ラブラドールレトリバーがかかりやすいアレルギーの種類と予防法・アレルギー対策

ラブラドールレトリバーがかかりやすいアレルギーの種類と予防法・アレルギー対策

ラブラドールレトリバーは、犬の中でも比較的アレルギーになりやすいと言われている犬種です。人間のアレルギー発症率が増加傾向にあるのと同じように、犬のアレルギーも増加してきていると言われています。大切な家族である愛犬が苦しまないために、今回はラブラドールレトリバーがかかりやすいアレルギーの種類や予防方法、対策などについてご紹介していきます。

ラブラドールレトリバーがかかりやすいアレルギーの種類

ラブラドールレトリバーがアレルギーになる原因や理由は様々ありますが、症状としては皮膚炎として現れることが多いのが特徴です。ラブラドールレトリバーがアレルギーになる理由の中でも代表的なものからご紹介していきます。

食物性アレルギー

食物性アレルギーは、特定の食物アレルゲンに身体が反応して皮膚に痒み症状が現れます。

どんな食材でも食物アレルゲンとなってしまう可能性はありますが、特に食物アレルゲンとなりやすい食材は、鶏肉や牛肉などの肉類、牛乳などの乳製品、卵、米やコーン、大豆、小麦などの穀物類です。

これらの食材はドッグフードにも含まれていることも多いので、もし飼っているラブラドールレトリバーがエサを食べた後に過剰に皮膚を掻いたりしていたら、食物性アレルギーの可能性を考え、獣医の診断やアドバイスを受けてみましょう。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの唾液成分に対して過敏反応を起こし発症するアレルギーです。ノミの唾液に含まれる成分がアレルゲンとなって皮膚症状が現れます。

たった1匹のノミであっても、異常な痒みを引き起こす可能性があるため、ラブラドールレトリバーにとって大きな苦痛になってしまうアレルギーだと言えるでしょう。ノミの繁殖シーズンにあたる春・夏はノミアレルギー性皮膚炎に要注意です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、人間にもある病気なので聞いたことがある人は多いでしょう。
生後半年~3歳頃までに初めて発症するのが一般的ですが、なかには高齢のラブラドールレトリバーが発症した例もあります。

アトピー性皮膚炎の原因は、ハウスダストやほこり、花粉など空気中に含まれている環境アレルゲンです。これらの環境アレルゲンに対して過敏なアレルギー反応を起こし皮膚炎になってしまいます。

ラブラドールレトリバーのアレルギー検査

アレルギーの発症は種類によって原因も様々です。ラブラドールレトリバーにどんなアレルギーがあるのか発見するためには、ひとつずつアレルギー検査を行って痒みを出すような病気を除外しながら、発症原因となっている物質を特定する必要があります。
ここからは、アレルギー性皮膚炎を診断するために行うアレルギー検査についてご紹介していきましょう。

①寄生虫がいないか検査

ラブラドールレトリバーがアレルギー性皮膚炎になってしまった場合には、まず、ノミアレルギー性皮膚炎などの寄生虫による原因かどうかを診ます。ノミやマダニは皮膚の表面にくっついているため、視診やノミ取りぐしを使った診断です。

ノミアレルギー性皮膚炎など寄生虫が原因となるアレルギーは、日頃使っている予防薬が重要なポイントになることを覚えておきましょう。

②感染性疾患がないか検査

ラブラドールレトリバーのアレルギー性皮膚炎は、感染性の疾患が原因の可能性もあります。感染性の疾患を疑う場合は、ブドウ球菌やカビの1種であるマラセチアに感染していないか検査します。

この検査は、皮膚押捺検査というもので、セロハンテープなどを使って皮膚をスタンプします。スタンプしたものを染色液で染め、顕微鏡で見るとブドウ球菌やマラセチアを見つけることができます。

③食物性アレルギーがないか検査

寄生虫や感染性の疾患を検査した後は、食物性アレルギーを疑ってラブラドールレトリバーに除去食試験を行います。

除去食試験は、低アレルゲンフードと水だけで2ヶ月間過ごし、食物アレルゲンをある程度除去した後の痒みを診るというものです。
低アレルゲンフードには、これまでに食べたことがない食材を使った「新奇タンパク食」と加水分解した「アミノ酸食」の2種類があります。

④原因不明の場合はアトピー性皮膚炎の可能性も

ラブラドールレトリバーについて前述した3つのアレルギー検査をしても原因が分からない場合は、アトピー性皮膚炎の可能性が非常に高くなります。
アトピー性皮膚炎だと診断する基準は、主に以下の項目が該当するかどうかです。

  • 発症したのが3歳以下である
  • 室内で飼育している
  • ステロイドに反応して痒みが出る
  • 耳介外側には症状があるが耳介辺縁がない

などがあります。

ラブラドールレトリバーのアレルギー性皮膚炎の予防と治療法

ラブラドールレトリバーがアレルギー性皮膚炎になってしまった場合は、食物アレルゲンや環境アレルゲンの除去、薬でのアレルギー症状緩和など、様々な側面からアプローチして症状改善につなげていきます。

生活環境を改善する

ノミやハウスダストなど環境アレルゲンを除去するため生活環境の見直し・改善も必要になります。例えば散歩の際、ノミやマダニが多く生息していそうな場所は避けてラブラドールレトリバーの散歩コースを選んでみましょう。ハウスダストなどのアレルギーがある場合は、空気清浄器を設置すると環境アレルゲンの軽減に役立ちます。

愛犬を環境アレルゲンから遠ざけることができれば、症状も緩和する可能性が高まるでしょう。

栄養管理を行う

食物アレルゲンが原因の場合は、栄養管理を行っていきます。ラブラドールレトリバーのドッグフードは低アレルゲンフードを選ぶようにしましょう。

また、乳酸菌製剤もアレルギー性皮膚炎に効果が期待できると言われています。腸内環境を整えるためにも乳酸菌製剤を食事に取り入れてみるのも方法のひとつです。

痒みをコントロールする

治療をする際には、アレルギー性皮膚炎によって現れる強い痒みから解放してあげることが最も重要なポイントになります。
ラブラドールレトリバーなどの犬は、痒みが出ると皮膚を引っ掻くようになり、余計に痒みが悪化してしまう傾向があるためです。

痒みを抑えるためには、飲み薬か塗り薬を使用します。飲み薬には抗ヒスタミン剤やステロイド剤などがあり、塗り薬にはステロイド系の外用薬が用いられるケースが多くなっています。

ラブラドールレトリバーに合う治療法や対策を取り入れよう

ラブラドールレトリバーはアレルギーになりやすい犬種です。
できるだけアレルゲンを愛犬に近付けないよう生活し、様子を見てあげましょう。そういった姿勢を保っていれば、愛犬の体調の変化にも気づきやすく、アレルギー症状の早期発見に繋がります。
季節や天候によって皮膚の状態も変化していきますので、しっかりと愛犬の皮膚を観察し、状況が悪化してしまう前にアレルギー検査を受けて対策を取るようにしましょう。

関連する記事