マルチーズの性格は悪い?性格や特徴、マルチーズが吠えるときの対処法について

マルチーズの性格は悪い?性格や特徴、マルチーズが吠えるときの対処法について

マルチーズは純白で絹のような被毛が美しい小型の愛玩犬です。

素直で飼い主に従順な性格のマルチーズは、ペットとしても高い人気を誇っています。

今回は、マルチーズの性格と主な特徴、吠える理由や対処法、子犬期のしつけで注意したいポイントなどをまとめてご紹介します。

マルチーズの性格と特徴

まずはマルチーズに見られる主な性格傾向や特徴をご紹介しましょう。

明るくて活発、遊び好き

マルチーズは明朗快活で遊び好きな性格です。飼い主によく懐き、一緒に遊ぶのが大好きです。必要な運動量はさほど多くなく室内のみの運動でも足りるほどですが、屋外での運動はストレス発散にも役立つので積極的に一緒に遊んであげると良いでしょう。

温厚で落ち着きがあり、聡明で飼い主に従順

マルチーズは基本的に温厚で大人しくい性格です。飼い主に対して愛情深く接し、素直に言うことを聞き入れてくれます。

利口でしつけもしやすいため、一人暮らしでも飼いやすい犬種と言えます。ただし、賢さがやや神経質な一面につながる場合もあることを覚えておきましょう。

勇敢で番犬にも向いている

小柄で上品な見た目から弱々しい印象も持たれがちですが、マルチーズは勇敢で大胆不敵な性格です。自分より大きな相手であっても恐れず向かっていくので、飼い主が驚くこともあるかもしれません。人見知りで他人に懐きづらく神経質なところから、番犬にも向いています。

マルチーズは性格が悪いと言われる理由は吠えるから?

マルチーズは明るく温厚で飼い主に忠実ですが、吠え癖がつく子もいるため性格が悪いと言われてしまうこともあります。吠え癖がつくのは性格的な理由もありますが、多くは飼い主のしつけに問題があります。

なぜマルチーズが吠えるのか、考えられる理由を挙げていきましょう。

人見知りなので慣れない環境では吠える場合もある

マルチーズは見知らぬ人には懐きづらく警戒心も強いため、普段とは違う慣れない環境にいると吠える場合があります。これを「警戒吠え」と呼びます。

警戒吠えをする時はマルチーズが恐怖を覚えている証拠です。飼い主は、マルチーズがどのような理由で恐怖を感じているのか理解してあげる必要があるでしょう。

甘やかしすぎると吠え癖が付いてしまう

マルチーズは飼い主が大好きでよく甘えてきますが、甘やかして要求吠えを受け入れていると、吠え癖がついてしまう場合があります。一度要求吠えが定着するとしつけ直すのが大変なので、はじめから飼い主が受け入れないことが大切です。

繊細で神経質な一面があることを理解してしつける

マルチーズのような小型犬の多くは神経質で繊細な一面を持っています。そのため、環境の変化や見知らぬ人、犬に対して過剰な警戒心を持ってしまい吠える場合もあります。飼い主はマルチーズの性格をよく理解し、どうして吠えるのか考えながらしつけを行うように心がけると良いでしょう。

マルチーズのしつけは社会化期が重要

マルチーズのしつけは子犬期の生後3~12週にあたる「社会化期」が最も重要です。この時期にどれだけ外の世界とふれあわせるかで、成犬になってからの性格に大きな影響を及ぼします。マルチーズの社会化期におけるしつけ方の注意点やポイントをご紹介していきます。

普段から家のみの生活は臆病で排他的な性格になってしまう

マルチーズは真っ白な美しい被毛が大きな魅力の1つですが、外に出すと汚れやすいという理由で家からあまり出したがらない飼い主も中にはいます。また、室内だけでも運動量が足りてしまうので、外に連れ出す必要はないと考えてしまう人も多いです。

しかし、そのような理由によってほとんど室内で生活をさせていると、マルチーズは外への警戒心をどんどん強めていき、成犬になったころには非常に臆病で排他的な性格になってしまいます。臆病で警戒心が強いと吠え癖にもつながりやすく、マルチーズ自身もストレスを溜めやすい性格になってしまうので注意が必要です。

社会化期には飼い主が積極的に外へ連れ出し、様々な人や犬と出会わせることが大切です。また、道路や車の音、匂いなど五感を刺激する環境へ連れて行き、外の世界に慣れさせてあげると神経質な性格が緩和されるでしょう。最初は抱っこで外の空気を吸わせてあげることから始めるのがおすすめです。

飼い主への従順さがエスカレートしすぎないように注意

マルチーズは飼い主に忠実な性格ですが、行き過ぎると排他的な傾向が強まり他の人間や犬にまったく懐かなくなってしまう可能性もあります。甘やかすことでわがままな性格になり、吠えやすくなってしまいます。マルチーズが可愛いからといって甘やかし過ぎずに、メリハリを持ってしつけを行うように気を付けてください。

しつけは叱るより「褒める」を中心に

マルチーズは飼い主に褒められるのが大好きなので、しつけも「叱る」より「褒める」を中心に行うと上手くいきます。マルチーズが飼い主の指示に従ったら大げさなほどオーバーに褒めてあげるとしつけを学習しやすくなります。

ただし、悪いことをした時は叱らなければなりません。叱る時は短く、褒める時はたくさん褒めるなどバランスを考えて行いましょう。

マルチーズは素直な性格で飼いやすい犬種

マルチーズは明るく温厚で、飼い主に素直に甘えてくる愛玩犬らしい性格です。

見た目も上品で抱っこしやすいほど小柄なので、ペットとして非常に高い人気があります。吠え癖がつくことがあり性格が悪いと勘違いされる場合もありますが、それはマルチーズの臆病で神経質な側面が背景にあります。

飼い主がマルチーズの性格や特徴をしっかりと理解し、適切なしつけを行うことが重要です。特に、子犬の社会化期には積極的に外へ連れ出し、様々な体験をさせてあげると恐怖心が和らぎ、吠え癖はつきにくくなります。

性格や吠える原因を理解し、愛らしいマルチーズと楽しい生活を送ってください。

関連する記事