柴犬の子犬について|しつけや柴犬のブリーダーについて

柴犬の子犬について|しつけや柴犬のブリーダーについて

短毛で茶褐色の毛並みに特徴的な巻き尾、正面から見るとちょっと笑っているかのような愛らしい顔、そんな日本犬といえば柴犬ですよね!

とくに柴犬の子犬はコロコロとしててとても可愛らしくて、飼ってみたい人も少なくないと思います。

柴犬は日本犬の中で随一の小型犬種と言われていて、日本国内でもよく見られ、馴染みのある犬種です。

今回は柴犬の子犬から成犬にかけての特徴をまとめました。

柴犬と日本犬保存会

柴犬は日本犬の中で随一の小型犬と言われて「柴犬って中型犬じゃないの?」と疑問に思う方がいらっしゃるかと存じますが、実は大型犬や中型犬サイズの柴犬と思っていた犬は正式には柴犬ではない可能性があります。

日本犬と言う言葉は1934年(昭和9年)に日本犬保存会が定めた「日本犬標準」に挙げられる6つの犬種を指し、その中の一種に小型犬とされる柴犬がいます。

柴犬の他には「秋田犬」や「甲斐犬」など存在し、どれもが大型や中型です。

大型犬:秋田犬
中型犬:甲斐犬、紀州犬、四国犬、北海道犬
小型犬:柴犬

日本古来の犬種だった日本犬も、戦争や疫病、外国犬の輸入によってかずが減少していき、一時期は絶滅の危機に貧しました。

「日本犬保存会」は昭和初期、絶滅寸前の日本犬を残そうと全国各地で地の犬の調査を行い、残存した優秀犬や犬に関する文献を参考にし、小型犬(柴犬)、中型犬(紀州犬、四国犬、甲斐犬、北海道犬)、大型犬(秋田犬)の三型に分類して保存することにし、立ち上げました。

以来、現在に至るまで柴犬を含めた日本犬の種は保たれ、体高は理想的なものとして守られて定着しています。

柴犬は日本保存会が守った犬種であり、現在は血統書も同会が発行しています。

柴犬は国の天然記念物

柴犬は国の天然記念物という事はご存知でしょうか?

一時的であれ絶滅の危機に追いやられた柴犬は、1936年(昭和11年)に国の天然記念物として指定されることになります。

柴犬を始め日本犬が天然記念物とすると一般人は飼ってはいけないのではと認識してしまいますが、実は違います。

天然記念物は生息していることが重要でそれらを「傷つけたり」「採取したり」してはいけないのですが、種の保存のための飼育や繁殖は認可されています。

その中でも飼育するのに文化庁長官の許可が必要な「特別天然記念物」が、無許可での飼育について違法となります。

柴犬と子犬

柴犬の子犬は丸く、毛の色素も濃いめです。

成犬になるに連れて毛の色素が薄くなり、目つきや顔つきが少々鋭くなります。

色は赤、黒、白、胡麻の4パターンで、子犬の頃に黒くても成犬になるに連れて薄くなるので、ショードッグに出す場合は子犬のうちにできるだけ濃い色の子を選ぶようにします。

柴犬の成犬時の大きさはオス犬が38~41cmで9~11kg、メス犬が35~38cmで7~9kgとなっています。

日本の土着犬として柴犬は生息していましたが、そこから生息している地域ごとに特徴が分かれ、現在の6犬種にまでカテゴライズされるようになりました。

すでに絶滅してしまった柴犬からの派生犬もいます。

柴犬は子犬期ののしつけが重要

どの犬種も子犬期によるしつけが重要と考えられていますが、特に柴犬は子犬期に行うパピートレーニングをしっかり行わないといけません。

柴犬は飼い主や家族に対してとても柔順ですが、縄張り意識がとても強い犬種で、初対面の相手に気を許すことがなく、頑固な面を持ち合わせていて、主従関係をうまく築けないと飼い主の命令でも頑なと聞きいれない事が多いです。

日本犬らしく飼い主に忠実な犬とたとえられ、逆手に取れば問題行動を起こすトラブル犬になってしまう可能性があります。

そのため、子犬期におけるパピートレーニングが重要で、成犬時に直しにくい「噛み癖」や「吠え癖」を子供のうちに治すよう努めましょう。

パピートレーニング

パピートレーニングは子犬の頃に行うしつけのことで、社会化期と呼ばれる時期に行うことで、成犬になったときに極端に怖がりや神経質にならないように経験値として覚えさせるものです。
以下はそのパピートレーニングの一例です。

甘噛み防止トレーニング

子犬の頃に可愛いからと指を舐めさせたりすると甘噛みに繋がります。
この習慣が根付くと政権になってからも甘噛みを行い続け、怪我に繋がります。
噛んだら痛い、嫌な思いをするということを教えるなど、感でいいものと良くないものの区別をつけましょう。

トイレトレーニング

指定した場所(トイレ)での排泄を覚えさせることをトイレトレーニングといいます。
トイレトレーニングを覚えればトイレシートへ排泄することを覚え、環境が変わっても適応できるだけでなく、災害時に他人の迷惑にならずに済みます。
散歩前などにトイレ指示するなど意図的に排出させることもでき、散歩時のマーキング防止にも役に立ちます。

ハウストレーニング

犬をハウスに入れて休ませる行為で、来客時、就寝前にケージや小屋にもどす事ができます。
ペットキャリーをハウスとして教えることができれば、犬にストレスなく、旅行や長距離出かける際もスムーズに移動が可能です。

ハンドリング

犬の身体や顔などに触れることをなれさせ、しつけのために触ることを指します。

犬は本来、急所である部分やデリケートな部分を触られるのを嫌いますが、子犬の頃から人間から身体のどこを触られても危険を感じることなく平気でいられるようにする事ができます。

これにより歯磨き時や口の中に異物が入ったとき、口に手を入れられたり、シャンプー後のドライヤーなどの犬がびっくりする音が出るときでも落ち着いて待たせることができます。

リードトレーニング

リードを使って犬をコントロールするトレーニングで、リードを引っ張ったり緩めるポイントを覚え、犬の突然の飛び出しなどに対応することができ、力の強くなった成犬でも散歩が楽になるトレーニングです。

犬よりも飼い主側のトレーニングが重要で、犬側はリードに慣れるだ毛が望ましいです。

子犬サイズの成犬「豆柴」

最近は成犬になっても子犬サイズの柴犬を「豆柴」や「小柴」といった名前を称して販売しているペットショップが存在します。

実はこの「豆柴」は犬種として認められた名前ではありません。

日本犬保存会もこれについては以下のように言及しています。

日本犬保存会では「豆柴」と明記した血統書は発行していません。
これらの豆柴と称される犬達があたかも希少種であるかのように、一部では広告され喧伝されていて、柴犬のことを深く知らない方々から問い合わせや苦情も寄せられています。
これらのものは本会が定めた日本犬標準、登録規定に反し、尚かつ日本犬の血統をも混乱させるもので、規格外の体高不足犬ということで日本犬保存会として公認することはありません。

参考:https://www.nihonken-hozonkai.or.jp/monument/

つまり、豆柴は小型化された柴犬で種の保存としては規格外の犬であり、犬種として認めることはないという内容です。

小型化された犬は洋犬種でよく目にします。

トイプードルなどは代表的な例ですが、健康的な犬種として安定した交配ができることで犬種として認められており、その中で「ティーカッププードル」「タイニープードル」などは更に小さいサイズで同理由で犬種として認められていません。

柴犬の子犬はブリーダーから

柴犬は血統を守られている大切な日本犬です。

ペットショップでは柴犬と称して柴犬とかけ合わせた雑種であったり、豆柴や小柴などの小型種を販売している場合があります。

純血種としての柴犬を飼いたい場合は、ブリーダーから購入するようにしましょう。

柴犬の大きさはそれぞれ違うので、親犬を見て知ることができる点もブリーダーならではの利点です。

まとめ

柴犬は日本犬の中で最も馴染みのある小型犬ということがわかりました。
正確は柔軟というよりも、飼い主や家族に従順で、子犬の頃のしつけが将来成犬になったときにとても重要だと言うことがわかりました。
柴犬とは別犬種についての詳細は別記事を参照ください。
 

関連する記事