柴犬の値段と相場|生涯かかる費用と子犬の価格の違いについて

柴犬の値段と相場|生涯かかる費用と子犬の価格の違いについて

柴犬は日本では馴染みのある庭犬で日本券の中でもオオカミに最も近い土着犬です。

最近だと豆柴や小豆柴など、身体の小さい柴犬が人気ですが、極小でなくとも可愛らしい柴犬の子犬を飼ってみたいですよね。

犬種によって人気の差があるように、柴犬の価格や値段の相場もある程度決まっています。

ペットショップで値段を見ると微妙に価格に差があったり、ブリーダーから飼ってみたいけど、価格が高いのか安いのかわからない…
今回はそんな柴犬の子犬、成犬の価格から、ブリーダーからかうときの値段やメリットなどをご紹介します。

柴犬の価格

柴犬の子犬の平均価格は5~20万円前後で、数万円台から買える場合もある程、小型犬の中ではリーズナブルな価格です。

展覧会やドッグショーでチャンピオン犬になった柴犬が両親のどちらか、もしくは両方入っている場合更に高値で取引されることがあります。

それ以外でもジャパンケネルクラブ(JKC)が定めているスタンダードに近い柴犬であれば、高値になります。

JKCが定めるスタンダードとは、それぞれの犬種の理想の形、見た目の取り決めのことを指し、健全な犬の姿、血統を守る同会のポリシーに則って決められている規定です。

スタンダードはドッグショーや展示会でも犬の基準として決められているもので、スタンダードにもっとも近い形、見た目が理想とされています。

しかし、必ずしもスタンダード=健康な犬や良い犬、スタンダードじゃない=不健康な犬、悪い犬ということではないので、将来ドッグショーや展示会に柴犬を出場させたいと思っている飼い主さんでなければ、考慮しなくて良い点です。

最近の小型犬ブームで、チワワやトイプードル、ポメラニアンなど人気上位の犬種は値段が上がってきています。

そんな人気犬種の平均価格は15~30万円と柴犬よりもちょっと高めです。

毛色による価格の違い

柴犬の基本毛色のカラーは茶色い見た目の「赤柴」で、現在居る柴犬の80%がこの「赤」だそうです。

なぜ茶色~黄色っぽい色なのに赤と呼ぶのか諸説ありますが、本当に赤色に見える色から薄い黄色、濃い茶色まで幅広い色を指します。

頭数が多いのでほかの色より価格が安いことが多いです。

色ごとの価格の違い

赤:5~20万円
黒:10~18万円
胡麻:10~18万円
白:16万円~

白色は柴犬の中でも計画的に出しづらい希少な毛色で、値段も高めに設定されていますが、本来はミスカラーと呼ばれる色なのでドッグショーや展覧会に出すためのショードッグとしての価値はありません。

メラニン色素が薄いため毛色が白くなると考えられており、同時に遺伝的疾患が起きやすいカラーなので、慎重な飼育を心がけましょう。

似た見た目では北海道犬と言われる、柴犬と近しい中型犬の犬種が存在します。

有名なのは携帯キャリアのソフトバンクCMで有名なお父さん犬のカイくんですね。

ブリーダーの価格

同じ毛色でも、ブリーダーから購入する場合は少し差があります。

ブリーダーの場合

赤:8万~18万円
黒:10万~19万円
胡麻:10万~19万円
白:10万~19万円

赤柴に関しては最低価格が高め、最高価格が低めに見受けられます。

あくまでここで書いた販売価格は平均なので、一概に高い安いとは言えませんが、ちゃんと値段相応の価格帯であることは間違いありません。

ブリーダーはペットショップとは違い、柴犬に対しての知識が高く、長い間同犬種をブリードしてきたプロフェッショナルです。
どの子犬も健康であることは間違いないですが、白柴に関しては価格の上限がなかった平均価格も、ブリーダーから購入すると上限が決まっている点から法外な値段ではないことが伺えます。

ペットショップの場合

赤:5万~20万円
黒:11万~18万円
胡麻:10万~18万円
白:16万円~以上

ペットショップの価格も平均価格から差がありますが、赤柴の価格が5万円からと安めなのがわかります。

これは成犬になるに連れて売れにくくなるため、安く価格を下げていくペットショップ特有の価格差共言えます。

特に目立つのは白柴の値段の上限がないことで、高い値段になると50万を越える柴犬が売られていることもあります。

値段=良い犬とは限らない

高い犬はそれだけ希少価値が高くて、良い犬!とは限りません。
高い理由にはそれぞれ評価するポイントがあって、それが必ずしも良い犬と言い切れるものではないのです。

スタンダードに近い見た目

JKCが定めているスタンダードに近い見た目や毛色をしていると、ドッグショーや展覧会似出場することができるショードッグとしての価値が高まるので値段が高くなります。

仮に、チャンピオン犬になったとしたらその犬の価値は大幅に上がり、様々な犬舎やブリーダーから交配の以来が来るほど価値のあるものになります。

血統書付き

血統書とは、良い犬の証明というのではなく、その犬の血筋をたどるための証明書です。

ほとんどの純血種は血統書を発行するので、血統書の有無の差で値段にはさほど影響しません。

大事なのは血統書に書かれている内容です。

メス犬

メス犬は値段が高い傾向にあります。

それは単純に台雌(だいめす)と呼ばれる繁殖に使われる可能性があるため、生んで増やせるという意味から価値がオスより高めになっています。

オスでも、繁殖力が高く健康体な犬は同じ様な理由で高値になるようです。

チャンピオン犬

ドッグショーや展覧会に出場し、チャンピオン犬となった犬が親や祖父母犬にいた場合は値段が高めに設定されています。

自ずとスタンダードやチャンピオン犬に似るので、ショードッグとして育てたい飼い主にとってはほしい犬種でもあります。

希少な毛色

どの犬種でも繁殖をしていると様々な毛色の子犬が生まれます。

ある程度計画的に繁殖することは可能ですが、毛色に関しては発現させることが難しいカラーがあります。

希少な色になるほど、個体数が少ない、更に人気のあるカラーだと値段が上がります。

ブームになった

テレビCMや広告のマスコットキャラクターとして人気を博した犬種は、一般市場でも価格が高く設定されます。

金融会社のアイフルではチワワ、携帯キャリアのソフトバンクでは北海道犬やポメラニアン、ドッグフードではラブラドールレトリバーやトイプードルなど、注目された犬種は高値に設定されやすいです。

上記のように、犬の価格が高価になる要因はいくつかあります。
これらは必ずしも良い犬、健康な犬につながるとは限らず、上記の条件でなくてもブリーダーから購入する犬は健康体が多いです。

子犬を迎え入れる前に

柴犬の価格について学んだ後は、いざ購入して迎え入れるだけですが、その前に準備は万全ですか?

犬を迎え入れるには様々やることが必要です。

子犬を迎え入れるのに必要なこと

  • 畜犬登録
  • 鑑札発行
  • 狂犬病ワクチン接種
  • 混合ワクチン接種
  • ケージ、サークル
  • トイレシート
  • エサ皿、水皿
  • おもちゃ、ケア用品

最低限準備するもので10~15万程、ものによってはそれ以上かかります。

柴犬の一生にかかる価格

柴犬との暮らしは、人間と同じで生活費、費用がかかります。

食費や医療費、消耗品など人間と変わらないカテゴリですが、全てかかるといくら位でしょうか?

食費

どの犬種でもそうですが、柴犬との生活で一番費用がかかるものが日々の食事、「餌代」です。

犬に与える餌は基本ドッグフードですが、様々なメーカーで金額も高いものから安いものまで幅広く販売されています。
犬の健康を考えれば、安い餌よりもそこそこいい餌を与えたいですよね。

通常のドッグフードを与える付ける場合、一月にかかるエサ代は5,000~7,000円かかると考えられます。

おやつ代を含めると更に多くなり、年間で約10万円以上かかります。

医療費

生まれたばかりの子犬であれば母犬からもらった母乳に含まれる抗体によりある程度の疾患に抵抗できますが、成犬になるに連れて様々な病気にかかりやすくなります。

予防だけでフィラリア、狂犬病、ジステンパー、混合ワクチン、ノミ・ダニ予防などあり、その中でも狂犬病予防接種は義務化されています。

骨折や出血などのケガ、胃炎や持病などの病気にかかれば更に治療費がかさみます。

犬用の医療保険があり、利用すれば突然の手術などで慌てず医療費を安くできますがペット保険は年間2万円前後費用がかかります。

消耗品

犬用のケアグッズといえば、ブラシやコームと言った被毛を整えてあげる器具から、散歩のためのリード、首輪、ハーネスがあります。

室内ではペット用のトイレシートは必ず必須で、犬を洗うときのシャンプーも専用のものが必要になります。

遊ぶときのおもちゃなども、柴犬はよく噛み顎の力も強いので壊れたりしますので、消耗品としてカウントしましょう。

こちらも買うものによりますが、年間で3万~5万円程かかります。

その他

柴犬は短毛の犬種のため毛のトリミングは必要はなく、毎日のブラッシングで十分なのですが、月一回を目安にシャンプーをする必要があります。

自宅の場合はシャンプー代、家でシャンプーできない場合はペットサロンに依頼する必要があります。

ペットサロン代は場所によってピンキリですが、1回5000円程度必要になります。

旅行する際に柴犬を預けるペットホテル、ドッグランの有料利用、健康のためのサプリメントなどの費用がかかります。
年間出かかる費用は少なくとも20万円と見積もりましょう。

すべて合わせた生涯かかる費用

上記すべての費用を考慮し、柴犬の一生で計算をします。

どれだけ生きるかによりますが、柴犬の平均寿命から15年生きたとして計算すると少なくとも約300万円程費用がかかると考えましょう。
高齢になりシニア犬になると、ケガや病気になりがちなので動物病院へ通院することが多くなります。
医療費も多くなり、最後お別れのときには火葬の費用も考える必要があります。

まとめ

人間で、子供ができると生涯かかる費用は数千万円なんて話をよく聞きますが、犬の場合でも同じく費用がかかります。

柴犬を飼う際にはこの生涯かかる費用を踏まえた上で、責任を持って最後まで面倒を見てあげることができるのか考える必要があります。

生涯かかる費用を見て、高いと感じるのか、一緒に暮らしてかけがえのない思い出ができるのに値段なんて関係ない!と思うのか、よく考えて飼うようにしましょう。
 

関連する記事