トイプードルのカットについて|トリミングスタイルの種類、カットスタイルをご紹介

トイプードルのカットについて|トリミングスタイルの種類、カットスタイルをご紹介

トイプードルは抜け毛が少ない人気の犬種ですが、その被毛はくせ毛で伸び続ける性質のため定期的にカットが必要になります。

犬の毛のカットは「トリミング」と呼ばれ、トイプードルにとっては健康維持や手入れが行いやすくなる利点があります。
そしてトイプードルのトリミング最大の魅力は、カットの種類が豊富なことが挙げられます。

皆さんに馴染みのあるテディベアカットはぬいぐるみのような可愛らしい見た目になるため、一番人気のカットです。

今回はカットの種類をいくつか紹介、トイプードルのトリミングのメリット・デメリット、カットとトリミングの違いをまとめました。

カットとトリミングの違い

カットとトリミングは同じ意味です。

トリミングは犬の身体を清潔に保つための全身のお手入れ「グルーミング」の一環のひとつです。
一般的には毛のカットの総称を「トリミング」、切る形(スタイル)の名称や動詞には「カット」と用いられることが多いです。
例えば「トイプードルのトリミングで人気なのはテディベアカットです。お好みのカットはございますか?」と使われます。

トイプードルのトリミング

トイプードルは毛が伸び続けるのが特徴の犬種で、放って置くとどんどん被毛が伸び続けます。
トイプードルにとって毛のカット、トリミングは重要な意味があります。

清潔な状態を保つ

適度な毛の長さにカットはすることで、散歩へ出たときの土や草などの汚れ、部屋のホコリやゴミなどが付着しにくくなるので清潔な状態を保つことができるようになります。
カットする部位によっても変わり、口周りの毛はエサの残りカスがつきにくくなる肛門周りの毛は便や尿がつきにくくなります。

健康面、健康維持

毛足が長いとノミやダニがつきやすく、熱がこもり蒸れやすいので結果、皮膚病や痒みが起こりやすい」など問題が起きやすくなります。

お手入れが楽になる

トイプードルの被毛はくるくるとカールしているので毎日のブラッシングは欠かすことができません。
毛足を短くすることによってブラッシングの負担が軽くなり、日々のお手入れが楽になります。

見た目、ファッション性

トイプードルのトリミングの醍醐味といえばその見た目とファッション性です。
可愛らしいカットから奇抜なカットまで、毛の長いトイプードルの犬種だからこそ豊富なバリエーションのトリミングで個性を主張することができます。
さらに1ヶ月~3ヶ月もすれば毛も長くなるので、短い周期で色々な姿を楽しめることができます。

トリミングの種類

トイプードルのカットスタイルは他の犬種と比べ豊富に存在します。

カットスタイルによって別の犬のように見えるほど、見た目が変わります。
トリミングサロンの場所によってはオリジナルのカットスタイルも用意しているので、カットする前の参考にしてください。

テディベアカット

くまのぬいぐるみのような人気カット
毛足を短くするので毛玉ができにくく手入れが簡単。
口周りの毛を多く残すので食べ物が付着しやすいのでこまめに拭いてあげる必要がある
毛量が多い個体や洋服を着させるにはおすすめのカットスタイル

アフロカット

アフロヘアーのように顔や体周りを丸くもこもこさせるように切るカットスタイル
毛量が多い個体がより映える

ピーナッツカット(ムスタッシュ)

口周りの毛をボリューム上げすることで頭からマズルにかけて8の字シルエットになることからピーナッツカットと呼ばれる
口周りの毛を多く残すので食べ物が付着しやすいのでこまめに拭いてあげる必要がある
涙やけがきになる犬やマズルが長い犬におすすめなカットです。

モヒカンカット

頭の上(トップ)を残すようにして切るカットスタイル
活発で元気なイメージでオス犬に人気、モヒカンのボリュームと領域を調整できる

モヒカンファイヤー

モヒカンを背中までつなげたカット
赤いカラーリングで火を吹いているように見える

ビションカット

ビションフリーゼの見た目のように切るカットスタイル
ビションフリーゼのように白い個体におすすめのカット方法

リーゼントカット(リーゼントヘア)

頭の毛を前にだしたカットスタイル
見た目がちょいワルなのでオスに人気

おさげスタイル

耳の毛を長く残し、おさげのようにリボンをつけたりしてガーリーでおしゃれな印象のカットスタイル
メスにおすすめ、女の子らしさをエレガントに表現できる

ハートスタイル

毛量を生かしてハート型に毛を残すカットスタイル
主に足の付け根や背中にハート型を残す場合が多い
更にハート型の部分をカラーリングする場合もある

マイアミカット

しっぽ、足先に丸いぽんぽんとした毛を残すカット。セレブ感がある
マズル、手足が長い個体におすすめ

ブーツカット

ブーツのように足回りのボリュームを出すカット
足回りの汚れが目立つ

サマーカット

全体的に短くカットする短髪ショートスタイル
耳の毛だけ残すなどバリエーションは豊か

ラムクリップ(ラムカット)

ツルツルに剃るのは抵抗があるが、顔はスッキリにしたいカット
ハサミで5ミリ位の長さに顔をカット、口周りの手入れが楽

コンチネンタルクリップ(プードルカット)

ドッグショーなどに出場する際のスタイルで有名
顔と足に特徴的な剃り込みを入れる独特なカットスタイル
形の元になったのは水鳥猟の使役犬としてた頃、冷たい水の中に入る際に心臓や関節を保護するために残され、後は水の抵抗をなくすために刈られたのが始まり

トップノット

耳と頭の毛を伸ばしてリボンで結ぶスタイル。
ブラッシング必須だがふんわりとした女の子らしいかわいいカット

おパンツカット(ミツバチカット)

まるでおむつを履いているようなおしりを大きく見せるカットスタイル
ミツバチの膨らんだおしりにちなんでミツバチカットとも呼ばれる
歩くときにお尻が振られるので可愛いカット

恐竜カット

頭から背中に続き尻尾にかけて山のような凹凸を付けるカット
恐竜のような見た目から恐竜さんカットとも呼ばれる

サマーマイアミカット

マイアミカットをベースにもっと極端に短くした夏用カットスタイル
短髪にする部分を更に短いミリでバリカンカットする

ビーンズカット

ピーナッツカットよりもっと短いカットで、耳の毛も短めです。

お耳ふわふわカット

耳の毛量を最大限に活かしたカットで、柔らかい印象があります。

べトリントン

ベドリントンテリアをベースにしたカットスタイルで体型がにているトイプードルだと特ににています。

羊カット(子羊カット)

全体的にもっこりさせたスタイルで、足首周りを羊の脚のように刈り込むカットスタイルです。

マッシュルームカット(きのこスタイル?)

頭と耳をつなげたようなキノコの傘に見えるスタイル

トップノット(ちょんまげ)

ちょんまげスタイルとよばれ、頭の上で結ぶスタイル
毛が少なく短くカットすると頭の毛が割れる個体でもできる、毛質を選ばないスタイル
1日1回は解いてブラッシングしないと毛玉になりやすい

アルパカ

牧場で人気を博した草食動物「アルパカ」に似せたカットです。
カットした姿はアルパカそのもので、犬らしい印象がほぼないくらいインパクトがあります。

足裏カット

ほとんどのサロンでは、どのカットをする場合でも足裏の毛をカットしてくれます。
表では見れませんが、肉球に埋もれる被毛をカットします。
フローリングなどでの滑り防止に役立ちます。

トリミングの注意点

毛のカットはトイプードルにとって必要不可欠なものですが、メリットばかりではありません。

カットのやりすぎに注意

サマーカットやコンチネンタルクリップのような数ミリの刈り込みは、トイプードルにとって決していいものではありません。

犬の皮膚は人間と違い毛で皮膚を守っています。
そのため角質層が薄いため紫外線などの強い光の影響を受けやすいので、日焼けによる水ぶくれや皮膚病などを症状を起こします。
真夏など日差しの強い日や対して冬のような寒い日などは毛足を極端に短くするのはリスクです。

どうしても極端に短いカットをさせたい時は、時と場合を見て服を着せるなどの対策が必要になります。

毛質が変わってしまう場合がある

短くカットするとその犬本来の毛質が変わる場合があります。
よく言われるのがバリカンで刈った以降、毛質が固くなるなどの話があります。

しかし、科学的根拠がないため明確には言えません、
皮膚に傷などダメージを与えてしまうと、その部分の毛が固くなることがあるそうです。
成犬になる過程で毛質が固くなるタイミングと重なるといったことも要因にありそうです。

サロンは慎重に選ぼう

自分でトイプードルのカットを行うことは可能ですが、やはりプロのカットをお願いしたいところです。
しかし、トリミングサロンの店員は全てが犬の扱いに長けているわけではなく中には犬を雑に扱ったり、ハサミでのケガをさせてしまう可能性があります。
更に使用するシャンプーも犬に優しくない安物を使ったりなどもあるようなので、トリミングサロンは慎重に選ぶようにしましょう。

顔の部分のカットは難しく技術を要するので、顔カットだけは信頼できるプロにお願いするのが望ましいです。

体型や毛の長さに合ったトリミング

同じトイプードルでも体格や足の長さ、顔の形、毛質、毛の長さがそれぞれ違います。
すこし脚が短かったりマズルが短かったり、一般的には欠点と呼ばれる箇所を生かしたトリミングも数多く存在します。
トリミングを行っているプロのトリマーに相談して自分のトイプードル似合ったカットスタイルを見つけましょう。

まとめ

トイプードルのトリミングは飼う上で必要です。
カットスタイルにはそれぞれ意味があり、種類も豊富だということがわかりました。
自分のトイプードルにあったトリミングを見つけてください。
 

関連する記事