柴犬のたぬき顔、キツネ顔|子犬の見分け方について

柴犬のたぬき顔、キツネ顔|子犬の見分け方について

柴犬のたぬき顔、キツネ顔というのをご存知でしょうか?
町中で柴犬を見ていると顔の形やタイプが様々あるのがわかります。

顔が丸くてマズルが短い「たぬき顔」マズルが長くシュッとした顔立ちの「キツネ顔」といったように、柴犬の見た目を2種類の呼び方で分けています。
「たぬき顔」「キツネ顔」は、見た目だけでなく、祖先と成長の意外な関係があったので紹介します。

たぬき顔の特徴

現在の一般的な柴犬タイプと言われる「たぬき顔」は、頬が丸く貼っている丸顔で花も丸く、額から鼻先にかけてのマズルが短いことが特徴的です。

顔の見た目が子犬の頃から成犬になってもあまり変わらないことから、近年人気の上がっているタイプの顔です。

キツネ顔の派生タイプと考えられており、「新柴犬」や「弥生柴犬」と呼ばれています。

岐阜県の地犬である「美濃柴犬」がたぬき顔のタイプに親しいです。

たぬき顔で有名な柴犬は、海外で「doge」というミームで有名な「かぼすちゃん」です。

柴犬の絶滅の危機を救ったとされる日本犬保存会はこの「たぬき顔」を推薦しています。

身体的特徴

筋肉質で骨格がしっかりしていて、首が太く、全体的にガッシリとした出で立ちをしています。

がっしりしていながらもキツネ顔の柴犬に比べると小さい個体が多く、体長が短く、体重も軽めです。

キツネ顔の特徴

昔は一般的な柴犬のタイプだった「キツネ顔」は、マズルの長い面長で歯が大きく、額から鼻筋にかけてラインが浅いのでシュッとした印象です。

今いる柴犬の中では「信州柴犬」がキツネ顔に近いタイプとされています。

姿勢もよく見えイケメンと比喩されている程スタイリッシュな見た目に惚れ込む飼い主は多く、実際にコーチやサルヴァトーレフェラガモなどハイブランドのモデルに起用された「ボディくん」も、キツネ顔の柴犬です。

柴犬保存会は「キツネ顔」を推薦していて、日本犬保存会とは違う意見があるようです。

身体的特徴

身体は細身で全体的にスタイリッシュですが、たぬき顔のタイプより体長が長く身体も大きいので、体重も少し重い事が多いです。

ワイルドな見た目からわかるように、オオカミに近い特徴を持っており、骨格が縄文時代の遺跡でに発掘された「縄文犬」とそっくりな裏付けもされています。

顔のタイプは成長で変わる

たぬき顔だった柴犬がキツネ顔になったなど、柴犬の顔のタイプは成長するに連れて変わることがあります。

多くは子犬から成犬になる過程で変化するようで、本来持っている顔のタイプが成長の変化であらわになるということが考えられます。

特に子犬の頃はほとんどが丸顔なので、たぬき顔からキツネ顔に変化したと言う事例が多く存在します。

子犬の見分け方

犬を最初に飼うときは子犬を迎え入れることが多いと思います。
自分はたぬき顔が良いと思っても子犬の頃はほとんどがたぬき顔なので、成長するまで本当の顔のタイプがわかりません。

そこで子犬の時期にたぬき顔かキツネ顔か見分ける必要があります。

ブリーダーで見分ける

たぬき顔やキツネ顔を子犬の時に見分けるためにはペットショップではほぼ不可能です。

顔のタイプを見分けるにはその柴犬の系統や子犬の両親、祖父母を見させてもらったり、体の体調と育つ環境を事細やかに見て判断することができます。

特に重視するべきは血統で、信州柴犬にはたぬき顔が多く、美濃柴犬や縄文柴犬はキツネ顔が多いので、血筋を見ることが重要になります。

ブリーダーから柴犬を譲り受ける形式であれば上記のような判断材料が多く、子犬の顔タイプをより性格に見分けることができます。

オスにたぬき顔が多い

柴犬のオスにはたぬき顔が多いという話を聞いたことがありますでしょうか?

もちろん柴犬のメスにもたぬき顔が存在しますが、柴犬のオスはメスに比べて顎がしっかりしているので、たぬき顔に見られやすいことが理由のようです。

実際にオスのほうがたぬき顔が多いという数字の根拠はありません。

まとめ

柴犬の顔のタイプによって、体格まで違うことがわかりました。
柴犬保存会はキツネ顔推薦し日本犬保存会はたぬき顔推薦していますが、ショー出場など歯問題ないようです。

自分の好みの顔タイプを見つける確立を上げるためにも、ブリーダーから購入するようにしましょう。

関連する記事