シーズーの寿命は何年?平均寿命とギネス記録について

シーズーの寿命は何年?平均寿命とギネス記録について

人懐こく、温厚な性格のシーズーは初心者でも飼いやすい、人気の高い小型犬です。
今回は、シーズーの平均寿命やギネス記録についてご紹介します。

寿命を延ばすために注意したい心臓病や皮膚病といった病気や、ケア方法なども解説しますので参考にしてみてください。

シーズーの寿命について

犬の最長寿命のギネス記録を持つオーストラリアンキャトルドッグのブルーイーは、29年5ヶ月という長い時間を過ごしたので何年もの長い間飼い主と暮らしを共にすることができました。

やはり犬を飼うならなるべく長生きしてほしいものですが、シーズーの寿命は何年くらいなのでしょうか?

シーズーの平均寿命

一般的なシーズーの平均寿命は13~15歳です。

犬全体の平均寿命は12~15歳と言われているので、シーズーは犬のなかでも平均的な寿命ですが、個体差や遺伝、生活環境や食習慣などにも影響されます。

また、シーズーのオスは体が大きくなりやすいので、オスよりはメスの方が長生きする傾向にあります。

日本国内の最長寿命

日本国内で確認されているシーズーの最長寿命は何年なのか気になる人もいるでしょう。ギネス記録にまでは及びませんが23歳で、これは人間に換算すると100歳を超えています。

シーズーは一般的に6歳を過ぎるとシニア犬、11歳を超えると高齢犬と区分されていることからも、23歳というのはかなりの長寿です。

シーズーは小型犬なので寿命は長め

シーズーの平均寿命は犬全体の平均寿命とあまり変わりませんが、これはシーズーが小型犬であることが大きな理由です。

同じ年数でも小型犬と大型犬では歳の取り方が違います。
例えば、生まれて10年経った時点で人間の年齢に換算すると、小型犬は56歳ですが、大型犬は75歳となり、19歳も違うのです。

当然、体の衰え方も19歳分違ってくるので、犬は体が大きくなるにつれて衰えが早くなり、寿命が短くなります。

シーズーの寿命を延ばすために注意したい病気

平均寿命よりも何年も長く生きるシーズーも多くいますが、シーズーには命に係わる、かかりやすい病気があります。心臓病といった危険な病気もあるため、寿命を延ばしたいと考えているのであれば、注意したい病気を事前に把握しておきましょう。

気管虚脱

気管虚脱とは、鼻や口と肺をつなぐ気管が何らかの原因で変形し、呼吸がしづらくなる病気です。息が荒くなり咳が出るなどの症状があり、異常な呼吸音がすることもあります。ひどくなると呼吸困難を起こすこともありますが、はっきりとした原因はわかっていません。

皮膚病

被毛が柔らかいシーズーは、被毛が皮膚を覆ってしまうため皮膚が蒸れやすく、カビなどが原因のマラセチア皮膚炎や脂漏性皮膚炎を起こしやすい犬種です。症状はフケや皮膚のベタつき、皮膚の強いかゆみなどがあります。皮膚病やシーズーのストレスにも関わるので皮膚病に罹った際には早めに治療を開始しましょう。

心臓病

心臓病は命に係わる怖い病気です。シーズーは僧帽弁閉鎖不全症という心臓疾患を起こしやすいです。僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓内の血液の逆流を防ぐ4つの弁のうち、1つの弁がうまく閉じなくなってしまう症状で、シーズーのほかにもチワワやトイプードルなどの小型犬が発症しやすい心臓病のひとつです。

日々のケアで寿命を延ばせる

場合によっては命にも係る、シーズーの病気に対して、何か良い手立てはないのでしょうか?

病気を未然に防ぐ日々のケアをご紹介します。

ブラッシングをこまめにして皮膚疾患を予防

シーズーは長い被毛が優雅で美しいシルエットを生み出す犬種ですが、皮膚の健康を維持するためにはこまめなブラッシングが欠かせません。

理想としては毎日、最低でも週に3回は丁寧なブラッシングが推奨されています。

櫛を入れることで皮膚を清浄に保つのはもちろん、皮膚に異常がないか、骨や内臓に異常がないかなどもつぶさに観察することも肝要です。

室温管理を徹底する

はっきりとした原因はわかっていませんが、気管虚脱は高温多湿が原因のひとつではないかと推測されています。高温多湿の生活環境は気管虚脱以外にも、熱中症や呼吸器系に大きな負担がかかります。

小型犬のシーズーは人よりも床に近い位置で生活しているため、人と体感温度が違います。シーズーの目線に立って室温の管理を徹底しましょう。

寿命を延ばすためにもシーズーの病気に気を付けて長生きさせよう

平均寿命は15年ほどのシーズーですが、飼い主のケア次第でギネス記録までとは言えませんが長くも短くもなります。

こまめなブラッシングは皮膚病を未然に防ぎ、体の異常を発見できるだけでなく、愛犬とのコミュニケーションの手段にもなります。
丁寧に行うことで意思疎通しやすくなり信頼関係を築くことにもつながるので、毎日欠かさず行いましょう。

少しでも室温が高いと感じたらこまめにエアコンをつける、風向きを調整するなど工夫してシーズーの負担にならないような生活空間を心掛けることも長生きのポイントになります。
例え平均寿命に近づいても何年もの間、一緒に過ごせるよう参考にしてみてください。

関連する記事