コーギーの後ろ足が震える!?びっこや痙攣、最悪歩けないなんてことも!老犬のリスクも紹介

コーギーの後ろ足が震える!?びっこや痙攣、最悪歩けないなんてことも!老犬のリスクも紹介

コーギーは胴長短足の特徴的な体型や愛嬌のある顔立ちなどで高い人気を誇る中型犬です。

しかし、その愛らしい体型が疾患リスクにもつながる場合があるため、飼い主は注意しなければなりません。
今回は、コーギーの後ろ足が震える場合やびっこをする場合、痙攣して歩けない場合など、症状別にかかりやすい疾患について解説します。

コーギーの後ろ足が震える・びっこをする原因は

コーギーの後ろ足が震える、またはびっこをしている場合、いくつかの原因が考えられます。

加齢による筋肉の衰え

1つ目に挙げられるのが、加齢による筋肉の衰えです。

犬は年を取って老犬になると、若い頃と比べて筋肉が徐々に衰えていきます。特に足の筋肉が衰えると自分の体が今までのように支えられなくなり、立っている状態で足が震えるケースが見られます。老犬のコーギーの足が震えている場合は、老化による症状の可能性が高いです。

足のケガが無いかチェックする

足や関節をケガしている場合も、負傷による痛みが原因で足が震えるケースがあります。飼い主が知らない間にケガを負っている場合も考えられるので、足のケガがないかチェックしましょう。

股関節形成不全や変性性脊髄症(DM)などの病気

病気が原因で後ろ足が震える症例も複数考えられます。

「股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)」になった場合、股関節が不安定で上手く歩けなくなるため、足が震えたり、腰を左右に振るような歩き方になったりといった症状が見られます。上手く座れなくなるのも症状の特徴です。
 
また、コーギーがかかりやすいと病気の1つである「変性性脊髄症(へんせいせいせきずいしょう)」の場合、数年ほどの長い時間をかけて後ろ足からじわじわと麻痺症状が進行していきます。症状の進行度合いには個体差が大きいのですが、変性性脊髄症の初期症状に後ろ足の震えが見られます。

麻痺による痙攣や歩けない場合に考えられる理由

コーギーが麻痺による痙攣や歩行困難に陥っている場合、まず考えられる病気は神経の病気である「椎間板(ついかんばん)ヘルニア」です。大きな特徴となる胴長体型は他の犬に比べて背骨に負荷がかかりやすいため、椎間板ヘルニアを好発しやすい犬種と言われています。椎間板ヘルニアが悪化すると四肢が麻痺し、歩行困難や排泄困難など重篤な症状も現れます。
 
また、てんかんも痙攣を伴う脳の病気です。てんかん発作が起こると体の一部や全身が痙攣し、足をバタバタさせるなどの症状が見られます。てんかんも好発しやすい犬種なので、痙攣の原因の1つとして考えられます。

各疾患における対策や治療、予防法について

後ろ足の震えやびっこの原因に病気の可能性が潜んでいます。ここでコーギーがかかりやすい疾患の治療や予防のためにできることなどをご紹介しましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアを発症した場合、初期段階では投薬治療をメインに行います。重症化した場合は手術を行いますが、椎間板ヘルニアは手術後も麻痺が後遺症として残るケースもあるので注意しなければならない病気です。
 
コーギーは遺伝的に背骨の軟骨が弱い特性を持っているのに加え、胴長体型で普通に生活していても背骨に負担がかかりやすいため、意識して予防に努める必要があります。ソファーや高い位置から床に飛び降りる、ジャンプするなど背中に大きな力が加わると発症しやすくなると言われています。高低差の激しいところでジャンプしたり床で滑ったりしないように室内の生活環境を調整しましょう。
 
また、肥満になると体重が重くなって背骨に負担がかかります。肥満にならないように食事管理を行い、運動量を確保することも大切です。

股関節形成不全

股関節形成不全は遺伝的要素が大きく、予防が難しい病気です。股関節形成不全の治療は、主に鎮痛薬や抗炎症薬などの投薬治療に合わせて、食事・体重管理などを行います。重度の場合は手術を行う場合もあります。
 
股関節形成不全の予防としては、子犬の成長期におけるフードを栄養価の高いものを選び、肥満にならないようにするなどが挙げられます。

変性性脊髄症(DM)

変性性脊髄症はまだ治療法が見つかっていない上に発症原因も解明されていない病気です。発症は稀ですが、犬種の中ではコーギーの発症頻度が比較的高いと言われています。
 
人間における難病「筋委縮性側索硬化症(ALS)」に近い症状が犬に見られる病気とされています。変性性脊髄症を発症した場合は、病気の進行度合いに合わせて理学療法的なケアを行い、生活の質を維持するよう努めることが重要です。

てんかん

てんかん発作の原因や予防法についても、まだはっきりと解明されていません。コーギーにてんかんの症状が見られた場合の治療は、基本的にはてんかん発作を抑える内服薬を処方されます。てんかん発作は慢性的な症状で完治させることはできないため、投薬によるコントロール治療になります。
 
ただし、てんかん発作が月1回以下の場合は治療対象になりません。てんかん発作が見られた場合は、落ち着いて症状を記録した上で早めに病院へ連れて行きましょう。

老犬の場合は痛みが見られるかどうかで判断しよう

コーギーが老犬の場合は、後ろ足が震える原因が老化の影響なのか、それとも病気なのか判断に迷うケースもあるでしょう。病気やケガの場合は早めの対処が重要になるので、判断基準の把握が大切です。

激しい痛みが見られる場合はすぐ病院へ

普段から足が震えていて痛みが特に見られない場合は、加齢による筋肉の衰えの可能性が高いと言えるでしょう。立ち上がりにくそうにしている時は補助を行ってあげてください。
 
足が震えていて、まったく動けなくなっている場合や痛みで鳴いている場合など普段と違う異変が見られる際には、すぐに病院へ連れて行きましょう。早めに原因を特定して治療を行うことが重要です。

加齢による衰えの対策としては補助食品やマッサージなども有効

加齢による筋肉の衰えに対しては、サプリメントなどの補助食品で栄養素を補ったり、足をマッサージして筋肉をほぐしてあげたりも効果があります。

歩きづらそうだからといって散歩をやめてしまうとますます筋肉が衰え、歩けない状態になってしまいます。散歩コースを負担のないものに変更するなど工夫して、老犬でも最低限の運動量は確保するように心掛けましょう。

コーギーの後ろ足に異変が見られたら要注意!

コーギーの後ろ足が震える、びっこをする、歩けないなど普段とは違う様子が見られたら、老化以外にもケガや病気が隠れている場合があります。かかりやすい疾患について飼い主がよく理解し、日頃から注意を配ることが大切です。病気や肥満の予防を意識しながら、コーギーを健康に長生きさせましょう。
 

関連する記事