつか候補ののドッグフードをローテションで与えてみると良いでしょう。
そうすることで、アレルギーなどの様々な疾患を防ぐために効果的な栄養素をまんべんなく取り入れることができます。

また、ローテションで与える場合も、無添加のドッグフードを選べば、皮膚病のリスクも軽減できるのでおすすめです。
 

関連する記事