柴犬は大きく見えるけど小型犬!なぜ柴犬は小型犬と分類されるのか調査しました

柴犬は大きく見えるけど小型犬!なぜ柴犬は小型犬と分類されるのか調査しました

柴犬は、日本犬の中でもペットとして人気の犬種です。

柴犬は他の小型犬に比べるとややサイズが大きく見えますが、小型犬に分類されています。
今回は、柴犬のサイズや種類、特徴などについて解説していきましょう。

柴犬が小型犬か中型犬かは意見が分かれる

JKC(ジャパンケネルクラブ)では正式な犬種によるサイズ規定を定めていないため、柴犬が小型犬か中型犬かというのは、実際には時と場合によって意見が分かれている部分です。
柴犬が小型犬と中型犬、それぞれに分類される場合を見ていきましょう。

日本犬の中では小型犬の部類

柴犬の平均的なサイズはオスで体高38~41cm、体重9~11kg程度です。
メスの体高は35~38cm、体重7~9kg程度になります。

一般的に中型犬に分類されるのは体重25kg、小型犬に分類されるのは10kg未満の犬です。

したがって、柴犬はすべての子が完全に小型犬に分類されるわけではないと言えます。
ただし、国内に6種類いる日本犬の中では、柴犬が最もサイズの小さい犬種です。

日本犬保存会においても「日本犬の中で随一の小型犬種」と紹介されているなど、柴犬を小型犬と分類するケースも実際に多くあります。

トリミングサロンなどでは中型犬としての扱いが多い

柴犬が中型犬として扱われる機会が多いのは、トリミングサロンやペットホテルなどです。
こういった犬用の施設では、基本的に犬種やサイズによって料金が決められています。

自分では小型犬と思っていたのに実際に連れて行ったら中型犬として扱われたといったことも考えられます。

トリミングサロンやペットホテル以外にも、ドッグランやドッグカフェ、賃貸マンションなどでも店舗や施設によって小型犬か中型犬かという意見は分かれるところでしょう。トラブルを防ぐためにも、事前に施設に連絡して相談するのがおすすめです。

小型の柴犬の種類と特徴

柴犬の中でも小型化は始まっており、小型の柴犬を「豆柴」や「小豆柴」などと呼んでいます。
それぞれの種類の特徴をご紹介しましょう。

豆柴の特徴

豆柴は、成犬時の体高がオスで33~35cm程度、メスで31~33cm程度です。
体重は5~6kg程度の子が多く、平均的な柴犬と比べるとかなり小柄な見た目になります。

成犬同士の柴犬と豆柴を見て、親子と勘違いする人も多くいるほどです。

柴犬よりもかなり小柄ですが、血統上の分類は柴犬と同様です。また、性格や毛色、寿命なども柴犬と大差ありません。

小豆柴の特徴

小豆柴(あずきしば)は、豆柴よりもさらにサイズが小さな柴犬です。

小豆柴の体高はオスで27~29cm程度、メスで25~27cm程度です。体重は3~4kg前後で、柴犬の中でも最も小さい部類になります。

血統上の分類としては柴犬となりますが、柴犬よりも作出が非常に難しいため販売価格は高く、流通も非常に少ないのが特徴です。
性格や毛色、寿命といったサイズ以外の特徴は柴犬や豆柴と同様になります。

小型の柴犬が人気の理由

柴犬の中でもさらに小型犬である豆柴や小豆柴は、人気が高いです。
人気の理由を挙げていきましょう。

女性や高齢者でも飼いやすいと言われる

豆柴や小豆柴などはっきり小型犬と言えるサイズの柴犬が人気の理由は、女性や高齢者など体力や筋力が少ない人でも飼いやすいという点が大きいです。
小型犬が女性や高齢者に人気の理由は、体重10kg未満という小柄さがメリットとなるからです。

柴犬は10kg以上の子もおり、小型犬の中ではやや大きめの部類ですが、豆柴や小豆柴は大きくても体重が5kg程度なので、力があまりなくても片手で抱きかかえることができます。
体重が軽いと散歩の時にも柴犬に引きずられることがなく、先導できるという特徴もあります。

見た目が可愛らしい

小型の柴犬は、見た目が可愛らしいのも人気の点でしょう。

人間は小さい動物を可愛いと認識しやすく、それは柴犬においても同様です。
柴犬と同じような特徴を持っているのに非常に小柄なので、見る人により可愛らしい印象を与えます。

中型犬NGの賃貸で飼えるケースもある

賃貸アパートやマンションの中には、ペット可の物件でも「中型犬はNG、小型犬はOK」といった決まりを設けているところが多々あります。
小柄犬のみが許可される物件では、サイズがグレーゾーンな柴犬は断られてしまう場合もあります。

しかし、豆柴や小豆柴であれば明らかに見た目が小さいため、小柄犬として認められ許可される場合も多くあります。賃貸の自宅で柴犬を飼いたい人にとっても、小柄犬の柴犬は人気です。

大きく成長する柴犬もいる事を考慮して吟味して迎え入れよう

柴犬は小柄犬に分類されることもあれば、小型犬寄りの中型犬として分類される場合もあります。
小型の柴犬であっても、成長するにつれて一般的な柴犬と変わらないくらい大きなサイズに成長する場合もあります。

賃貸契約の際などには特にトラブルにならないように、成長するかもしれないということを考慮してブリーダーなど専門家に相談し、納得の上で迎え入れるようにしましょう。

関連する記事