マルチーズのアイラインって知っていますか?健康的なアイラインとは

マルチーズのアイラインって知っていますか?健康的なアイラインとは

マルチーズは小型の愛玩犬で、絹のような純白で美しい被毛が人気の犬種です。
そんなマルチーズの白色の毛色は色素の変化が分かりづらいという特徴も併せ持っています。

犬のアイラインは見た目だけでなく健康状態を表す場合がありますが、マルチーズも同様です。今回は、マルチーズのアイラインについて解説していきましょう。

マルチーズのアイラインについて

まず、マルチーズのアイラインになぜ着目すべきなのかを説明していきましょう。

犬のアイラインはどこの部分の名称?

犬における「アイライン」とは、目の縁の黒い部分です。アイラインが濃いと、実際の大きさよりも目が大きく見えるという見た目の特徴があります。また、アイラインが濃い犬は全身の色素も濃い傾向にあります。

マルチーズのアイラインはくっきりとした黒色が好まれる

マルチーズも、アイラインの薄い子犬から濃い子犬まで個体によって様々います。

アイラインがくっきりした黒色だと、目がくりくり見えて可愛らしいので見た目を重視する飼い主にも好まれています。
また前述した通り、アイラインの濃さは全身の色素の濃さにも関連しています。犬は体の色素が濃いほど紫外線などから皮膚を守る力が強くなります。

メラニン色素の濃さと免疫機能には関係があると言われており、アイラインの薄い子犬よりは濃い子犬の方が健康的で望ましいとされています。

アイラインの薄いマルチーズも増えてきている

最近では、アイラインの薄いマルチーズも全体的な割合として増えてきていると言われています。理由は、元々マルチーズが犬種として持つ毛色の種類は白一色しかないからです。色素は遺伝的要因が大きく、白色同士の犬が交配すると生まれてくる子犬も色素は濃くなりづらいので、マルチーズ同士で交配を繰り返すごとにアイラインをはじめとする色素が薄くなりやすくなってしまいます。

マルチーズの純血種は毛色が白色のみで色素不足になりやすい

マルチーズの純血種はマルチーズ同士を交配させるので、必然的に色素が薄くなりやすいという点を覚えておきましょう。

メラニン色素が不足している犬は、健康リスクが高まる場合があるので注意が必要になります。

色素の薄さをカバーするためにトイプードルと交配させるケースも

マルチーズは色素不足になりやすい犬種であり、年々犬種全体としてもアイラインや全身の色素が薄くなっていると言われています。色素の薄さによって引き起こされる健康リスクをカバーするために、マルチーズを黒色色素の濃いトイプードルと交配させるケースも見られます。

マルチーズとトイプードルを交配させたマルプーはミックス犬としての扱いになりますが、ミックス犬は親犬同士の良い点を受け継ぐ、純血種特有の遺伝的疾患に罹りにくいなど利点も多いです。

マルプーも人気のミックス犬ですが、マルチーズの色素の薄さがカバーされるという健康的側面での利点も挙げられます。

紫外線の浴びすぎで皮膚がんや白内障のリスクに注意する必要がある

色素が薄い犬は、他の犬種に比べて紫外線に敏感です。色素が薄いということは、紫外線のダメージを防ぐメラニン色素の量が少ないということになるからです。紫外線を防ぐ力が弱いため、地肌が直射日光に長時間当たっていると皮膚がんや皮膚炎にかかるリスクが高まります。
 
マルチーズの場合は、被毛をカットする際に短くし過ぎると地肌が紫外線を浴びやすくなってしまうので、トリミングの際に注意が必要でしょう。

また、紫外線を浴びすぎると白内障など各疾患のリスクも高まるので、色素が薄くなりやすいマルチーズの飼い主は気を付けることが大切です。
日光を適度に浴びることは体に良いので、強い紫外線を長時間浴び続けないように意識してみてください。

マルチーズのアイラインが突然薄くなった場合に考えられること

マルチーズのアイラインが突然薄くなった場合の原因として考えられることを挙げていきましょう。

栄養不足でアイラインが薄くなる

栄養不足でメラニン色素が作られにくくなり、アイラインが薄くなるケースがあります。特にメラニン色素を生成するためには銅やミネラルなどの栄養素が必要なので、マルチーズにあげているフードの内容や栄養バランスについて見直してみると良いでしょう。

老化による退色の可能性

犬の加齢によってメラニン色素が作られにくくなり、退色する可能性も考えられます。マルチーズ以外の多くの犬種でも、老化によって毛色が薄くなるケースはよく見られます。人間が老化で白髪になる変化と同様です。犬の鼻や肉球、アイラインなども加齢に伴い退色することがあります。

病気として考えられる「自己免疫疾患」

メラニン色素と免疫機能には関係があり、免疫機能の異常によってアイラインが薄くなっている場合も考えられます。

円板状エリテマトーデス

自己免疫疾患の1つであるエリテマトーデスは、体内の免疫が異常を起こして体内で自分自身の体を攻撃してしまう病気です。

エリテマトーデスには「全身性エリテマトーデス」と「円板状エリテマトーデス」の2種類がありますが、円板状エリテマトーデスでは主に鼻や耳、目の周りなどに症状が表れます。

ブドウ膜皮膚症候群

ブドウ膜皮膚症候群も自己免疫疾患で、メラニン色素が含まれる細胞に対して体内で攻撃してしまう病気です。目や皮膚に対して異常が起こり、見た目としては特に鼻や唇、目の周りやの皮膚の色が薄くなります。犬種の中では特に秋田犬やシベリアンハスキーに見られることの多い自己免疫疾患です。

マルチーズの子犬のアイラインは健康管理に役立つ!

犬のアイラインは、健康状態を表す指標としても役立つことがあります。特にマルチーズは被毛が白色なので、全身の毛色の退色などの変化が分かりづらい犬種です。鼻やアイラインなど黒色の色味が見られる部分で色素を判断しやすいため、マルチーズの飼い主は健康管理のためにもアイラインを意識すると良いでしょう。
 

関連する記事