コーギーを飼いたい!コーギーの値段相場について

コーギーを飼いたい!コーギーの値段相場について

コーギーは愛嬌のある顔立ちや特徴的な胴長短足体型が人気の中型犬です。

コーギーを飼いたいと考えた時、値段相場が気になる方も多いのではないでしょうか?
今回は、コーギーの値段相場やカーディガン種、ペンブローク種における値段の差、価格が安い理由などについてご紹介していきます。コーギーを飼いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーギーの値段と相場について

ペットショップやブリーダーからお迎えする場合のコーギーの値段相場についてご紹介します。
また、オスとメスでは価格に違いがあるかも合わせて見ていきましょう。

コーギーの値段相場

一般的にペットショップやブリーダーからコーギーをお迎えする場合、値段の相場は10~20万円前後です。
ただし、ペットショップの場合はその時に人気が高い毛色や顔立ち、月齢の若さなどによって値段は変わります。

また、ブリーダーから迎える場合は、血統が犬種のスタンダードに近いかどうかによっても価格は大きく変わります。
チャンピオン犬の血統のコーギーであれば、相場よりも高く30万円以上の価格が付いている場合も珍しくありません。

オスはメスより流通数が多くなるため安い傾向

性別によっても値段相場には差が出る場合があります。
メスは子犬が産めるため、コーギーを繁殖させているブリーダーはメスを流通させずに一定数自分のところに残すケースも珍しくありません。

したがって、自動的にオスよりもメスの流通数が少なくなるため、価格が高くなります。
オスの子犬は流通が多くなり、価格はメスよりも安い傾向があります。飼いたい性別が決まっている場合、この点も覚えておくと良いでしょう。

コーギーはカーディガン種、ペンブローク種で値段に差はある?

コーギーと一言で言っても、カーディガン種とペンブローク種の2種類に分かれています。
どちらもイギリスのウェールズで生まれた犬種ですが、それぞれ違ったルーツや歴史を持っています。
カーディガン種とペンブローク種で、値段の差はあるのでしょうか?

カーディガン種とペンブローク種の値段相場と違い

日本で一般的に飼われているコーギーは、そのほとんどがペンブローク種です。
ペンブローク種の値段相場は10~20万円前後になります。

カーディガン種の値段相場は20~30万円程度とペンブローク種よりも高いケースが多いです。

ペンブローク種の方が安い理由

日本で広く流通しているコーギーはペンブローク種で、流通が安定しているので相場も安いです。

カーディガン種は国内では流通が非常に少なく、ほとんど見かける機会がありません。
そのため、カーディガン種の方が相場は高くなります。

また、カーディガン種を飼いたい人で、国内で見つけられない場合は、輸入でお迎えするケースもあります。
そうなると、輸入の値段相場は40~50万円程度と、さらに高くなります。

赤ちゃんを飼いたい場合は改正動物愛護法に注意

コーギーのお迎えを検討している人の中には、赤ちゃんに近い子犬から飼いたいと考えている人もいるでしょう。
その場合、注意しなければならない点についてご紹介します。

生後8週目(56日間)までは生体販売は禁止

2019年6月19日に、「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が交付されました。
改正動物愛護法と呼ばれるこの法律では、犬や猫の生体販売は生後56日を経過するまで規制すると定めています。

改正前は生後49日までが規制対象であり、50日齢から販売可能でした。
改正後は一週間規制期間が延長されたことになります。もともと欧米では、生後8週まで子犬が親犬の元で一緒に過ごすことを法律で定めている国も一般的です。日本は子犬を売り出すのが早すぎるとの声も多くありました。

ペットショップなどの販売店が子犬を早く販売したい理由には、小さければ小さいほど見た目が可愛らしく、人気が高いため売れやすいといった事情も深く関わっています。

しかし、生後7週までは子犬が十分に社会適応できていなかったり、体調や免疫が不安定であったりといった問題も見られます。できるだけ赤ちゃんに近い子犬を飼いたいと考えている人は、そういった点についても頭に入れておくと良いでしょう。

生まれて間もない赤ちゃんほど価格は高くなる

コーギーに限らず、あらゆる犬種で生まれて間もない赤ちゃんほど価格は高い傾向にあります。

改正動物愛護法を考慮すると、生後8週で販売開始されたばかりの子犬は、値段が高いと言えます。

反対に、赤ちゃんから成長して大きくなるにつれて、値段は相場よりも安くなっていきます。安い値段でお迎えしたいという人は、ある程度成長したコーギーを選ぶと良いでしょう。具体的には、生後半年を過ぎると値段が下がっていく場合が多いです。

コーギーを適正価格でお迎えしよう

コーギーは、大きな立ち耳や愛嬌たっぷりの表情が人気の犬種です。

また、非常に運動神経が良く飼い主と遊ぶのが大好きな性格なので、運動好きな人は飼い主に向いていると言えるでしょう。
コーギーを飼いたい人は、今回ご紹介した値段相場や価格の違いなどをぜひ参考にして、適正価格でお迎えしましょう。

関連する記事