チワワの毛色の種類|色の変化と薄い毛色に変わる理由

チワワの毛色の種類|色の変化と薄い毛色に変わる理由

最も小さい小型犬として知られるチワワについて、町中を見ているといろんな色んなカラーがある事に気づくと思います。

チワワの毛色(カラー)は数ある犬種の中でも多く、単色から2色以上の組み合わせが存在します。
人気の毛色は値段が上がったり、どんな毛色があるのでしょう?

子犬の頃から成犬に成長したら薄い色に変わった!などその理由などまとめました。

チワワの毛色

チワワの毛色の種類は数ある研修の中でも最も多く、ジャパンケネルクラブ(JKC)では「マール」と呼ばれる毛色以外すべてのカラー、組み合わせが公式で認められています。

ダルメシアンのような特殊な斑模様などは確認されていませんが、それ以外はほぼすべての毛色が認められています。

JKCで唯一認められていない「マール」はマーブル柄で大理石のような模様と例えられる程、独特の美しいカラーです。

チワワのほかにもシェルティーやボーダーコリーなど、マールカラーを発現する犬種が存在しますが、どれも公式では認められていない毛色です。

「マール」は犬の遺伝子の中にある「マール遺伝子」が引き起こす独特のカラーで、このマール遺伝子は様々な病気や健康障害を併発させる劣性遺伝子で、このマール遺伝子を持つ犬同士を交配させると、高確率で健康障害を持つ子犬が生まれます。
そのため、健康な犬質を維持、繁殖するJKCの観点からマール遺伝子を持つ「マール」は公式で認められないことになったのです。

スタンダードカラー

チワワの毛色は個体ごとに生まれてくるまでどの色が出るのかわかりません。
その中で比較的発現しやすいカラーをスタンダードカラーとして紹介します。

ホワイト

ホワイトは名前の通りに真っ白な毛色のことを指します。
地肌も白く、鼻の先から尾の先まで真っ白の毛色で、黄色みがかった白はホワイトでなく「クリーム」に分類されます。

ブラック

ブラックは名前の通り真っ黒の毛色を指し、日本犬の黒よりも洋犬ならではの濃い黒さがある色を指します。
子犬の頃に黒色の場合で、成長して成犬になるとグレー色(ブルー)に変化することがあります。

クリーム

クリームは黄色みがかった乳白色を指し、濃いものから薄いものまで幅広いカラーです。
元々子犬の頃にクリーム色だったチワワが成犬に成長するとホワイトに変化することがあります。

フォーン

子鹿色といわれ、黄色から茶色までの幅広いカラーを指す事が多いカラーです。
濃いフォーンはチョコレートよりも薄いブラウンまでが限度です。

レッド

赤みがかった褐色を指し、ブラウンに赤褐色というイメージのカラーです。

チョコレート

こげ茶色、暗めの赤褐色をチョコレートと言います。
チョコレートの中でも最も人気なのがチョコレート&タンと呼ばれる2色組のカラーです。

タン

茶褐色を指し、いわゆるブラウンと言われるカラーです。
タンカラーは他の色との組み合わせでよく見られる色で、人気カラーの中にタンが入っていることが多いです。

レアカラー

レアカラーは犬種に発言しにくい希少な毛色を指します。

一般的にレアカラーは人気の毛色ですが、色によっては劣性遺伝子により引き出されるものもあり、生まれつき身体が弱かったり遺伝的疾患を持って生まれる子犬が多いとされ、すべての犬種に限ったことではありませんが、レアカラーには色素が薄い場合が多いカラーです。

ブルー

チワワのブルーカラーはとても人気があり、青みがかったグレーが特徴的なカラーです。
グレーや灰色にも見えますが、実際にチワワのブルーを見ると納得がいくきれいな色をしています。

イザベラ(薄いベージュ)

イザベラと呼ばれるカラーはタンよりちょっと薄いベージュカラーで、優しい雰囲気を醸し出しています。
アルビノとは違いますが、似たふんわりとした印象を持つカラーでこちらも人気があります。

ブリンドル(虎毛)

虎毛と言われる黒をベースに茶色の差し毛、もしくは茶色をベースに黒の差し毛がある毛色をブリンドルといいます。
野性味のある印象を受ける毛色で、こちらも希少で人気のある毛色です。
なかなかお目にかかることができないカラーなので、見かけたら一度チェックしてみてください!

非公認カラー

マール

JKCの非公認カラー「マール」はどの犬種も非公認とされるカラーです。
見た目での人気がとても高く、犬全体の頭数も少ない希少な色です。

マールカラーは「マール遺伝子」によって生成されます。
マール遺伝子は、部分的に色素生成を抑制する効果のある劣性(潜性)遺伝子で、ランダムに作用します。

マール遺伝子だけでなく、犬の毛色のバリエーションが存在するのは、色素の生成を抑制することで生まれています。
その中でマールは色素の生成を著しく阻害、希釈してしまう遺伝子です。

犬にとって色素はとても大事な要素で、胎児期の内臓や神経系の整形や機能の維持に関わっています。
ところが極端に色素が薄いと、弱視や難聴、奇形や欠損などの子犬が生まれる危険性が高いです。

マール遺伝子が毛色に作用することで、部分的に色素の薄い、もしくはなくなる箇所が増えて斑模様が出来上がります。
仮に全身ブラックの毛色を持ったチワワにマール遺伝子が作用すると、ブラック&ブルーもしくはホワイトの斑柄の毛色に変化します。

ただ単に被毛に対し部分的に抑制するだけでなく、無作為(ランダム)に色素生成を抑制します。
被毛だけでなく眼や内臓に現れ、弱視になってしまったり臓器の機能が著しく低下するなどの弊害が生まれます。

そのため、マールカラーを目的とした繁殖は良くないとされ、きれいで人気でありながらも非公認カラーとしてマールだけ除外されているのです。
実は、レアカラーも同じくマールの要素を持っている場合が多いので、レアカラー同士の繁殖に対しても意見が別れています。

単色と2色以上

チワワのカラーの種類は、単色と2色以上の組み合わせがあることで多くの毛色のカラーを再現できるところが魅力です。
2色以上のカラーはブラック&タンやイザベラ&タンなど様々な人気カラーが存在します。

薄い色に変化?変色について

「子犬の頃は濃い毛色だったのに、成犬に成長したら薄い色に変色した!」もしくは「薄い色だったのに濃い色になった!」なんて経験はありませんか?
チワワに限らず、犬の毛色が変化することはよくあることです。

毛色は遺伝子の配置によって決まる

犬の毛色を決める要因は遺伝子構造の配置によって決まります。
毛色のベースとなるカラーの遺伝子、グラデーション、柄、模様、差し毛などの情報が遺伝子の中に組み込まれており、その配置によって毛色や柄が決まります。
これらの遺伝子の配置が犬によって違うため、様々な毛色の犬が生まれます。
親犬や兄弟犬の色や柄が似るという事はこれが理由です。

毛色の遺伝子はほかの遺伝子と同じく優勢(顕性)と劣勢(潜性)があり、より優位性が高い毛色の遺伝子が優先されます。

※日本遺伝学会が遺伝子の特徴の現れ安さを示す「優勢」「劣勢」をそれぞれ「顕性(けんせい)」「潜性(せんせい)」と改めたため、表記をカッコ内に合わせて表記させていただきます。

色が薄くなる「退色」

毛色が薄くなることを退色といい、人間に例えると髪の色が年令とともに黒髪に白髪が増え、最終的に全体が白く変化していくものと同じ現象です。
もちろん、犬にもシニア期になれば眉毛や毛先に白髪が生えて来ることがあります。

ここで例えた老化以外にも犬の毛色が退色する理由が存在します。

特定の犬種による退色

ある特定の犬種は、遺伝的な理由で老化に関係なく成長とともに退色する犬が存在します。
チワワも遺伝的な理由で退色する犬種の一つで、ほかにはトイプードル、ミニチュアダックス、ポメラニアン、柴犬などいます。
これらの犬種は子犬の頃全身の毛が濃かったのに対し、成犬に成長したら薄くなるというパターンがほとんどです。

これがメラニン色素の欠乏による「アルビノ種」だった場合は、遺伝子疾患のため一般的なチワワより寿命が短いとされています。

被毛による退色

ダブルコートの犬種は換毛期でシングルコートよりも毛が多く生え変わります。
この生え変わりの量で差し毛が薄くなることがあります。

トリミングによる退色

こちらも被毛の換毛期による変化と近い理由なのですが、バリカンでトリミングを行うことで毛色が退色しやすくなるようです。
チワワのトリミングはバリカンで行うことがありませんが、バリカンでトリミングする際はペットサロンで相談をおすすめします。

ミニチュアシュナウザーやワイヤーコートダックスフンド、ワイヤーフォックステリアなどは指や専用のナイフで頭や背中の毛を抜くストリッピングという手法でのトリミングを行う犬は起こりやすいようです。
ストリッピングは毛質を変えるために無理やり抜いて、硬い毛を出す手法なので、毛質も変われば毛色も変わってしまうのは自然かもしれません。

栄養不足による退色

毛色が薄くなるのは色素が薄くなるということで、メラニン色素が関係しています。
メラニン色素は本来、日焼けなどで肌を茶褐色にする要因として知られています。

犬の毛色もこのメラニン色素の働きによって様々なバリエーションが存在し、メラニン色素が体内で正常に作られているからこそ、毛色を再現できているということになります。

メラニン色素を体内で作るには、チロシンとフェニルアラニン(チロシンの前駆体)等のアミノ酸が必要となり、チロシンを摂取することで体内でチロシナーゼという酵素によって化学反応が起き、その内の1つにメラニンが作られます。

栄養素が足りないとアミノ酸が不足し、メラニンが体内で作られる量も減ると退色が進む原因となり、毛艶がなくなりパサパサした毛質になります。
退色をふせぐには栄養豊富な餌を与えることをおすすめします。
チロシンは「肉」「魚」「たまご」「乳製品」「大豆製品」によく含まれているので、おやつなどで与えると良いでしょう。

ストレスによる退色

犬はストレスによって毛色が退色することがあります。
人間もストレスに晒され、過度の負担がかかると白髪が増えますが、犬にとっては退色が白髪の代わりに起こります。

犬のストレスは、環境の変化や他人が近くにいたり、飼い主が長時間留守などの精神的不安、運動を満足にできない身体的不満など様々なシーンで受けます。
できるだけストレスを溜め込まないよう、解消できるよう遊んであげましょう。

病気の可能性

犬の退色は病気の可能性もあります。

特に毛色の一部が白くなるなどの場合は皮膚病にかかっている場合があります。
皮膚に異常が起きることによってそこから生えている被毛の退色に繋がり、一部だけ変色するという症状が起きます。

通常、犬の老化によって退色する場合は全体的に色が薄くなり、ひげやまつげなど顔周りからながめの白髪が生えてきます。
その後背中から尾にかけて白髪が生えてきます。

もし、一部の毛色だけが白くなっている場合は地肌を確認してみましょう。
皮膚の異常だけでなく、フケがあったり被毛の質が落ちたり、肌にはりがなかったりと言う場合は動物病院で受診してみましょう。

犬の毛色が濃くなる

毛色が薄くなる退色とは逆に、毛色が濃くなる場合があります。

多くは一度退色した毛色が濃くなる場合が多く、その犬の栄養状態が改善されたことにより毛色が濃くなる事があるようです。
そのチワワが元々持っている毛色より濃くなることはありませんが、健康状態が優れずに育った子犬にとって栄養状態が改善されたことにより元々持ち合わせてた本来の濃い色に戻るということがありえます。

毛色が変化するという事は、その犬の健康状態や身体の変化を表しているということなんですね。

まとめ

チワワのカラーがこれほど種類があること、退色との意外な関係を紹介しました。

色んな色がいて可愛いチワワですが、色で選ぶ前に遺伝子疾患などの知識を得てから、どのカラーがいいか探すのも良いでしょう。
ブリーダーから迎え入れるときは、チワワの専門家としてのブリーダーさんの意見を取り入れて、万全な飼育環境で迎え入れてあげましょう。
 

関連する記事