ポメラニアンの毛色で茶色が人気?茶色ポメの魅力についてまとめ

ポメラニアンの毛色で茶色が人気?茶色ポメの魅力についてまとめ

ポメラニアンは、くりくりの目やふんわりとした独特の被毛が愛嬌たっぷりの小型犬です。

ポメラニアンの毛色はたくさんありますが、中でも茶色の子犬はまるでたぬきのように見えると人気が高まっています。
今回は、茶色のポメラニアンの魅力や値段相場などについてまとめてみました。

ポメラニアンは毛色の種類が豊富な犬種

ポメラニアンの毛色の種類は、JKCに公認されているカラーだけでも10種類以上あります。
また、2色の組み合わせであるパーティーカラーを合わせると、さらに種類は多くなります。

選べる毛色が多いのも、ポメラニアンが人気を集めている理由です。それぞれの毛色の特徴を簡単にご紹介しましょう。

  • ブラック
  • ブラウン
  • チョコレート
  • レッド
  • オレンジ
  • クリーム
  • オレンジセーブル
  • ウルフセーブル
  • ビーバー
  • ブルー
  • ホワイト
  • パーティーカラー
  • ブラックタン

ホワイトやクリーム、オレンジなどは、ポメラニアンの定番カラーです。

ふんわりした被毛に毛色の印象が加わってより柔らかい雰囲気に見えます。ブラックは海外人気の高い単一のカラーです。
黒をベースとして褐色の毛色が加わるとブラックタンとなりますが、日本では非常に希少なカラーです。

パーティーカラーは基本の被毛をホワイトとし、レッド、チョコレートなど差し色が入っている2色の毛色を指します。

パーティーカラーにも様々な色の組み合わせがあります。
毛先に黒い差し色が入ったウルフセーブルも珍しい毛色ですが、赤ちゃんの頃はウルフセーブルでも、成長するにつれて退色していく子が多くいるのが特徴です。

茶色よりも薄いカラーであるチョコレートや青みグレーのブルー、薄いベージュのビーバーなども、国内では非常に希少です。ビーバーは、イザベラと呼ばれることもあります。

茶色のポメラニアンはたぬきに見える?

ポメラニアンはふわふわと全身を覆う被毛も特徴の1つです。茶色のポメラニアンは、まるで犬ではなくたぬきのように見えるという声も多くあります。実際に、茶色のポメラニアンの散歩中に、見知らぬ人からたぬきと勘違いされたというSNSの投稿が大きな話題を集めました。

たぬき以外にも、近所の人からに小熊を飼っているのかと勘違いされるという茶色のポメラニアンもいます。ほとんどのカラーのポメラニアンは犬らしく見えるのに、茶色のポメラニアンはたぬきや小熊など、他の動物にも間違えられやすい見た目と言えるでしょう。

茶色のポメラニアンの値段相場

ポメラニアンの毛色による値段相場を見ていきましょう。ポメラニアン全体の値段相場から、どのような場合値段が高くなるのかまでご紹介します。

ポメラニアンの値段相場

ポメラニアン全体の値段相場は、15~30万円程度です。毛色によってもやや値段に違いがあります。茶色のポメラニアンは、20~40万円程度です。

ペットショップなどでは人気の毛色であるホワイトやレッド、オレンジなどの値段を高くするところもあります。性差によっても値段にやや違いはあり、オスよりもメスの方が高くなりやすいです。

希少な毛色や血統、子犬の場合は赤ちゃんだと値段が高くなる

ポメラニアンの毛色の中でも特に希少なチョコレートやブルー、ビーバーなどは繁殖が難しいため他の毛色と比べて価格が高騰する傾向があります。

また、ドッグショーに出場するような血統良い親犬から生まれた子犬も、価格は相場よりかなり高いです。

ポメラニアンに限らず、子犬の場合は月齢が若く、赤ちゃんに近いほど値段が高くなります。反対に、赤ちゃんから成長して成犬に近づくほど、販売価格は元の値段より下がっていきます。

茶色のポメラニアンはたぬきや子熊にも見えると人気

ポメラニアンはJKCの国内飼育頭数調査でもトップ5に入るほど人気の犬種ですが、バリエーション豊富な中から自分の好きな毛色を選べるのも大きな魅力です。

最近は茶色のポメラニアンの子犬も人気が高まっています。
茶色のポメラニアンは、見た目がまるでたぬきや子熊のように見えるという他の毛色にはない独特な可愛らしさが多くの人の心を掴んでいます。茶色のポメラニアンが気になっている方は、ぜひお迎えしてみてください。

関連する記事