柴犬の性格について|オスとメスの違いと特徴

柴犬の性格について|オスとメスの違いと特徴

日本犬の代表とも言われる柴犬は昔から日本人の生活に馴染みのある犬種です。

柴犬を飼うときに気になるのがその性格です。

町中で出会う柴犬はとてもフレンドリーで好奇心旺盛だったり、落ち着いたいい子だったり、はたまたおりの中でずっと吠えてたりと様々です。

インターネットで柴犬の性格を調べると、甘えん坊、恐れ知らずのような情報から性格が悪いというネガティブなワードも見られます。

今回は柴犬の性格について、細かく紹介していきます。

柴犬の性格

柴犬はとても愛嬌があり自信満々、どんなものにも恐れ知らずに挑む姿勢と警戒心の強さで時には攻撃的になる程の気質を持ち合わせていますが、主人と認めた人間には従順で忠実な性格をしているため、日本ではその性格を活かし番犬目的で飼われていました。

性格は柴犬ごとに違いがありますが、どの柴犬も共通して頑固で警戒心が強いことが挙げられます。

そして縄張り意識がとても強く、不審者が縄張りの敷地内に入ってきたら躊躇なく立ち向かう気合も持ち合わせています。

聡明でしつけやすい犬種と言われ、活発で運動好き、そして日本犬の中でもプライドが高く、触れられることが苦手なので早期に克服が望まれます。

観察力が高く、空気を読むことにも優れています。
人間は自分に対して優しいのか、甘いのか、厳しいのかを見分ける事ができ、その相手や状況によって態度を変えます。
その態度の変化を猫に例える人もいます。

小さなことからちゃんとしつける飼い方をおこなえばその後の性格にも影響され、人間をなめるような性格に育ってしまうと、いろんな相手に吠えたり自分が上だという態度を示しやすくなる柴犬に育ってしまう可能性があります。
どんなときも飼い主さんは自分の態度や行動をブレず行動する、決めたことを必ず守る一貫性を持ち毅然とした態度を取れば、柴犬も飼い主さんのことを舐めずに主人として認めます。

日本人の気質に合った土着犬

柴犬は太古の昔、狩りをしていた時代から日本人のパートナーとして共に生きていきました。

今は愛玩犬として室内で飼われているなどありますが、飼い主に対しての従順で忠実な性格は柴犬ならではの気質です。

頑固で神経質な性格や、場の空気を読み、行動するところも日本人の気質に合っていて、子犬のうちから厳格なルールをしっかりしつけてあげれば信頼できるパートナーになります。

しかし、日本の気質に合っていた柴犬も時代が進むに連れ変化が訪れます。

柴犬が番犬として飼われていた時代は頑固さや警戒心、気の強さが番犬として重宝されてきましたが、現代は愛玩犬としての意味合いが強い時代、吠えぐせや噛み癖などはすべて困った行動になってしまうことも少なくありません。

今は柴犬のブリーダーが子犬期にしっかりとしつけを行うことで、時代に合ったパートナーとして暮らすことができるのです。

子犬期のしつけが大切

先述したとおり、柴犬は子犬の時期のしつけが大切です。
通常のどの犬種もしつけが何歳からでも始められますが、子犬のうちにしつけを行うと成犬になったときに問題行動を起こしにくくなると言われています。

子犬期は社会化期と呼ばれる時期が含まれ、社会性や新たな刺激の経験を得る時期として外界との接触がが望ましいとされていますが、成犬のようにおとなになってからでもある程度の問題行動の軽減はしつけ次第で可能です。

しかし柴犬は頑固で習慣化した癖を治すのはほか犬種よりも時間と手間がかかるため、子犬の頃のしつけをしっかり行わなければいけません。

土着犬として日本人と生きてきた独特の気質ゆえの問題ですが、子犬の頃から意識をして社会性と柔軟性、経験値を身に着けさせる様な飼い方をする事で成犬時の問題行動の防止に効果があります。

小さなことからちゃんとしつける飼い方をおこなえばその後の性格にも影響されます。

成長による性格の変化

柴犬に限らずですが、犬は成長によって性格に変化が起きます。

人間で例えてみると、子供のときはやんちゃで、若いときにはエネルギッシュ、歳を取るに連れ落ち着きが出て老いたら穏やかになる…ということがありますが、犬の場合でも同じような性格や感情の変化が起きています。

子犬期(誕生~生後7ヶ月頃)

好奇心旺盛でどんなものにも興味を示し、挑戦して経験値として吸収します。

この時期は社会期とも重なる大事な時期なので、なるべく外へ出かけさせて様々な経験をさせてあげましょう。

匂い、騒音、他の人や犬など外界との刺激に接触させることで社会性を身につけることができます。

青年期(生後8ヶ月頃~3歳頃)

犬に少しずつ自信がつき始める時期で、この頃から犬の個性がより際立ってくる時期です。

わがままな行動をとったり、自分の頑固さやこだわりを出してきたりとやんちゃ盛りといった表情を見せてくれます。

壮年期(4歳頃~7歳頃)

ルールや生活習慣を覚えて、飼い主さんの感情や行動パターンを理解して、やって良いこと悪いことがわかり身について来る頃です。

飼い主さんとも信頼関係を築き、家族や相棒として成長してくれる頃です。
やんちゃで遊び盛りだった青年期から見ると落ち着きが見え始め、平穏な生活を好むようになります。

シニア期(8歳~)

年齢を重ねるに連れ老化していき、徐々に視覚や聴覚が衰えていきます。

嗅覚と触覚は比較的残りやすく、視覚や聴覚が衰えても飼い主さんを匂いと撫で方で認識するようになります。

目が見えなくなっても、飼い主さんの独特の撫で方や匂いで安心感を覚えます。
この頃から頑固になる柴犬も出てきます。

元々の性格の他に、成長につれてのしつけの仕方から付き相方によって柴犬の性格は大きく変わります。

柴犬の性格の違い

柴犬の特徴として、個体によって性格の違いがあります。

勇敢で活発的な柴犬もいれば、臆病で物静かな全く間逆な柴犬がいるようにすべての柴犬が同じ性格ではないということです。

フレンドリーな性格の柴犬

自分から他の犬や人間によっていく、新しいおもちゃに疑り深くなくすぐ興味を持つ、遊びはいつもノリノリです。

フレンドリーな柴犬の性格で、人や他の犬と触れ合うことが大好きで、構ってもらえないといたずらをして注意を引くこともあるくらい人や犬に接触したがる性格です。

興奮しやすいので、興奮しすぎないようなコントロールを飼い主さんで行う事が大切です。

興奮をおさえる命令、「待て」や「ふせ」などを教えることで興奮しすぎた時におさえることができますが、興奮のたびに命令をするのは犬にとっても飼い主にとっても負荷があるので、大人しいときに褒めておとなしくすることは良いことだと思わせることが大事です。

静かに落ち着いているときには「良い子」と声をかけて褒めてあげ、静かにしていることで褒められるといったことも覚えさせてあげましょう。

興奮しすぎることは思わぬ怪我や事故につながったり、静かにすべき場所やタイミングで収集つかないなどトラブルが必ず生じるのでできるだけリスクを避けるように育てましょう。

慎重で頑固な性格の柴犬

逆に大人しく慎ましい性格の柴犬も存在しており、はじめてのことや楽しそうなことがあってもまずは観察、ゆっくりと見極めてから興味を示すタイプの性格です。

警戒心と近いですが臆病なタイプでもあり、本当に興味があっても初めての人間や犬に出会うときも気を使う性格です。
その怖がりな面から急に触れ合ったりしようとすると吠えだしたり噛み付いたりすることもあります。

慎重派の柴犬は苦手なものが多く、苦手なものは徐々に慣れることで平気になることが多いです。
苦手なものをそのままにしておくのはその犬にとってストレスになります。

そのため怖くない、危なくないといったことを教えることが重要で、苦手なものを克服させるためにはおやつや好きなものを利用して、決して急がすその柴犬のペースに合わせてゆっくりと教えて克服しましょう。

頑固な性格をうまく利用して、子犬の頃からしつけることで従順な性格が生かされ、大人しくも誠実な柴犬に育ってくれます。

オスとメスの性格の違い

オスとメスによって性格の違いがあります。

柴犬だけではなくその他の犬種でも性格の違いがありますが、気難しい性格の柴犬では顕著に現れます。

柴犬のオスの性格

メスより身体は大きめでマズルは太い見た目をしており、やんちゃで好奇心旺盛、柴犬の中でも活発な子が多いです。

その運動能力の高さから沢山遊び散歩することが大事で、柴犬と飼い主と一緒に過ごす時間を確保する必要があります。

こまめに運動しないとストレスが溜まってしまうので運動す時間を確保しましょう。

柴犬のメスの性格

メスより身体は小さめでマズルは細い見た目で、穏やかで落ち着いた性格をしていますが、縄張り意識と警戒心が強いので番犬向きです。

無駄吠えが出やすいのはメスの特徴なので、子犬期、社会化期での早い段階でのしつけが大事になります。

まとめ

柴犬はとても賢く、空気の読める「日本人の性格に合った」犬種だということがわかりました。

しつけがしやすいですが、頑固な気質から飼いやすいと言い切れないですが、犬らしい素直な性格は長く付き合っていくうちにたまらなく好きになってしまうのかもしれません。

オスとメスの違いにも驚きましたが、子犬の頃のしつけが重要ということで、飼う際は信頼できるブリーダーから飼うことをおすすめします。

関連する記事