パグの値段は安い?高い?パグの値段の違い、相場の値段と理由

パグの値段は安い?高い?パグの値段の違い、相場の値段と理由

パグは潰れているように見える大きな鼻やくりくりとした目が個性的で、人気の犬種の1つです。
ペットとして飼いたいと考えている方は、パグの値段が安いものから高いものまで幅が大きいことに驚いたことがあるのではないでしょうか?
今回は、パグの一般的な相場や値段の違いがでる理由をご紹介していきます。

パグの値段相場は?

パグの相場は、20万円~25万円程度と言われています。
しかし、中には相場よりとても安かったり、逆に高かったりするケースもあります。
同じ犬種でもこのような違いが生まれるのは、販売されているパグ個体が持っている特徴や、買う場所に理由があります。

パグの値段が相場より安い・高い理由

値段があまりにも安いパグを見つけた時は、何となく不安な気持ちになることもあるでしょう。反対に、値段が高く設定されている場合も、その理由を知り納得した上で買いたいですよね。
値段の違いが生じる理由を細かく解説します。

オスとメスで値段が違う

一般的に、パグはオスよりメスの方が高く値段が設定されています。
パグは穏やかな性格の犬種と言われていますが、オスよりメスのパグの方がより穏やかな性格である傾向が強いと言われています。

また、メスの方が成長後の身体の大きさもオスより小さいので、小さい犬が飼いたいという人にメスは特に人気。そのためメスの方が値段も高く設定されていることが多いのです。

ブリーダーによっては子どもを産めるメスを売らずに残すという人も少なくありません。その結果、メスの方がオスより流通数が少ないのも値段が高い理由として挙げられます。

生後3ヶ月以上経過すると値下がりが始まる

同じ日に生まれたパグでも、見た目など個体差によって値段の違いが出る場合もありますが、犬種を問わず生まれてからあまり時間が経っていない子犬はどれも人気が高いため総じて値段も高くなりやすいです。

ペットショップなど店舗で販売されている犬は、生後3ヶ月以上で初めの設定価格から値下げされる傾向があります。

ペットを探している人の中には出来るだけ生まれて間もない子犬が欲しいと考えている人も多く、生まれてから何ヶ月も経過したパグは売れにくくなるため、安く販売される傾向があります。

身体の大きさによる値段の違い

パグは小型犬に分類されており、大人に成長すれば平均体重は6kg~8kgほどにになります。
子犬の頃から、この平均体重から大きく外れそうなくらい体格が大きいと、値段が安くなっている場合があります。

見た目の可愛さによる値段の違い

一口にパグと言っても個体によって様々な顔立ちの違いがありますが、一般的に「パグらしい」見た目をしている場合は値段が高くなる傾向があります。
鼻ぺちゃでしわが多く、くりっとした瞳を持った可愛い見た目の子は特に人気なので、こうした値段の違いが生まれるのです。

毛色による値段の違い

パグの色は一般的に4種類あり、毛色によっても値段の違いがあります。

フォーン

相場:16万円~22万円
フォーンは優しい茶色で日本で最も一般的な毛色です。
4種類の毛色の中では一番安い値段で売られる場合が多いです。

ブラック

相場:18万円~34万円
ブラックのパグも人気が高いですが、フォーンより流通が少ないので少し値段が高くなります。

シルバー

相場:日本では希少な毛色のためなし
灰色のように見えるカラーで、とても珍しい毛色です。
日本ではほとんど流通していないので、販売されている場合は非常に高い値段になることが予想できます。

アプリコット

相場:日本では希少な毛色のためなし
フォーンよりも明るい橙色に近いカラーです。
アプリコットのパグもとても珍しく、ほとんど手に入ることはありませんがもしも売られていたら高値で取引されるでしょう。

血統による値段の違い

純血統を証明する血統書の有無も値段の違いを生みます。
さらにドッグショーで受賞するような親を持つ血統書付きのパグであれば、相場より高く設定されていることもあります。
特に、両親がチャンピオン犬の場合、最低でも35万~40万はすると考えておいた方がよいでしょう。

パグは親からの遺伝病が比較的多い犬種とも言われており、血統を重視する人もいます。
相場に比べてとても高額で販売されている場合は、その可愛らしさはもちろん血統の良さも理由の1つと言えます。

購入方法による値段の違い

ペットショップで購入する場合の値段

一般的にペットを購入する場合、多くの方が最初にペットショップを覗いてみるでしょう。
ペットショップでセール価格になっているパグであれば15万円程度から購入できます。
しかしペットショップでは、店の仲介手数料など諸経費も購入価格の中に多く含まれています。

また、様々な動物を扱うペットショップでは、販売するパグの数が限られるので、自分とフィーリングの合う子に出会える可能性も多少下がると言えます。

ペットショップは見た目重視で値段設定されている場合もあるので、購入する場合は可愛さ以外のポイントについてはどうなのか確認が必要です。

ブリーダーから購入する場合の値段

ブリーダーから購入するケースでは、店舗仲介料などの手数料はかかりません。専門知識に基づいて管理がされているため健康面についても安心です。
さらに、パグ専門のブリーダーであればペットショップよりも多くの種類のパグから選べる場合もあります。
ブリーダーから購入すると親犬も把握できるため、血統についても信頼できます。

相場より値段が安すぎるのは性格が原因の場合も

相場よりあまりにも安いパグの場合は、ここまで紹介した点に加えて飼いやすそうな性格かどうかも重視することをおすすめします。

ペットとして飼う犬を選ぶ場合、その犬が飼いやすそうな性格かどうかも重視されるポイントの1つ。見た目は可愛らしくてもしつけができないほど自己主張の強い性格だったり、食糞などの癖を持っていたりと、飼う際に難があるという理由で安く売られているケースも稀にあります。

ブリーダーからの買う場合であれば、生後~子犬期にかけてきちんとしつけがされている可能性が高く、購入後のサポートも期待できますが、ペットショップで安価な場合は特に注意が必要です。

パグのおすすめ購入方法

国内のパグ飼育数は多いためペットショップでもブリーダーでも購入先は見つけやすいと思います。

平均的には大体20~25万円の相場ではありますが、ご紹介した理由によって相場よりも高かったり、逆に安いパグもいます。単純に値段が高いから良い、安いから悪いと言えるものでもありません。
値段は個体差や購入先など様々な要素が絡み合って変化しているため、どんな特徴があってなぜ相場よりも安い・高いのか、理由をよく確認しておくことが重要です。

最終的に購入の決め手になるのはフィーリング。値段だけに左右されるのではなく、安くても高くても、フィーリングが合う子を選んでみてはいかがでしょうか?
 

関連する記事