子犬チワワのトイレのしつけ

子犬チワワのトイレのしつけ

家に可愛い子犬チワワを迎え入れて最初のしつけがトイレトレーニングになるのではないでしょうか?

今後一緒に生活していく上でトイレトレーニングは飼い主さんと子犬チワワの最初の課題になるはずです。
また犬を飼うということが癒しや楽しみだけでなく、大変で責任のあることだと飼い主さんが最初に自覚するのもこのタイミングかもしれません。

しかしチワワは賢くしつけもしやすい犬種です。
きちんとしたトイレトレーニングをすれば必ず覚えてくれるので、まずは飼い主さんがしっかりとした知識を持っておきましょう。

子犬チワワのトイレトレーニングを始めるにあたって

準備としてサークル(ハウス)、トイレトレー、トイレシーツ、消臭スプレーが必要です。
トイレトレーの大きさは子犬チワワがその中で多少動き回れる程度のものが良いでしょう。

トイレトレー、サークルも含めですがあまり人の出入りが多い場所に設置するのはやめましょう。
睡眠も食事もトイレも落ち着いた場所で行えるのが好ましいです。

サークル内の環境

まずはサークルの中にトイレトレーを置きトイレシーツを敷きます。
サークルの中には餌やドリンクボトルが設置されていると思いますが、これらはトイレから極力離し、食事をするスペースや寝床とトイレの間には仕切りをしてください。
犬はキレイ好きなのでサークル内が不潔だと排泄をしなかったり食糞をしたりと問題行動を起こしてしまうことがあります。
元々トイレスペースに仕切りがあるサークルも販売されているので、これからサークルを購入する予定の飼い主さんにはそういったものもオススメです。

排泄のタイミングを知る

最初は子犬チワワにトイレの場所の認識はありません、子犬チワワが排泄しそうな素振りを見せたら飼い主さんがトイレまで連れて行ってあげなければなりません。
特徴的な素振りとしては床や地面の匂いを嗅ぎながら辺り一帯をグルグル動き回ります。
タイミングが難しいと思うかもしれませんが一緒に生活する中で子犬チワワがトイレに行きたいタイミングを飼い主さんも分かってくるはずです。
特に言われているのが起床後や食事の後、遊びの後です。

トイレを促すコマンドを作る

犬のしつけの中で飼い主のかけ声によって犬に行動を促すことを「コマンド」と言います。
その「コマンド」によってチワワに排泄を促すトレーニングも子犬の頃からしてあげられると良いでしょう。
排泄を始めたら何か声をかけてあげてください。
「ワンツー」や「シーシー」と声をかけてあげることが多いですが、何か他の言葉でも構いません。
そのかけ声で排泄する習慣を身につけることで、一緒に出掛ける前や自分の家以外の場所などでのトイレがスムーズになります。

トイレで排泄できたら褒めてあげる

子犬チワワが排泄を終えたら、すぐに褒めてあげましょう。
「すぐに」と言うのは時間を空けてしまうと子犬チワワは何を褒められているのか分からなくなってしまうからです。
「トイレで排泄をすると褒められる」と認識させてあげることが大事です。

また犬はキレイ好きな動物です。
排泄後はトイレシーツを新しいものに変えてあげ、清潔に保ちましょう。
※新しいトイレシーツに予めおしっこの匂いを移しておき、自分の排泄物の臭いによってトイレの場所を理解させる方法があるとされますが、これはマーキングという犬の習性を使った方法です。マーキングは生後5ヵ月頃から始まると言われているので、それ以前の子犬には効果的ではないと思われます。

失敗した場合

最初のうちはトイレ以外の場所で排泄してしまうことも多々あるはずです。
犬は足元の柔らかい場所で排泄する習性があるので、布団やベッド、絨毯や取り込んだ洗濯物の山などは子犬チワワに取っても絶好の排泄スポットだったりもします。
しかし、もし子犬チワワがトイレ以外の場所で排泄してしまっても絶対に怒らないでください。
チワワは警戒心が強く臆病な犬種なので、飼い主さんの信用を失ってしまったり、隠れて排泄をする癖が付くなどの問題行動にも繋がってしまいます。
そもそも子犬チワワはトイレを失敗したことで怒られていると認識できていない可能性もあります。
排泄の場所を間違えたことを怒られているのか、排泄自体を怒られているのかの違いを犬に伝えることはとても困難です。
何で怒られているのかも分からないのに怒って直るはずもないのです。

もし失敗した場合は排泄してしまったところを消臭スプレーを使って掃除し、何もなかったことにしてあげましょう。
そして次に成功したときにたくさん褒めてあげたり、たくさん遊んであげてください。
これらをとにかく辛抱強く続けてあげることがトイレを覚えるまでの早道です。
チワワは賢く従順な犬種です。辛抱強く続けてさえあげれば必ずトイレを覚えてくれます。

まとめ

トイレトレーニングは子犬チワワを飼っていく上で避けて通れないしつけの一つです。

トイレのしつけが出来ていることによってドックカフェへ連れて行くことができたり、人のお家に遊びに行くことができたりと、飼い主さんとチワワの今後の行動範囲にも影響が出てきます。
また成犬になったあとでは今までのトイレの習慣を修正するということなり、子犬の時期にしつけるより難しくなってしまいます。
家に迎え入れたばかりで可愛がり過ぎたり甘やかし過ぎたりしがちな時ですが、今後10年20年のチワワとの生活を考え、しっかりしつけましょう。
中にはなかなか覚えてくれない子犬チワワもいると思いますが、叱らず辛抱強く教えていくことが大事です。

関連する記事