フレンチブルドッグの寿命は何年?短い寿命とギネス記録について

フレンチブルドッグの寿命は何年?短い寿命とギネス記録について

フレンチブルドッグの寿命は何年?

フレンチブルドッグの平均寿命は10~14歳程度と言われています。
マズル(鼻の長さ)がとても短い短頭種特有の呼吸器系疾患にかかりやすいのが特徴で、その影響で他の小型犬と比べて少し短命な傾向があるため「フレンチブルドッグは寿命が短い」と言われています。

寿命が短い?

フレンチブルドッグは寿命が短いとは言うものの、昔に比べて寿命の短さが改善し、今は普通の小型犬と大差ないレベルにまで長生きしている個体も多く出てきています。
医療の発達や食べ物の改善で、長く生きることができる環境になってきたということです。

15歳まで生きたフレンチブルドッグも!

長生きしたフレンチブルドッグの中では、20年近い時間を一緒に過ごした人も多くいるそうです。
普段カラッかかりやすい病気に気をつけて、栄養バランスの取れたご飯を与え、ひつような健康管理を欠かさず行うことが大切になります。

フレンチブルドッグの寿命を伸ばす飼い方

自分の飼い犬がフレンチブルドッグだから寿命が短い…と悲観する前に、フレンチブルドッグだからこそ寿命を延ばす飼い方を知ることが長寿の秘訣です。

フレンチブルドッグの弱点

フレンチブルドッグは様々な病気を発症しやすい体質の犬種です。
強面な見た目に反して暑さ、寒さに弱く肥満にもなりやすく、その肥満は様々な病気を引き起こしやすくなる他、心臓に負担をかけてしまいます。

毎日の食事管理、体調管理をしながら適度な運動をさせることに努めましょう。

短頭種だからこそ気を使いましょう

フレンチブルドッグは顔と鼻の距離が短く、潰れたような顔をしており、これらの特徴をした犬種を「短頭種(たんとうしゅ)」と呼ばれ、ブルドッグやパグ、ペキニーズにシーズー、狆などがこの短頭種に挙げられます。

短頭種の犬はマズル(鼻の長さ)の長い犬と比べて鼻から入る空気の循環路が短いために、熱をうまく逃がすことができません。
そのため身体に熱がこもりがちで熱中症を引き起こす可能性があります。
ハァハァと呼吸が荒いのは熱を逃がそうとするパンディングが理由にあります。

病気も寿命に関わる

寿命に関わる大敵はなんと言っても健康を脅かす病気です。
フレンチブルドッグには遺伝的、先天的な疾患が少なからず存在していて、その病気が原因で寿命が短く終えてしまう場合があります。

フレンチブルドッグに最も関係している病気とその症状を数点挙げさせてもらいました。
この病気にならないように努め、フレンチブルドッグの寿命を短くならないようにしましょう。

短頭種気道症候群

短頭酒によく見られる病気の一つ、「短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん)」は頭から鼻にかけての構造上、暑い日や真夏の気候や遊びや運動の興奮時など呼吸器系の病気が多発します。
これらの病気の総称として、短頭種気道症候群と呼ばれています。

眼瞼内反症・眼瞼外反症

症状は、まぶたの縁が目の内側へめくれ入ってしまう病気です。
これにより眼球が直接接触することになるので、角膜や結膜に傷がついたり、目やにが多く出てくることがあります。
原因は数多くありますが、フレンチブルドッグの場合は生まれつきにこの症状が起きる場合があります。

皮膚病

フレンチブルドッグは痒みを伴う皮膚系の疾患を患うことが多く「よく体を足でかく」「同じ箇所を頻繁に舐める」などの症状が見られた場合は必ず医者に見てもらうようにしましょう。
皮膚病の場合は普段のケアが必要不可欠になります。
 

関連する記事