コーギーの寿命について|ペンブロークとカーディガンの寿命の違い

コーギーの寿命について|ペンブロークとカーディガンの寿命の違い

コーギーは一般的にウェルシュ・コーギー・ペンブロークと、長毛のウェルシュ・コーギー・カーディガンという2種類が存在していて、厳密には違いますが一般的にこれら2種がコーギーと総称されています。

この2種は見た目はほぼ同じですが辿ってきた歴史に大きな違いがあり、容姿も細やかな違いが見られます。

コーギーの寿命

コーギーの寿命の平均は12~14歳ほどですが、現在は寿命も伸びてきており15歳以上生きるコーギーも多くなってきています。
同じ中型犬から見ると、平均と同じ位の寿命を誇っています。

ペンブロークとカーディガンの寿命の違い

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンの寿命の違いはそれほどなく、どちらも同じくらいの寿命を生きることができるようです。

中型犬から見れば、短すぎず長すぎずといった寿命に変わりはありません。

コーギーの寿命を長生きさせる方法

コーギーを含め、飼っている犬には生涯のうちできるだけ長い時間健康に過ごしてほしいですよね。

長生きの秘訣として、寿命を脅かす病気やその原因となるストレスをできるだけ軽減させるかによります。

食事や体重、健康管理はもちろん行うべきですが、コーギーにとってストレスや病気に関わりの少ない生活を遅らせてあげれるよう努力したいですね。

ストレスを与えない・解消させる

犬に過度なストレスを与えることは病気や異常行動の原因にもなります。
胴長なコーギーですが、運動がとても大好きなコーギーは散歩がストレス解消の手段にもなります。

散歩1日30分以上、早歩きや思い切り走らせてあげる機会も作ってあげるとより効果的です。

室内での運動ではフローリングなど滑りやすい場所に気をつけましょう。
腰や関節に余計な負荷をかけ、怪我の原因にもなるため、滑り止めやカーペットを敷いてあげることが必要になります。

病気に気をつける

コーギーはその独特の体型から起因する病気疾患があり、その病気にかからないための病気予防やかかったあとの素早い処置である早期発見が鍵になります。
そのため、どのような病気にかかりやすいか把握しておくことが大事になります。

運動能力が高く骨格がしっかりしているコーギーですが、遺伝、体型からくる注意したい病気が以下になります。

椎間板ヘルニア

人間にも起こりゆる椎間板ヘルニアは、コーギーに限らず胴長短足の犬種に好発的に起こる病気として知られています。

胴体が長く更に足が短いために背骨に負荷がかかりやすく、過度な運動や負荷をかけすぎる事により椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。
椎間板ヘルニアは腰だけでなく首でも起こり、特に肥満体型の犬には負荷が大きくかかりやすいので要注意です。

一度発症すると歩けなくなったり、排泄障害、ひどいときは身体が思うように動かせなくなるか呼吸機能が麻痺し、最終的には死に至る病として恐れられています。

尿管結石

全犬種の中で泌尿器疾患の割合は約6%と言われているなか、コーギーはなんと約9.7%と高い数値がでています。
その泌尿器疾患の中でも注意すべきなのが尿管結石です。

尿管結石は腎臓から尿道の間に小石大の結晶ができる病気で、尿管や膀胱にできた場合激しい痛みを伴います。

更に進行すると腎臓に意思ができる腎結石と呼ばれる病気でこちらは痛みがないものの気づかないうちに病状が悪化、腎不全になったり死に至る可能性が十分あります。

まとめ

現代の医療の発達と、栄養バランスの良い食事が取れる生活環境からコーギーだけでなく犬種全体の平均寿命が年々伸びています。

コーギーに長生きしてもらうためにも、適切な健康管理に基づいた食事に運動を心がけ、できるだけストレスのない生涯を過ごさせてあげたいですね。

関連する記事