犬アレルギーでもパピヨンは飼える?パピヨンがかかりやすいアレルギー疾患について

犬アレルギーでもパピヨンは飼える?パピヨンがかかりやすいアレルギー疾患について

パピヨンは蝶のように大きく開いた両耳が特徴的で優雅に見える小型犬です。

パピヨンは小型犬の中でも比較的遺伝性疾患が少ない犬種として知られていますが、アレルギーには気を付けなればなりません。
パピヨンがかかりやすいアレルギー疾患や予防・対処法などについてまとめて解説していきます。

パピヨンは皮膚炎やアレルギー疾患にかかりやすい

パピヨンがかかりやすいアレルギー疾患としては、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などが挙げられます。それぞれのアレルギー疾患について原因別にご説明しましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、ダニや花粉、ハウスダスト、カビなどがパピヨンのアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)となることで皮膚に発疹や痒みといった症状を引き起こします。初期症状は部分的に起こりますが、悪化すると全身に発疹や強い痒みを生じ、慢性化しやすい皮膚炎です。

ノミアレルギーによる皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎は、パピヨンの体にノミが寄生し吸血することで、ノミの唾液に含まれるタンパク質に対してアレルギー反応を発症し、症状を引き起こします。特にノミは犬の背中や尻尾の付け根、お尻などに寄生しやすく、ノミが吸血するとその部分から発疹や脱毛が広がります。

食物アレルギーによる皮膚炎

食物アレルギーによってもアレルギー性皮膚炎は発症します。食物アレルギーから起こるアレルギー性皮膚炎では、フードが接触しやすい口周りや目の周りなどに発疹が集中しやすくなります。耳の奥など内側から炎症が発症しやすい特徴もあり、アトピー性皮膚炎との区別が付きづらいケースも多くあります。
 

アレルギー症状の原因は様々な理由で引き起こされる

アレルギー疾患は複数のパターンがあり、アレルギー性皮膚炎の症状が出たとしても、どれが原因になっているかしっかりと把握して対処しなければなりません。それぞれの原因について解説しましょう。

ハウスダスト・ダニなど

ハウスダストやダニ、花粉といったいわゆる環境アレルゲンはアトピー性皮膚炎の原因になりますが、最近では室内犬が増えた背景もありアトピー性皮膚炎の犬は増加傾向にあります。理由としては、室内では上記のアレルゲンに犬が接触しやすい環境だからです。パピヨンも小型犬であり、室内で飼われる機会が多い犬種なので、注意が必要です。発症してしまったら、アレルゲンをできるだけパピヨンに触れさせないようにしなければなりません。特にダニは中でも最大のアレルゲンと言われているので、繁殖しないように対策が必要でしょう。

ノミ

ノミアレルギー性皮膚炎はノミに吸血されることで発症します。ノミは室外のじめじめしたところに生息しているケースが多く、散歩で草むらに入った際に接触し寄生してしまうケースも多く見られます。室内では、猫の毛に付着しているところから犬に寄生する場合もあります。ノミは湿度の高い場所で繁殖するため、春や夏は特に注意が必要です。

食物によるアレルギー

食物アレルギーの原因であるアレルゲンは主に穀物などの炭水化物や豚肉、牛肉、大豆などのタンパク質、乳製品など様々な種類が挙げられ、それぞれの犬によってもアレルゲンが違います。食物アレルギーが原因で発症するアレルギー疾患を治療するためには、愛犬はどの食物がアレルゲンなのか的確に把握する必要があり、特定まで時間がかかるケースも多いです。

予期せぬアレルギーを予防するために

アレルギー疾患は遺伝的要因もありますが、パピヨンはアレルギーの好発犬種ではないので生活環境を整え、食事なども工夫を行うことで予防が可能です。
 

こまめにブラッシングして健康観察を行う

パピヨンは柔らかい毛質ですが被毛の量が多く毛玉もできやすいため、皮膚の状態は把握しにくい犬種です。毛玉が蓄積すると皮膚病の原因にもなるので、毎日ブラッシングを行い、パピヨンの皮膚状態を観察する習慣を付けましょう。

また、ノミアレルギー性皮膚炎を防ぐためにはノミの駆除が必要不可欠です。ノミの寄生もパピヨンの被毛や皮膚をよく観察しないと発見しづらいため、丁寧なブラッシングや被毛のお手入れが重要になります。

パピヨンの生活環境を清潔に保つ

アトピー性皮膚炎の原因になる環境アレルゲンは室内に多いため、こまめに掃除をしてパピヨンの生活環境を清潔に保つことが大切です。特にダニは室内の湿度や温度が高いと繁殖しやすいため、特にソファやマット、こたつなどには気を配る必要があります。

添加物やグルテンフリーなど、フードの選び方に気を付ける

パピヨンが明確に食物アレルギーを発症していない場合でも、普段からフードの選び方に気を付けることで発症の予防に役立ちます。食品添加物や穀物はアレルギーをはじめとした体調不良の原因につながりやすいので、無添加・グルテンフリーのフードを選ぶのがおすすめです。

犬アレルギーの人が飼う際には慎重に

アレルギーは犬だけでなく、人間にも起こります。犬アレルギーを持つ人がパピヨンを飼う場合には注意しなければなりません。

パピヨンは皮脂分泌が少ない犬種

パピヨンはシングルコートで皮脂分泌やフケも他の犬種と比べ少なめなので、犬アレルギーの人でも飼えるケースがあります。ただし、特別に犬アレルギーを引き起こしにくい犬種というわけでもないので、犬アレルギーを持っている方が飼う際には注意が必要です。

犬アレルギーに最大限配慮する対策を講じる

犬アレルギーを持っているけれどどうしてもパピヨンが飼いたいという方は、アレルギー症状をできるだけ抑えるために配慮して生活することが大切です。具体的な対策としては、パピヨンに触れた後はすぐ手を洗う、部屋に空気清浄機を置き、こまめな換気や掃除を心がける、ブラッシングは部屋の外で行う、パピヨンのシャンプーもこまめにするなどが挙げられます。
 
しかし、これらはあくまでもアレルギー症状を少なく抑えるための対策なので、油断せずに症状が表れたらすぐに病院へ行きましょう。また、重篤な症状を伴う犬アレルギーを持っている方は、パピヨンを飼うのはおすすめできません。

パピヨンのアレルギーに注意しよう!

パピヨンのアレルギー疾患を予防するには、部屋を清潔に保ったりこまめにブラッシングしたりなど日々の生活の中で工夫できることがたくさんあります。皮膚の状態が少しでもおかしいなと思ったら、悪化する前に動物病院へ連れて行き適切な処置を受けましょう。また、パピヨンは犬アレルギーの方でも飼いにくい犬種ではありませんが、飼う前に医師にも十分相談し慎重に決めてください。

関連する記事