チワワの値段と価格・相場|チワワが激安で販売されている理由

チワワの値段と価格・相場|チワワが激安で販売されている理由

チワワは日本でも人気の高い犬種で町中やお店で見かける機会が多い犬です。

人気の高い犬種は豊富に買い手が居るので値段や価格相場が高くなる傾向にあります。
同じ犬種でも体の形や大きさ、毛色、疾患、両親犬の血統などの違いで販売時の値段が決まります。

今回はチワワの値段と市場価格の相場をご紹介しつつ、価格の違いによるメリット・デメリットを解説します。

チワワの値段と価格相場

チワワの値段の価格相場は通常10万~20万円と言われており、過去には最高100万円を超える値段で販売されてた実績があります。
先述したとおり人気のある犬種は値段が高くなる傾向にありますが、現在のチワワの販売価格を見るとピンキリで、安く購入できる場合もあります。
日本ではチワワの代表的タイプ「スムースコートチワワ」よりも、毛足の長い「ロングコートチワワ」が人気で5~10万円ほど高い値段で売られていることが多いです。

チワワが人気になりだした当初は飼育頭数も少なく、希少価値が高かったので高値で取引されていました。
人気が長く続き、取り扱うブリーダーやペットショップでの個体数増加により現在は価格も安定してきました。

チワワの値段の違いと基準

チワワの値段はいくつかの要素が評価基準となり安く販売される個体や、逆に高い値段がつくことがあります。
値段が安定してきた今でも非常に高い値段で売られるチワワも存在し、ペットショップの殆どは上乗せした言い値であることが多いですが、明確な理由がある場合もあります。

スタンダード

チワワの値段は一般的に「スタンダード」と呼ばれる色や形に近い個体ほど、高値がつきます。
スタンダードとはJKCが定める「チワワ本来のあるべき姿」と呼ばれるもので、顔や体の形が評価基準となりコンテストなどで出場や優勝する条件として定められたものです。
「頭の形が良い」「目が大きい」「鼻(マズル)が短い」「耳が立っている」など、見た目に関する様々な要素がどれだけスタンダートに近くあるかで値段が変わります。

希少、人気の毛色

チワワの毛色は数ある犬種の中でも多種多様で、その数はほとんどの毛色が再現できると言われているほどです。
毛色によっても値段が変動するのはどの犬種も同様で、珍しい・人気の毛色になるほど値段が上がります。
希少な「マール」「ブリンドル」「ブルー系」や、人気のある「ブラックタン」や「チョコレートタン」などは高値が付きやすくなります。

<健康体、遺伝疾患がない>

歯並びや噛み合わせが良い、傷やケガがない、元気が良いなど健康面に対し申し分なく、先天的な頭部の頭蓋骨の割れを示す「ペコ」や臓器の遺伝的な疾患を患っていない個体ほど、値段が上がります。

<ワクチン、予防接種>

ワクチンや予防接種を打っていて、子犬を購入してからすぐに行う手間などがない場合は、すでにチワワの値段に予防接種やワクチン代などが入っている場合があります。

<血統書>

血統書は主にJKCから発行されるもので、両親犬から3~4代前の祖先が記録され他証明書です。
発行にはJKCの会員のみが行うことができるなど、厳しい条件と費用が掛かるため、血統書付きの犬の価格は高い傾向があります。
中には歴代~両親犬がコンテストのチャンピオンだったりすると、市場にもあまり出回らず高額の値段になります。
血統書付きの犬には「血統書あり(JKC)」や「JKC血統書付き」などの表現がされています。

激安チワワは要注意!

チワワの値段の中には激安で販売しているものを見かけます。
中には2~3万円程度の値段で売り出されていることもありますが、その安さには理由やそれなりのリスクがあります。
格安や激安の値段に惑わされてうっかり購入してしまわないよう、注意しなければいけません。

子犬期の旬が過ぎてしまった

子犬は一番可愛らしい生後3ヶ月~6ヶ月までが一番人気で、子犬販売の旬と言われています。
この時期がすぎると子犬らしさから成犬らしい姿に近づき、売れにくくなってしまうため値段が下がる要素となります。
チワワの場合は特徴的なアップルヘッドがなかったり、サイズが小型犬の中でも大きくなってしまったりなどが見られます。

病気や先天的な疾患、遺伝子疾患を患っている

チワワには掛かりやすい病気や多くの遺伝性疾患があります。
代表的なのは先天性に起こりやすい「水頭症」で、奇形により脳脊髄液が頭蓋腔内に大量にふえ、脳の一部を圧迫することで発症する病気です。
頭蓋骨頂部の骨が未発達でひび割れや穴が空いて塞がらず育ってしまう病気「泉門開口」なども存在し、「ペコ」や「モレラ」とも呼ばれます。

体力がなく弱っている

一見大人しい、物静かに見える個体は体力がなかったり弱っている可能性があります。
あるきが覚束ない、呼びかけにあまり反応しない子犬は要注意です。

気性が荒く、精神的に不安定、ストレスに弱い

勝ち気ややんちゃなど、活気のある性格ならどの犬でもありえますが、気性が荒いなど問題を抱えている犬の可能性があります。
試しに抱っこしてみたら思い切り噛まれた、他の犬と仲良くできないなど、しつける際に手間と時間がかかりそうな子犬は安くなります。
原因のひとつとして、ビジネスのため生後すぐに親から引き離された子犬は、社会化不足となり精神的に不安定になりストレスに弱くなるとされます。

パピーミルから仕入れている

あまりにも激安で売られている場合、犬を量産する業者「パピーミル」から仕入れている可能性があります。
パピーミルに育てられた犬は劣悪な飼育環境で育てられた場合が多く、安くても病気や栄養失調など健康面で劣っている可能性があります。

雑種の可能性がある

チワワの純血種ではなく、別の犬種とチワワの混血種の犬種である可能性があります。
子犬時の見た目はチワワと大差なくても成犬になるにつれ別の犬のようになったり、サイズが大きくなりすぎたりというトラブルに繋がります。
こういった犬種は血統書の発行もされないので確認して予防ができます。

稀に両親犬の良いところがうまく再現され、可愛らしく珍しい姿になった犬は雑種として高額で取引されることがあります。

チワワが無料の場合

値段が安いのではなく無料でチワワを飼うことができる方法があります。
例えば知り合いのブリーダーや近所の愛犬家、保健所などから里親として犬を譲り受けるなどが挙げられます。

無料で手に入る場合、殆どが売り物として価値の低い犬などが多く、成犬になっていたり見た目がちょっと悪かったりなどの理由で引き取り手のない犬を救うメリットがあります。
他の犬種と交配した雑種の場合が多いため、純血種のチワワを希望している場合は見つける事が困難になります。

まとめ

チワワの値段についてご紹介しましたが、値段=良い犬に限らないことがわかりました。

市場価格の範囲で、自分が飼いたいチワワの見た目やカラーなどを基準にして選ぶ方法が賢い選択かもしれません。
値段以外で信頼のある犬を探すときは、ブリーダーから購入する事をオススメします。

関連する記事