柴犬の色と遺伝|毛色カラーの人気と種類、変化、色が変わる理由

柴犬の色と遺伝|毛色カラーの人気と種類、変化、色が変わる理由

柴犬の毛色と言えば、茶色に顔から下、お腹や尻尾の裏まで白いツートンカラーの毛色が印象的ではないでしょうか?

ほかには黒色で麻呂眉模様の柴犬や真っ白な毛色などがあげられますが、柴犬の毛色はどれくらいの種類があるのでしょうか。

今回は柴犬の毛色に関する種類や性質、性格の違いなどをご説明します。

柴犬の毛色の種類

柴犬の毛色は主に4種類の毛色が存在します。

赤色(茶色)の被毛にタンや白が入ったの「赤柴」、黒色に白やタンの色が入り四つ目と飛ばれる麻呂眉の模様が入った「黒柴」、真っ白な色をした「白柴」、洋犬ではブリンドルとも言われる野性的なカラーで、赤茶白それぞれの色がまばらに入っている「胡麻柴」があります。

赤毛(赤柴)

赤毛の被毛をした柴犬を「赤柴」と呼び、柴犬の全体の8割はこの赤柴で、最もスタンダードな毛色の一つとして広く知られています。

赤毛はその名の通り赤色の被毛のことを指しますが、柴犬の赤毛は真っ赤な赤というよりも茶色に近い赤茶なのが特徴です。
狐のような淡く薄い茶色から濃い茶色まで幅広く存在しており、子犬の頃からきれいな赤色をしている場合は成犬になるにつれて白っぽく変化していきます。

赤毛の柴犬同士の交配を重ねると、世代が進むにつれて色素の薄い個体が生まれやすくなりだんだんと白に近づいてくるので、黒毛の柴犬と交配を混ぜることで色素の退化を補う必要があります。

柴犬の中で私達の知る赤色(血液や信号機に用いられるような)に最も近いといえば美濃柴犬の毛色です。
個体によってはまさに赤々とした毛色に成長します。

黒毛(黒柴)

黒色の柴犬は、全柴犬の1割程度ととても希少で柴犬の中でも少数な毛色になり、黒柴とも呼ばれます。

裏白と呼ばれる部分は白からタンカラーの濃淡が様々で、顔下からお腹にかけ尻尾の先まであり、それ以外の部分はすべて黒い毛に覆われています。
柴犬の黒色の毛は鉄錆色とも言われ、どちらかと言うと艶があるというよりは鋳物や砂鉄のようなマッドな黒々とした色を指します。

黒毛の特徴として眼の上にある眉の様な丸い斑点があり、はっきりと茶色や白色などの色が出ているものは「麻呂眉(まろまゆ)」や「四つ目(よつめ)」とも呼ばれ、見た目としても可愛らしく人気です。

まろ眉は黒毛だけのものではなく、赤毛の個体もよく見ると同じ位置に斑点がある場合があります。

白毛(白柴)

北海道犬のような純白色、真っ白な毛色のことを指し「白柴」とも言われます。

白毛の柴犬は黒毛よりも生まれる確率が低く、柴犬全体の1割未満とされています。

赤毛の色素が極端に薄くなった毛色と言われ、両親が赤毛の柴犬同士もしくは黒毛の柴犬同士だと生まれやすいです。

胡麻毛(胡麻柴)

赤毛、黒毛、白毛の特徴が均等に混ざっている毛色を「胡麻毛」といい、胡麻柴とも言われる毛色です。

被毛にはバランスよく均等に混ざった色合いが特徴で、柴犬の毛色の中でも最も珍しいカラーと言われています。

個体によって色の濃淡に違いがあり、名称もそれぞれ変わります。

赤毛の割合が多い場合は「赤胡麻」、黒毛の割合が多い場合は「黒胡麻」、白毛の割合が多い場合は「白胡麻」と呼ばれます。
成長の過程で遺伝子的に優勢と言われる赤毛に変化する場合があります。

人気の色

柴犬は近年、海外でも「SHIBA」と呼ばれるほど人気が高まっており、日本国内でも豆柴ブームで柴犬に注目が集まっています。
毛色による性格の変化はあまりないですが、日本犬特有の飼い主に柔順かつ他者には警戒心を怠らない気質は色濃く残っています。

1位 黒毛(黒柴)

柴犬の中で最も人気がでてきている被毛の毛色は黒色の黒柴です。

眼の上には「四つ目」「マロ眉」と呼ばれる丸い斑点があり、赤毛や白毛が顔の下部、胸、腹部、足先、尻尾下半分にかけてあり、その他の部分は鉄錆色と呼ばれる黒色で覆われています。

この「四つ目」「マロ眉」が顕著に見られるのが黒柴の特徴で、近年柴犬で流行りのたぬき顔であると、成犬でも子犬のような雰囲気を持った可愛らしい見た目になるため、人気がでてきました。

黒柴は柴犬全体の1割程度しか生まれない出生数である希少なカラーなので、通常の柴犬よりも値段が高く設定されています。

2位 胡麻毛(胡麻柴)

胡麻柴は赤色、黒色、白色がバランスよく混ざった毛色で、胡麻柴でも赤胡麻や黒胡麻などの濃淡の濃さ、耳の先や尻尾の先など一部だけ胡麻毛だったりと様々な種類が存在します。

柴犬の中では黒柴に並びなかなか見られない毛色なので、希少価値も相まってこちらも価格が高い柴犬カラーになっています。

3位 白色(白柴)

白柴はかつて1位になるほど人気のあった被毛カラーになります。

その火付け役は携帯キャリア大手のSoftBankのCMでお馴染みのお父さん犬カイくんの登場で一躍白色の被毛をした白柴が人気になりました。

お父さん犬は柴犬ではなく北海道犬なので、厳密に言えば違いますが、真っ白な柴犬はそれと見間違うほどにインパクトのある見た目です。

白柴は被毛全体が真っ白なものもあれば、頭や耳の一部に赤色が入っている個体など、バリエーションが多いのも魅力です。

4位 赤色(赤柴)

スタンダードな柴犬の被毛カラーの赤柴は決して人気がない色ではありません。

柴犬の全体の8割が赤柴なので、柴犬の中でも飼いやすい値段に設定されており、SHIBAとして海外に人気が出始めたことでスタンダードと認められる赤毛も人気の要因となっています。

4種類以上存在する情報

柴犬に上記の4種以外にも毛色が存在するという情報がありますが、それは呼び方の違いや雑種との間違いによるものがあります。

基本、柴犬のような日本犬には被毛の色を指す時ブラックやホワイトなどという言葉を使わず、黒や白といった和名を使用します。
例えば黒い被毛に白い裏毛があるの黒柴に関してブラック&ホワイトとは言わないように、黒柴と言います。
これを複数の言い回しで言うことによって4種類以上あると錯覚した可能性があります。

赤柴には濃淡が幅広く存在し、ブラウンやチョコレートに似た濃い色からベージュやクリーム、イエローといった幅の色を一括りに赤毛と呼んでいます。
赤毛の柴犬でありながら、その濃淡の差で言い回しを変えた業者がでたため、4種類以上あると勘違いした可能性があります。

純粋な柴犬ではなく雑種が混ざった場合も、4種類以外の毛色が発現されている可能性があります。

遺伝による色

犬の毛色は遺伝子で決まり、子犬の色は両親や祖父母の色によって左右されます。
毛色には劣性遺伝子と優性遺伝子が関係していて、優性遺伝子と劣性遺伝子の出現度合いによって毛色も変わっていきます。

赤毛の赤柴が多いのは赤毛が柴犬の被毛色の中で最も高い優性遺伝子に近いからかもしれません。

犬の白色は色素異常を指すアルビノと呼ばれるものが多く、劣性遺伝として位置づけられています。
柴犬の被毛の白色に関しては、眼が赤くない限りアルビノではないので一概に劣性遺伝子と言い切れません。

色の変化や脱色

柴犬を飼っていると成長するにつれ被毛の色が変化する場合があります。
変化には様々な理由が存在し、理由によって変化の度合いや色などが変わるようです。

遺伝

子犬から成犬に成長すると、毛の色も変化することはありませんか?
それは柴犬の遺伝によるものが強く、毛色が変化するというよりも毛色の本質が成犬になるとでてくるのが原因です。

換毛期

柴犬はダブルコートの被毛を持っており、寒い時期と暑い時期を乗り越えられるように毛の換毛期があります。
被毛が増量したり、減少したりすることで色の変化が起こります。

老化

犬も人間と同じように、年をとると毛艶がなくなり白髪が出るようになります。

犬の被毛にも白髪が現れるようになり、全体的に色が薄くなった印象を持つことがあります。

病気

毛色が一部分だけ変わる、脱色するなどが起きた場合は皮膚病など病気を疑いましょう。
病気によるメラニン色素の阻害なども考えられますので、変色した毛の根元や皮膚を見て、異常がないか確認し、病院で医師に見てもらうことをおすすめします。

まとめ

柴犬の被毛の色は大きく4種類と決められていますが、細かく見ると個体ごとに差があることがわかりました。

柴犬の殆どが赤毛の柴犬でその割合は全体の柴犬の約8割で、世の中の柴犬が殆ど同じ色をしていることがわかりました。
自分のお気に入りの柴犬の色をを見つける事ができるといいですね。
 

関連する記事