フレンチブルドッグの値段は他犬種よりも割高?フレブルの相場と値段や色の違いについて

フレンチブルドッグの値段は他犬種よりも割高?フレブルの相場と値段や色の違いについて

フレンチブルドッグは国内でも人気の高い中型犬です。

フレンチブルドッグの子犬は、他犬種の相場と比較して値段が高いという特徴があります。

今回は、フレンチブルドッグの値段が高い理由について探っていきましょう。
どんなフレンチブルドッグが高いのか、また安い場合の注意点などもご紹介します。

フレンチブルドッグの値段が高い理由

フレンチブルドッグの値段が高い理由はいくつか挙げられます。

フレンチブルドッグの値段相場や子犬の値段傾向についても見ていきましょう。

フレンチブルドッグの値段相場

フレンチブルドッグの値段相場は、25~35万円程度です。

中には40万円以上で販売しているペットショップやブリーダーも多くあります。
血統が良い子犬では50万円程度の値段になる場合もあり、価格の相場が広いのも特徴と言えるでしょう。

フレンチブルドッグは交配が難しい犬種なので値段が高い

フレンチブルドッグの値段相場が高い傾向にあるのは、他犬種に比べて交配が難しいからです。

フレンチブルドッグは元々、ブルドッグに品種改良を加えて作出された犬種で、自然分娩が難しいと言われています。

子犬の頭が大きいことから、出産の際には帝王切開で子犬を取り出す場合がほとんどです。
そのため、自然分娩よりも出産コストが高くなり、高い値段が付けられる傾向があります。

また、他犬種よりも一度に生まれる子犬の数が少なく、流通数も少ないことも値段が高い一因です。

子犬は月齢が若いほど高くなる傾向

フレンチブルドッグだけではなく、産まれた子犬は月齢が若ければ若いほど値段が高くなります。
反対に、売れ残ってある程度成長した子犬は、最初に付けられていた時よりも安い値段が付くようになります。

フレンチブルドッグの毛色によっても値段相場は変わる

フレンチブルドッグの値段相場は毛色によってもやや違いがあります。
毛色の種類や、値段が違う理由について見ていきましょう。

フレンチブルドッグの毛色は4種類

フレンチブルドッグの毛色は、ホワイト、フォーン、ブリンドル、パイドの4種類があります。ホワイトは単色の白ですが、ややクリームがかった色をしています。フォーンは茶系のカラーで、個体によって毛色の濃淡に幅があります。

ブリンドルは黒色をメインカラーに、ホワイトや褐色系のカラーが混じっている毛色です。まだらや縞模様のように見えるのが特徴です。色の組み合わせによって、ブラックブリンドルやタイガーブリンドルなど別の呼び方になる場合もあります。パイドはホワイトベースでブリンドルかフォーンの差し色が入っています。

パイドは希少な色なので値段が高い

4種類の毛色の中でも、パイドは頭数が一番少なく希少なカラーなので値段が高いです。また、ホワイトも人気が高く、値段が高いです。パイドやホワイトなど、白いカラーが入ったフレンチブルドッグが人気の傾向があります。

安いフレンチブルドッグには要注意

フレンチブルドッグの値段相場が高いからといって、安いフレンチブルドッグをお迎えするのはあまりおすすめできません。フレンチブルドッグに限らず、犬が相場よりも安い場合には必ず理由があると考えられるからです。

安くなる理由は様々

フレンチブルドッグが安くなる理由は様々です。例えば、犬種のスタンダードから大きく外れてしまっている、公式に認められていないミスカラーである、標準サイズよりも大きいまたは小さい、顔立ちが良くないなど様々です。

血統にこだわらなければ問題ないという点もありますが、中には持病を持っていたり性格に問題が見られたりといった理由で値段が下がっているというケースも考えられます。

病気持ちで安くなっている可能性も

犬種のスタンダードからやや外れている場合や見た目が原因の場合は、飼い主のこだわりがなければ特に問題ないという面もあります。
しかし、値段が相場よりかなり安い場合、中には持病を持っていたり、性格や行動に問題が見られたりといった理由で値段が下がっているというケースも考えられます。

購入する時に多少安い値段でも、持病があれば育てる上で病院代などの医療費が高額になってしまいます。

初期費用だけに目を向けず、長い目で見て総合的に判断するのが良いでしょう。

ブリーダーは、フレンチブルドッグの血統やスタンダードを守るためだけでなく、健康状態も充分に考慮して先天性疾患のリスクが高まらないように管理しつつ繁殖させています。健康なフレンチブルドッグをお迎えするには、優良なブリーダーを探すのがおすすめです。

フレンチブルドッグを適正価格でお迎えしよう

フレンチブルドッグが他の犬種よりも値段が高い理由についてご紹介してきました。

フレンチブルドッグの中でも、毛色や月齢、血統、先天性疾患の有無など様々な理由で値段は異なります。

あまりにも相場から外れて安いフレンチブルドッグには注意しつつ、かわいいフレンチブルドッグを適正価格でお迎えしましょう。

関連する記事