トイプードルより小さいタイニープードル!サイズによる比較

トイプードルより小さいタイニープードル!サイズによる比較

トイプードルは、日本国内でも飼育数トップを誇る人気の高い犬種です。
プードルはサイズが様々あり、トイプードルよりも小さい大きさもいます。

今回は、トイプードルよりも体が小さいタイニープードルについて、見た目や性格、寿命、販売価格などをご紹介しましょう。

トイプードルより小さい「タイニープードル」とは

トイプードルよりも体が小さく、ティーカッププードルよりも体が大きいプードルは「タイニープードル」に分類されます。タイニープードルの大きさや概要を見ていきましょう。

体の大きさと体重

「タイニー(tiny)」とは英語で「とても小さい」という意味の言葉です。

トイプードルよりもさらに小柄なプードルがタイニープ―ドルに分類されます。

トイプードルの中でも成犬時の体高が20~24cm前後、体重が2~3kg程度だとタイニープードルに分類されるケースが多いです。
タイニープードルの大きさや体重は正確に基準が決められているわけではないため、繁殖するブリーダーによってもやや異なります。

正式な犬種としては認められていない

タイニープードルは正式な犬種として認められておらず、血統ではトイプードルに分類されます。まだ安定的に小型化されていないため、タイニープードルとしてお迎えしたにも関わらず、トイプードルの大きさまで成長してしまうといったケースもあります。

作出され始めてからまだ歴史が浅いため、今度安定したサイズで作出できるようになれば、犬種として認められる可能性もあるでしょう。小さいサイズを保てるかは遺伝も大きく関係しているため、専門のブリーダーに相談するのをおすすめします。

トイプードルとタイニープードルの主な違い

トイプードルとタイニープードルとの主な違いをご紹介しましょう。

見た目・毛色

一般的なトイプードルの体高は24~28cm、体重は3~4kg程度です。
タイニープードルの体高は20~24cm、体重2~3kg程度なので、大きさは一回り小さいです。

タイニープードルはトイプードルと血統上は同じ分類であり、毛色の種類は、公式で14種類認められています。ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあります。

プードルの毛色は成長と同時に退色していく傾向があり、子犬の頃と成犬時では異なる毛色になるケースも多いです。

性格

トイプードルは、賢く活発で飼い主に忠実な性格をしており、家庭犬に向いている特徴を多く持っています。

トイプードルは自立心も強く友好的な性格ですが、タイニープードルはトイプードルよりもやや幼く飼い主に対して甘えん坊な性格です。

一般的に、犬は体が小さいほど精神的にも未熟な傾向があり、飼い主に依存しやすいという特徴があります。
トイプードルに比べると自立心はやや低いと言えるでしょう。

平均寿命

トイプードルの平均寿命は、12~15歳です。
血統上の分類はトイプードルなので、平均寿命もトイプードルと同じになっています。

トイプードルとタイニープードルの販売価格の違い

トイプードルとタイニープードルの販売価格には違いがあるのでしょうか?
それぞれの販売価格と値段相場を見ていきましょう。

販売価格と値段相場

トイプードルの販売価格相場は、20~30万円程度です。タイニープードルの平均値段相場は25~45万円程度で、一般的なトイプードルよりも相場はやや高めになります。また、毛色や月齢、血統などによっても値段は変わるため、個体差があります。

タイニープードルが高い理由

タイニープードルは超小型犬であるトイプードルよりもさらに小型の体型です。
繁殖するのにトイプードルよりも手間や時間、お金が多くかかるため、その分金額も高くなっています。

また、トイプードルと比べて繁殖が難しく、個体数が少ないので希少な犬種である点も値段が高めになっている理由の1つです。個体数は少ないものの、欲しいという人は多くみられます。

小さくて可愛らしいタイニープードルをお迎えしよう

タイニープードルは、小柄なサイズのトイプードルです。
体の大きさや体重以外にも、性格がやや幼い、値段相場が高いなどの違いや特徴があります。

小さくて可愛らしいタイニープードルをお迎えする際には、専門のブリーダーに相談すると良いでしょう。

関連する記事