ヨークシャーテリアのしつけ方!噛む、吠えるは子犬のうちにしつけよう

ヨークシャーテリアのしつけ方!噛む、吠えるは子犬のうちにしつけよう

ヨークシャーテリアは、長年ヨーキーという愛称でも親しまれている人気の小型犬です。
ヨーキーはテリア気質を持ち、自己主張が強い一面があるため飼い主がしつけを行う際に苦労する面もあります。

今回は、ヨークシャーテリアはいつからしつけを始めるべきか、無駄吠え・甘噛みなどに対するしつけ方、トイレトレーニングやおすわりのポイントについて解説していきます。

ヨークシャーテリアのしつけはいつから始めるべきか

ヨークシャーテリアのしつけは、いつから始めるのが望ましいのでしょうか?

しつけ開始は早いほど効果がある

ヨークシャーテリアに限らず、子犬のしつけ開始時期は早ければ早いほど効果的です。
いつから始めるべきかという疑問に対しては子犬を自宅にお迎えしたその日から始めるのが望ましいです。

自宅に来たばかりのヨーキーは、新しい環境の中で様々な情報を吸収しています。
そのため、できるだけ早くしつけを始めて人と暮らすための習慣を定着させ、環境に慣れさせることにもつながります。

特に社会化期のしつけは重要

特に、月齢3~12週までの期間は、犬における「社会化期」と呼ばれています。

この社会化期に経験したことや交流した人、耳にした音などは、成犬になってからの性格に大きな影響を与えます。

社会化期に家の中ばかりにいると、他人や他の犬、物音などに対して臆病で警戒心が強く、人間社会に対して不適応な性格になりやすいです。お迎えしてからすぐの時期にあたる社会化期には、積極的に外へ連れ出すように心掛けましょう。

また、社会化期には全身に触れられるのを慣れさせる練習も必要です。体に触れられ慣れていないと、病院へ行った時やトリミングする際に苦労します。しつけの一環として、飼い主だけでなく、多くの人に触れてもらうようにすると良いでしょう。

ヨークシャーテリアが噛む、無駄吠えをする場合のしつけ方

ヨークシャーテリアはテリア気質の犬で、やや気性が荒く噛み癖などが付きやすい傾向があります。
ヨーキーが噛む、無駄吠えをする際のしつけ方を見ていきましょう。

甘噛みや無駄吠えをしたら徹底して無視が基本

ヨークシャーテリアが甘噛みや無駄吠えなどをしていたら、基本的に無視してしつけを行います。
子犬の時期には特に、飼い主にかまってほしいという気持ちから噛むケースも多いです。

そこで反応してしまうと、噛むとかまってもらえると間違った学習をしてしまいます。

無駄吠えの時も同様です。ヨーキーが何もないのに吠えるのは要求吠えの場合も多く、毎回反応していると、吠え癖がついてしまいます。ただし、噛む場合は無視する前に、「痛い」「ダメ」などと低い声を発するのもしつけに効果的です。

一貫性のあるしつけ方が大切

甘噛みや無駄吠えをやめさせるには、毎回一貫したしつけを行うことが大切です。
日によって怒られたり怒られなかったりすると、ヨークシャーテリアは混乱してしまいます。
家族間でもしつけ方法を統一すると、賢いヨーキーはしつけを学習しやすくなります。

悪癖が酷い場合は専門家に相談する

子犬期のしつけを上手く行えず、ヨーキーが成犬になってからも噛んだり無駄吠えを繰り返したりする場合は、専門家に相談がおすすめです。正しいトレーニング方法やしつけのアドバイスをもらい、実践すると良いでしょう。

ヨークシャーテリアのトイレトレーニング

子犬期にはトイレトレーニングも重要なしつけの1つです。
しつけのポイントをご紹介します。

トイレトレーニングの方法

まず、ヨークシャーテリアがトイレをしたがるまで、ハウスの中で自由に過ごさせます。
ヨーキーがトイレをしたそうになったら、ハウスからトイレへと誘導します。トイレへ来たヨーキーがそのまま排泄したら、褒めたりご褒美をあげたりしましょう。

もしトイレへ来ても排泄をしなかったら、ハウスに戻して様子を観察し、トイレをしたそうな行動をした時に再び誘導します。
それを繰り返してある程度定着させたら、少しずつヨーキーが自分でトイレに移動するように仕向けます。

自発的にトイレへ向かい、失敗もなく排泄できるようになった段階で、トイレトレーニングは完了です。

2~3週間を目安に定着させる

トイレトレーニングを身に付けさせる期間は、2~3週間を目安にしましょう。
トレーニングを始めてから、遅くても1ヶ月以内には定着させるようにします。

1ヶ月以上経っても身に付かない場合は、専門家に相談するのがおすすめです。

しつけ期間はしっかりと見守ることが大切

トイレのしつけ期間は、ヨークシャーテリアをしっかり見守ることが大切です。

トイレトレーニングが完了するまでは、トイレ以外の場所で排泄してしまうケースもよくあります。

飼い主がすぐに気付いて処理しないと、トイレ以外の場所での排泄が定着してしまう場合もあるため、注意が必要です。
また、見守るのと同時にトイレを落ち着いた環境でさせてあげるのも重要です。

おすわりのしつけ方と注意点

ヨークシャーテリアにおすわりを教える方法と注意点をご紹介します。

おすわりのしつけ順

おすわりのしつけは、順序立てて分かりやすく行うのが重要です。
まずばフードを片手に握り、ヨーキーに匂いを嗅がせます。

フードの存在を匂いで仄めかしつつ、はっきりとは見せないようにします。

フードを握っている片手にヨーキーの意識を集中させたら、そのまま上に手を持って行き自然とおすわりの状態になるようにしてください。
ヨーキーのお尻が完全に床についた姿勢になったら、言葉で褒めながら片手に握っていたフードを食べさせます。

この時、ヨーキーにおすわりの姿勢を保たせながら食べさせたり、褒めたりするのが大切です。以上の流れを何度も繰り返し、スムーズにできるようになったら、最初に匂いを嗅がせる前に「おすわり」と掛け声をかけます。

そのうち、フードの匂いを嗅がせなくても「おすわり」という言葉だけで座れるようになったらしつけ完了です。

ごほうびは何種類も用意すると良い

しつけの際、毎回フードを与えていると、フードをもらうことが目的になってしまい、フードが無い時はおすわりに応じてくれないケースもあります。
そのため、フード以外にも褒め言葉やおもちゃなど、ごほうびを何種類か用意して使い分けるのがおすすめです。

おすわりは興奮を鎮める有効な手段でもある

おすわりは犬の安全のためにも有効なコマンドです。ヨークシャーテリアが興奮したり、ケンカになったりした際にも、おすわりをしつけ済みだと興奮が収まりやすくなります。
愛犬の危機回避の手段としても、おすわりを早めに定着させましょう。

しつけが不安な人は、ブリーダーが最低限しつけ済みの子をお迎えする手もある

ヨークシャーテリアは性格的な難しさもあり、しつけに手こずってしまう飼い主もいます。
自分で行うしつけに自信がない人は、ブリーダーがあらかじめしつけ済みの子をお迎えするのもおすすめです。

月齢がやや高めの子は、既に社会化期を終えてしつけ済みの場合もあるため、ブリーダーに相談すると良いでしょう。

関連する記事