ポメラニアンのカット|スタイル(種類)まんまるや柴犬カットの種類と注意事項

ポメラニアンのカット|スタイル(種類)まんまるや柴犬カットの種類と注意事項

ポメラニアンの毛並みは丸く毛玉のような見た目が印象的です。

これだけの被毛があれば、トリミングのカットスタイルも存分に楽しめますが、実はポメラニアンのカットスタイルはまんまるの代表的なカットから「柴犬」や「アフロ」など豊富に存在するものの、「一度毛を短くカットすると、何年か毛が伸びない」という情報があります。

ポメラニアンのカットの注意事項やカットスタイルの種類、メリット、デメリットについて予習しましょう。

ポメラニアンの被毛

ポメラニアンの被毛はダブルコートという2層の毛に覆われています。

上毛と下毛に分かれていて、上毛をオーバーコート(トップコート)といい太く硬いのが特徴、一年中生えている被毛で換毛期にかかわらず一定期で抜け落ち、生え変わります。
オーバーコートは皮膚を外敵から守ったり、水を弾き、乾燥による感染症など外からの驚異から守る役目があります。

下毛はアンダーコートといい、細く柔らかい毛で覆われて寒さから体温を保つ役割があります。

換毛期によって生え変わるので、寒さが増す空きの時期に下毛が多く生え始め、冬を越えて暖かくなる春の季節から下毛が抜けるというサイクルが生まれます。

換毛期での生え変わりだけでは、小型犬のポメラニアンも日本の暑さに耐えられない可能性があるためトリミングをすることがあります。

ポメラニアンのカット

犬は体温調節をパンディングで行いますが、元々寒い地域に暮らしている毛長の犬が日本の夏を乗り越えるにはパンディングだけでは足りません。

被毛をトリミングすることで熱のこもりやすい犬種でも涼しく過ごすことができます。

トリミングは見た目が可愛いなどオシャレ感覚で行うことが多く、人気の犬種には様々なカットスタイルが存在しています。
ポメラニアンもカットの種類も豊富で、多くの飼い主がカットを行います。

他の犬種に比べて毛質がデリケートで、カットし過ぎによる弊害が多いので慎重に行いましょう。

カットの種類(スタイル)

ポメラニアンは成犬になると被毛の長さが長くなるためよりバリエーションの多いカットスタイルを行うことができます。

まんまるカット

全身がひとつの玉のように丸くカットされたスタイルで、インスタグラムなどのSNSで度々見かける可愛らしいスタイルです。
スピッツ特有のとんがった口元も柔らかくなるので、表情も大きく変わり可愛らしいカットスタイルになっています。

サマーカット

胸、お尻周りなど汚れやすく手入れのし辛い部分を極端に短くし、顔周りや足先などの毛を残してポメラニアンの愛らしさを残したスタイルで、とても涼し気です。

冬は洋服も着せやすいので、ばっさりカットする飼い主さんも多いです。

柴犬カット

まるで小さな柴犬のような顔立ちになり、丸い顔と耳を強調するようなカットスタイルです。

ボディは柴犬のように短く切りそろえる場合が多く、サマーカットよりは長い毛足になります。

ライオンカット

ライオンカットは斬新に顔周りの毛と尻尾の先以外の毛を剃るスタイルで、まるでライオンのような鬣のスタイルです。

マズル付近の毛も整えて、スマートな印象を与えつつもとても個性的なカットスタイルになります。

身体の毛を剃ってしまうので冬は洋服必須になります。

タヌキカット

タヌキのように丸く顔の毛をカットするスタイルで、立ち耳も目立つようきれいにカットされているのが特徴的です。

全身の毛も一定の長さに残して、しっぽも丸くカットします。
同じ丸といえば「まんまるカット」が思い浮かびますが、タヌキカットは顔やしっぽのパーツを丸く仕上げるのに対し、まんまるカットは全身でひとつの丸のような印象を与えます。

チャウチャウカット

チャウチャウという犬種そっくりにカットする方法で、近年SNSでも話題になったカットです。

顔の周りと耳の毛を眺めに残してカットすることで、チャウチャウにに他見た目になります。

テディベアカット

クマのぬいぐるみのようなカットスタイルで尖った耳を丸く見せるようにカットします。

首元にワンポイントにバンダナを巻いてあげるとお人形さんのような可愛らしい姿になります。

毛をカットすると伸びなくなる

ポメラニアンは本来トリミングをする犬種ではありません。

理由はダブルコートの被毛で、換毛期関係なく一定の期間でしか生え変わらない上毛、オーバーコート(トップコート)を切ってしまうと、次に生えてくるまでかなりの時間を要します。

毛の伸びるスピードはちょうど人間の毛髪と同じくらいで、遅い個体だと元の毛の長さに戻るまで3年もかかってしまうこともあります。
また、サマーカットで極端に短くしてしまうと、一部分だけずっと毛が生えないという事例があります。

全体的に映えるスピードが遅い分には問題はないですが全身は一定速度で伸びるのではなく、遅い部分があれば早い部分も存在するのでまばらに生えて見栄えが悪くなってしまいます。

ダブルコートの犬種をトリミングする際は徐々に短くしていき、一度短くしたら定期的にトリミングを行うようにしましょう。

カット前にブリーダーに相談

ポメラニアンのまんまるカットや柴犬カットをしたくて飼う飼い主さんもいらっしゃいますが、まずはトリミング前にブリーダーの意見を聞くことも良いでしょう。

ダブルコートの犬種をトリミングする際のメリット・デメリットや、トリミング後のお手入れ方法など、実際のプロの意見を聞いてから判断するようにしましょう。

まとめ

ポメラニアンのカットの種類が豊富ですが、本来ダブルコートの犬種はトリミングをする犬種ではないことに驚きました。

サマーカットで涼しげにして上げる前に、どこまで短くしていいのかブリーダーさんと相談しながら決めると、飼っているワンちゃんにとっても幸せな結果になると思います。

関連する記事