シーズーの相場と値段の差の違いについて|子犬やカットの料金

シーズーの相場と値段の差の違いについて|子犬やカットの料金

シーズーはたれ耳で短頭種でよく言われる「鼻ぺちゃ」と呼ばれる平らな顔立ちをしていて、長い被毛を揺らしながら歩く姿が特徴的で、四肢はしっかりとした足をしています。

シーズーを飼う前に一番気になるのが仔犬の値段と相場、毛足が長いので定期的なカットも必要になるため、コストの面から見てもカットの料金も知りたいため、当記事にまとめました。

シーズーの子犬の値段相場

全犬種の子犬の相場は5万円~30万前後に至るまでピンからキリまで平均相場に差があります。

国内で原産の雑種の柴犬や、出生頭数の多いものは安い傾向にありますが、柴犬でも純血種で出生頭数が下がると販売価格が上がる傾向にあります。

特に、純血種の血統書がついている犬種については高い値段で販売されることが多く、その中でも人気のカラーやサイズによって勝ちが変動します。

子犬の平均相場価格は約16万円~

シーズーの子犬の平均相場価格は約16万円から販売されています。

安いものは3万円程度、高いものになると約50万円で取引されていた事例もあります。

一般的にこの値段の差はJKCが決めたスタンダードに沿った状態の犬種かどうかに加え、「血統」「身体のサイズ」「毛色」「顔立ち」「月齢」「ワクチンの有無」など様々な要因で価格を決めるようです。

無料で子犬を迎え入れる方法もある

子犬の里親制度を利用すれば、無料で子犬を引き取れる事もできます。
シーズーを購入する場合も、引き取る場合も、必ずブリーダーから譲り受けるようにしましょう。

シーズーのカットの相場

シーズーは購入価格の他にエサ代など必要経費が発生しますが、シーズー特有の唯一の問題がカットやコーミング、グルーミングなどの被毛の問題です。

シーズーは被毛が長い犬種なので、カットをしなかったり定期的なグルーミング・コーミングを行わないままだと、すぐに毛玉になったり感染症の原因になってしまいますので、毎日のグルーミングとコーミングは欠かさず、カットもこまめに行うことが必要になります。

ですので、日々の育生費用には他の犬よりもケア面での費用が掛かる傾向にあります。

最低でも一ヶ月に1回のカット費用

シーズーは成長とともに被毛がかなり伸びる犬種です。
最低でも1ヶ月に1回のカットを行う必要があるため、その費用も生涯掛かる養育費として念頭に入れておくことをおすすめします。

因みに犬のカット費用は1500円というリーズナブルなものから1万円前後まで幅広く存在しています。

値段が高い子犬は良い犬か

値段の高い子犬を買ったのだから、他の安い犬と比べて良い犬種と考えるのは早計です。
高い理由は基本的にJKCの基準に沿った犬種であるかどうか、人気のカラーか、できるだけ若い子犬かなどによります。

高ければ良いというわけではない

高いシーズー程良い犬かというと、値段はあまり関係ないと考えたほうが良いでしょう。
より高いもの=安全で良い犬というわけではなく、人気か、ワクチンはすでに打ってあるかなどの誤差に留まるでしょう。また、見た目はカット次第でいくらでも良くなります。

シーズーの購入はブリーダーから

シーズーの子犬の購入はブリーダーから飼うことをおすすめします。
シーズーのブリーダーはその親、祖父母世代から何代も世話をし、育成してきたプロの専門家です。
育て方や生涯共にするためのアドバイス等、購入後も親身にサポートしてくれるのがブリーダーの魅力です。

また、シーズーを市場価格以上の違法な値段で売ることもありません。
極端に安い犬を大量に売っているところは悪徳ブリーダーの可能性があるので注意が必要です。
 

関連する記事