ラブラドールレトリバーの子犬の値段や性格について

ラブラドールレトリバーの子犬の値段や性格について

ラブラドールレトリバーは、世界中で高い人気を誇る大型犬です。

今回は、ラブラドールレトリバーの子犬の値段相場や性格、体重、しつけの注意点などについて解説していきます。
ラブラドールレトリバーの子犬を迎えたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ラブラドールレトリバーの子犬の値段相場

ラブラドールレトリバーの子犬をお迎えする際に、値段相場が気になる方も多いでしょう。
子犬の値段相場は、様々な要素によって違いが出てきます。

毛色による値段と相場の違い

一般的に、ラブラドールレトリバーの平均値段相場は15~30万円程度です。
ラブラドールレトリバーは毛色が3種類ありますが、それぞれ若干値段相場が異なります。

イエローの平均値段相場は22万円程度、ブラック(黒)やチョコレート(茶色)は21万円程度です。
また、いずれの毛色でも子どもを産めるメスの方がやや相場が高く、オスの方が1~2万円程度安い傾向があります。

イエローは日本で最もポピュラーな毛色であり、盲導犬などでも見かける機会が多いでしょう。

ブラックは黒ラブの愛称でも親しまれており、黒ラブは海外で特に人気があります。

里親として迎える場合は値段が安い

ラブラドールレトリバーを里親として迎える場合は、譲渡自体の費用はかからない場合が多いです。
購入するよりも初期費用はかなり安いという特徴があります。ただし、ワクチンや避妊・去勢手術などは自己負担になります。

また、里親になるには様々な条件を満たさなければならず、安いというだけで選択するのはあまりおすすめできません。

ラブラドールレトリバーの子犬期と注意点

子犬期のラブラドールレトリバーにはどのような特徴があるのでしょうか?
注意点についても合わせて解説します。

子犬期はやんちゃなのでしつけには工夫が必要

子犬期のラブラドールレトリバーは、成犬に比べて性格や行動がとてもやんちゃです。
どの犬種でも子犬期はやんちゃな傾向がありますが、ラブラドールレトリバーは大型犬です。体格が大きく他の犬種に比べて力が強いので、特に注意する必要があります。

ラブラドールレトリバーは生後約1年で成犬の大きさまで体が成長しますが、心はまだ子どものままです。
大きな体で活発に動き回り、引っ張る力や噛む力なども強いため、そのままにしておくと周囲の人たちにケガを負わせてしまう危険性もあります。子犬期の早い内から飼い主がしっかりとしつけを行い、飼い主の指示に従うようにしましょう。

2~4歳まで成長することで次第に落ち着いてくる

やんちゃすぎる性格は、成長するにつれて次第に落ち着きます。
特に2歳までのラブラドールレトリバーは、飼い主の手が付けられないほどやんちゃに暴れ回るケースもよく見られます。

4歳頃になるまでには次第に落ち着いてきますが、それまでしつけが身に付くように根気よく接することが大切です。

ラブラドールレトリバーの子犬の体重

ラブラドールレトリバーの子犬期の平均体重や体重の測定方法などを見ていきましょう。

子犬時の平均体重と体重推移

ラブラドールレトリバーに限らず犬の子犬期における体重は個体差も大きいです。
月齢ごとの体重推移は、おおよそ以下の数値に収まっていれば問題ないでしょう。

月齢(ヶ月) 体重(kg)
2 4~7
3 5~10
4 9~15
5 11~20
6 14~23
7 17~26
8 19~28
9 21~30
10 23~32
11 25~35

 

体重推移はあくまで1つの目安ですが、平均よりも大幅に数値が低かったり、逆高すぎたりという場合は体型や体調などを見直してみるのがおすすめです。
痩せすぎ、あるいは太り過ぎと思われる場合はかかりつけ医に相談しましょう。

体重だけでなく、体格も含めて判断する

ラブラドールレトリバーは体重や体格差が比較的に大きい犬種です。
性別によっても違いがあり、オスの方が重い傾向があります。

骨格が太く体格ががっしりしている子は体重も重くなりやすく、運動量が多い子は体重が軽いなど遺伝や生活環境によっても変わります。

ラブラドールレトリバーの体重が平均より重めで肥満か確かめたい場合は、定期的に体型のチェックをしましょう。
肋骨や腹回り、くびれの有無などを確認してBCSなどとも照らし合わせてみてください。

体重の測り方

ラブラドールレトリバーの体重を測りたい場合は、子犬を抱きかかえ、自分も一緒に体重計に乗りましょう。

数値を確認した後、子犬を一度降ろし、自分だけ再び体重を測ります。
最初の体重から自分だけの体重を引くことで、子犬の体重が分かります。

子犬期は急激に成長する時期であり体重変動も大きいため、定期的に体重計測を行って記録しておきましょう。

ラブラドールレトリバーの子犬は下痢に注意!下痢になる原因とは?

ラブラドールレトリバーの子犬が下痢をする場合があります。
下痢をしてしまう原因を見ていきましょう。

ドッグフードを変えた

1つ目の理由として、ドッグフードを変えたことが考えられます。
それまで食べていたドッグフードから別のものに突然変わると、体が適応できず下痢をしてしまう場合があります。

フードを変えたい場合は、元々食べていたものに新しいフードを少しずつ混ぜたり変更したりして、徐々に慣らしていきましょう。
1週間以上かけてゆっくり変えると、下痢をしにくくなります。

拾い食いをした

散歩中など道端で拾い食いをした場合も、下痢をしてしまう可能性があります。
拾い食いの癖がつくと予期せぬトラブルにもつながってしまうので、散歩中に発見したらすぐにやめさせるようにしてください。

ドッグフードの食べすぎ

ドッグフードの与えすぎや食べすぎによって消化不良が起こり、下痢をするケースもあります。

フード内容に問題がなかったとしても、フード量に問題がある場合もあるため注意が必要です。

軟便の場合はフードを与えすぎ、反対に固い便や便秘気味の場合はフードが少なすぎる傾向があります。便の様子を見て量を調節しましょう。

環境の変化などによるストレス

気温の急激な変化や飼い主との交流不足などストレスが原因で下痢をする場合もあります。
特に子犬だとお迎えしたばかりの時期は生活環境が大きく変化したためストレスを感じやすいことを覚えておきましょう。

ラブラドールレトリバーの子犬は元気いっぱい!

ラブラドールレトリバーの子犬はとにかく元気いっぱいでわんぱくです。

大型犬は小型犬よりも力が強く、コントロールしていくには飼い主の力や根気が必要です。
ラブラドールレトリバーの子犬をお迎えしたら、体重や便の状態なども意識しながら健康管理を行いましょう。

関連する記事