ゴールデンレトリバーはかわいい子犬からのしつけが大事!子犬の値段や甘噛みしつけ対応方法

ゴールデンレトリバーはかわいい子犬からのしつけが大事!子犬の値段や甘噛みしつけ対応方法

ゴールデンレトリバーは性格が優しく賢いので、大型犬の中では飼いやすくコツさえ掴めばしつけもしやすい犬種と言われています。ゴールデンレトリバーの子犬の値段から飼い始めのしつけで大切なポイント、甘噛みへの対応方法など必要な情報のを網羅してご紹介します。ゴールデンレトリバーの子犬を飼う前、飼いはじめにぜひ参考にしてください。

ゴールデンレトリバーの子犬の値段相場

ゴールデンレトリバーの子犬の値段相場は20万円程度です。ペットショップ、ブリーダー、ネット販売など、どこから入手するかでも値段は変わりますが、どのような個体を選ぶかによってゴールデンレトリバーの値段が大きく変わります。


ゴールデンレトリバーの子犬の値段は安ければ10万円から、高ければ50万円以上の値段が設定されていることもあります。
高い値段の例として、ホワイト色が特徴の英国系(イングリッシュタイプ)のゴールデンレトリバーの場合、希少価値があるためり値段も高めで販売されています。

なぜそんなに値段に幅がでるのか?ゴールデンレトリバーの子犬の値段を左右するポイントを解説していきます。

ペットタイプとショータイプ

ゴールデンレトリバーの子犬は、ペットタイプとショータイプに分けられ、ショータイプの方が値段が高い傾向にあります。

ショータイプとは、両親がドッグショーなどのチャンピオン犬や血統書が付いた犬のことで、慎重に取り扱われることが多く、希少です。そのためショータイプの子犬の場合、50万円以上の高い値段で販売されていることもあります。

一方、ペットタイプはドッグショーで高評価を得るようなタイプでは無く愛玩用として販売されているタイプを指し、一般的なペットショップに販売されている主なゴールデンレトリバーです。
ペットタイプは血統にこだわる必要もないため、値段は10~15万円と相場どおりの値段になっています。

アメリカンタイプとイングリッシュタイプ

純血種の犬の中には作業用と言われる能力重視の「アメリカンタイプ(米国系)」、品評会用と言われる外観重視の「イングリッシュタイプ(英国系)」の2種類で呼ばれることがあります。
ゴールデンレトリバーの場合、白色からクリーム色にかけての毛色を持つ個体をイングリッシュタイプ(英国系)、ゴールドからブラウンに近いの毛色を持つ個体をアメリカンタイプ(米国系)と区別されてよばれています。
本場原産国であるイングリッシュタイプ(英国系)のゴールデンレトリバーは希少価値があることから、子犬の値段も高めです。

一般的なアメリカンタイプ(米国系)が10~30万円で入手できる一方、イングリッシュタイプ(英国系)は50万円以上の値段がつきます。

なお、アメリカンタイプとイングリッシュタイプはともに非公式の呼称でケネルクラブで規格化されているものではなく、優劣を見分けるためのものではありません。

子犬の月齢や性別

どんな犬種でも生後間もない子犬ほど値段は高く設定されます。
オスかメスかによっても子犬の値段は変わります。基本的に出産できるメスの方が値段は高めに設定されることが多いです。

成犬時の体重や大きさも考慮して飼おう

ゴールデンレトリバーの子犬を迎える際には成犬になった時にも問題なくお世話が出来るかどうかも考えておきましょう。
自宅でシャンプーをする際に抱き上げられるか、毎日散歩ができるかなど、成犬時の体重と体高も考慮して家族で相談しておくと安心です。

※成犬とは生後12ヶ月以降を指します。

子犬~成犬までの体重目安

ゴールデンレトリバーは大型犬ですので成犬時にはオスは体重29~34kg、メスは体重25~30kg程まで成長します。

【成犬時の体重・体高目安】

  • オス:体重29~34kg / 体高56~61cm
  • メス:体重25~30kg / 体高51~56cm

生まれた時には300~500g位だった体重が、生後1ヶ月で2kg程度まで成長します。
生後3ヶ月の時点で10kg、生後半年でメスなら18kg、オスで21kgと体重が推移していき、1歳の子犬でメスなら25kg、オスは30kgまで体重が増加します。

ゴールデンレトリバーに合わせた餌

体格には個体差がありますが、体重の目安を大きく上回る場合は肥満の有無、餌をあげ過ぎていないかなどチェックが必要です。肥満は犬にとって病気やケガのリスクにもなるので、肥満を予防するためにも適切な餌の量を管理し、運動不足にならないように十分に運動させるように心がけましょう。

また、ゴールデンレトリバーは関節の病気にかかりやすい犬種でもあります。関節に負担をかけないよう適正体重を維持するために低カロリーな餌に切り替えるだけでなく、関節に良いと言われるグルコサミンなどが含まれた餌を選んであげるのがおすすめです。

肥満防止と病気予防を考えた餌選びでしっかり健康管理をしてあげましょう。

ゴールデンレトリバーの子犬期のしつけ

ゴールデンレトリバーは穏やかな犬種ではあるものの、大型犬なので噛み癖など悪癖がついてしまうと大きな怪我につながるなど厄介です。噛み癖など悪い癖がつかないよう子犬のうちから適切なしつけが必要です。

ゴールデンレトリバーは誰にでも愛想が良く、温厚で従順、好奇心が旺盛です。
ですが犬種の特徴に頼りしつけを怠るなど甘やかして育てると、性格がわがままになりやすく、飼い主の指示に従わない犬になってしまいます。
子犬の頃からきちんとした訓練を行わないと、臆病で攻撃的な性格になってしまうこともあります。訓練と聞くと難しく感じますが、ポイントを押さえていれば適切なしつけを行うことができます。

まずは、ゴールデンレトリバーを子犬から飼う際に知っておくべきしつけのポイント、甘噛みへの対応方法からチェックしてみましょう。

しつけのポイント

ゴールデンレトリバーを飼う場合は、子犬の時期からのしつけがとても大切です。
幼い子犬のかわいいうちから適切なしつけを行うと、人の社会に順応した犬になります。

しつけのポイントは、次の3つです。

  • 人間と犬の上下関係を明確にする
  • 我慢をさせる
  • 無駄吠えと噛み癖をさせない

ゴールデンレトリバーは長い歴史の中で狩猟犬として人間と共に生活してきたため、仕事をしたいという欲求と運動したいという欲求があります。これらの欲求を上手に満たせる遊びや訓練を取り入れながら、上記のポイントをおさえたしつけを行いましょう。

甘噛みはデンタルケア用グッズで早めに対処!

ゴールデンレトリバーを飼っている人の多くが、成犬時の噛み癖に悩まされています。
大型犬のゴールデンレトリバーに噛まれれば痛い思いや怪我をするだけでなく、他の人を噛む、ソファーや家具など噛んで欲しくない物を噛むなどのトラブルに発展してしまうリスクがあります。

噛み癖をつけないためにも、子犬のうちに甘噛みへの対応をしておくことがポイントです。生後3ヶ月頃は特に歯がかゆくて物を噛む傾向があるため人の手や適度な物を見つけては甘噛みしてしまいます。
人の手や家具など噛んではいけないことを教えつつ、噛んで良いものとしてデンタルケア用の犬用おもちゃや犬用ガムを与えましょう。

歯がゆい理由以外にも、遊びたいストレスから噛んでしまうこともあるので、散歩や遊びなどでストレスを解消してあげることも大切です。

全体として、以下のポイントを踏まえながら甘噛みへの対応をしていきます。

  • 人の手を噛ませない
  • 噛まれたらすぐ「痛い」と言い、対象から引き離す


甘噛みは生後1年未満のゴールデンレトリバーに多い行動です。甘噛みをしている時期こそが、しつけのタイミングとして効果的と言えます。

かわいい子犬の頃からのしつけが重要!

温和で優しいと言われるゴールデンレトリバーも、子犬の時期は好奇心が旺盛でやんちゃです。かわいいからと、粗相をしてもあまりしつけをせずに育ててしまうとわがままな犬になってしまうことがわかりました。

飼い主の言うことを聞かないまま育つと、周りの人や他の犬に危害を加える可能性もあるため、ゴールデンレトリバーは幼い子犬のうちからしつけることが大切です。

特に生後3ヶ月頃から始まる甘噛みは放置せずに対策し、子犬の時期から丁寧にしつけをして、かわいいゴールデンレトリバーとの生活を楽しんでください。

関連する記事