ミニチュアシュナウザーの色の種類と色の変化、色と性格の関係について

ミニチュアシュナウザーの色の種類と色の変化、色と性格の関係について

柔らかく長い毛が特徴のミニチュアシュナウザーは、明るい性格で育てやすいと人気の犬種です。
この記事では、ミニチュアシュナウザーの色の種類や性格の関係性、色の変化などについて詳しく解説していきましょう。

ミニチュアシュナウザーの色の種類

 

長い眉毛と口周りのひげが特徴的なミニチュアシュナウザーですが、様々な色の種類があり色の違いによって印象が変わります。
ここでは、ミニチュアシュナウザーの色の種類をご紹介しましょう。

ブラック&シルバー

眉毛・口周り・ひげが白く他の部分は黒い種類で、中には足の一部分や胸周辺も白くなっていることもあります。
ミニチュアシュナウザーの特徴的な部分である眉毛やひげが目立ち、眉の動きが分かりやすいです。

ソルト&ペッパー

ミニチュアシュナウザーの中でも人気の高い毛色で、ソルトの白とペッパーの黒が混ざり合っています。
全体的にグレー色ですが、白と黒の割合によって濃いグレーや明るいグレーなど色味は様々です。
白や黒などのハッキリとした色ではないので、優しく柔らかな雰囲気が印象的です。

ブラック

全体的に毛色が黒く、眉毛やひげなども全て黒なのでクールな印象の毛色となっています。
上品な雰囲気もあり、従順で利口なミニチュアシュナウザーの性格に合っていると言えるでしょう。

ホワイト

ブラックとは対照的に、眉毛やひげなども含め全身が真っ白の毛で覆われている種類です。
毛並みが分かりやすく、ふわふわとした柔らかい印象が可愛らしさを引き出しています。

ウィートン

ベージュがかった色味をしているウィートンは、あまり見かけることのない珍しい種類です。
他の色と比べると高価で取引されている所も特徴です。

レバー

ウィートンと同じく珍しい毛色で、レバーのような赤褐色が特徴的な種類です。
黄褐色が混ざったレバー&タン、白が混ざったレバー&ホワイトなど、絶妙な色味がおしゃれな雰囲気を引き立てています。

色の種類と性格の関係性

犬は毛色によって性格が違う、と聞いたことのある方もいるのではないでしょうか?
犬種によって毛色が性格に深く関係する場合とそうでない場合もあり、一概に関係性があるとは言えないでしょう。
例えば、トイプードルやラブラドールレトリバーなどは、毛色と性格の関係性が深いことも多いです。
黒のトイプードルは大人しいですが、黒のラブラドールレトリバーは活発など、同じ色でも犬種によって性格が異なります。
では、黒や白、グレーなど様々な毛色のあるミニチュアシュナウザーの場合はどうなのでしょうか?
ミニチュアシュナウザーは毛色と性格の関係性が薄く、色の違いはそこまで影響しないでしょう。
活発な一面もありますが、基本的には忍耐強く物覚えも良い利口な性格をしています。
毛色は遺伝によって決まるものなので、同じ色でも違う性格であることも多く、ミニチュアシュナウザー毛色に関係なく多様な性格を持っています。

色の変化は病気や老化の可能性も

子犬は大人になるにつれて毛色が変化する場合も多く、ミニチュアシュナウザーも例外ではありません。
毛の色が変化する要因は様々ですが、ここでは老化や病気が原因で変化する場合について詳しく見ていきましょう。

老化が原因で退色する

ミニチュアシュナウザーの毛色が変化する原因の1つとして挙げられるのは、老化による退色です。
退色とは老化によって段々と色が変化していくものであり、元の毛の色によって様々な色に変わっていきます。
黒い毛色は徐々に白い毛が増え、白い毛色は黄色がかった色に変化していくことも多いでしょう。
単に老化だけが原因となっているわけではなく、日光を浴びることで色あせていくことも要因として考えられます。

病気が原因で変色する

犬は目の病気になりやすい動物ですが、ミニチュアシュナウザーは白内障にかかりやすい傾向も見られます。
白内障が直接毛色の変化に影響しているわけではなく、目ヤニが蓄積することで目の周りが変色してしまうのです。
全体的に毛が長く、目に毛が入ったり目ヤニが溜まりやすくなったりするので、目の病気を引き起こしやすくなります。
目に毛が入ると目の炎症や充血が起きやすいので、目の周りの毛には注意が必要です。
ミニチュアシュナウザー目が大きく、目の下が変色する「涙やけ」にもなりやすいでしょう。
何か目の病気になっていて涙の分泌が増えていることもあるので、ミニチュアシュナウザーは目のケアが重要です。

退色や変色への対策法は?

老化による退色や病気による変色などに関して、何か対策法はあるのでしょうか?
特に病気による変色は健康状態にも関わるので、適切な対策法を覚えておくことが重要です。
では、退色・変色を防ぐ対処法についてチェックしていきましょう。

退色にはストリッピングが効果的

ミニチュアシュナウザーはダブルコートの犬種で、内側の毛をアンダーコート、外側の毛をオーバーコートと呼びます。
通常のトリミングはハサミやバリカンを使って整えていきますが、段々と毛が柔らかくなり退色の原因となってしまいます。
そこで、硬い毛を増やすために毛を抜くストリッピングというトリミング方法が退色予防に効果的です。
硬い毛は色も濃く退色しにくいので、ストリッピングをすることで本来の色が保ちやすくなるのです。
ストリッピングをしていても老化による退色は進んでいきますが、若いうちからの退色を防げます。

毛色が変わりにくい種類を選ぶ

ストリッピングをする方法以外に考えられる退色への対策法は、毛色が変わりにくい種類を選ぶということです。
ミニチュアシュナウザーの中でも白は退色しやすく、最初は綺麗な白色でも徐々に黄色がかってくるでしょう。
黒のミニチュアシュナウザーは退色しにくく、退色したとしても目立ちにくいという特徴を持っています。
また、グレー色のソルト&ペッパーに関しても、黒の割合が多い濃いグレー色の種類を選べば退色が目立ちにくいです。

目の病気への対策方法

目の周りの毛が目の中に入ったり、目ヤニが蓄積したりすることで病気を引き起こしやすいので、こまめなケアが必要です。
目ヤニは固まっていることも多く、手で取り除こうとすると目や目の周りを傷つけてしまう可能性もあります。
少し水を含ませたコットンで目ヤニを柔らかくし、コットンで優しく取り除いてください。
涙の分泌が増えている時は、コットンを当てて優しく吸い取ると涙やけの予防になります。
目の周りの毛が伸びていると目の中に入ってしまい涙の分泌が増えるため、短く切って目を傷つけないようにしてあげましょう。

病気以外の変色は日々のケアを

目の周りの変色は目の病気に関連していますが、口周りの変色は食べ物や飲み物の影響が考えられます。
特にミニチュアシュナウザーはひげが長いので、他の犬種と比べて口周りの毛が変色しやすいです。
食べたり飲んだりした後は、こまめに口周りを拭いてあげると変色しにくくなります。

美しい毛の色を守るためには日々のケアが重要

様々な色の種類があるミニチュアシュナウザーですが、毛色と性格は深く関係していないと言えます。
ただ、老化による退色や病気による変色が見られることもあるので、ご紹介した対策法を参考にケアをすることが大切です。


 

関連する記事