柴犬の鳴き声がうるさい!小さくしつける方法や鳴き声の意味

柴犬の鳴き声がうるさい!小さくしつける方法や鳴き声の意味

柴犬は昔から猟犬として活躍してきた歴史があり、現在も飼い主に忠実で番犬としても優秀な性質を持つ犬種と言われています。しかし、番犬だからといって所構わず吠えるような傾向はなく、普段は大人しい性格の子がほとんどです。そのため、柴犬の鳴き声がうるさい場合には何らかの原因が考えられます。今回は、柴犬の鳴き声がうるさい時はどのような原因が考えられるのか、適切なしつけ方や柴犬の鳴き声に隠された意味などについて解説していきます。

柴犬の鳴き声はうるさい?

柴犬の鳴き声がうるさくて困っているという飼い主の声を聞くことがありますが、柴犬の吠え方があまりにもうるさい、あるいは頻繁に吠える場合、何らかの問題を抱えていたり飼い主にサインを発していたりすることが考えられます。

要求の強さと鳴き声の大きさは比例する

柴犬の鳴き声にも様々な種類がありますが、一般的に要求の強さと鳴き声の大きさは比例すると言われています。大きな声で吠えているのに放っておいた場合、さらに大きな鳴き声になっていくケースも考えられるため、注意しなければなりません。
 
あからさまにうるさい鳴き声を長時間無視していると、飼い主の命令や指示を聞かなくなりしつけが難しくなってしまうため、きちんと対応する必要があります。しかし、単に要求されたものを与えるのでは、飼い主をリーダーとして認識しなくなりわがままがエスカレートしてしまうため、対応には十分注意しましょう。

柴犬の鳴き声には意味がある

多くの場合、柴犬の鳴き声には明確な意味があります。鳴き声がうるさい場合に考えられる原因も1つではなく、ストレスが蓄積して不安や恐怖を抱えていたり、興奮していたりと様々です。柴犬の鳴き声がうるさくて困っている場合、どうして吠えているのかをまず見極めながら対処していきます。

無駄吠え・要求吠えをなくす、しつけ方法

柴犬は普段は大人しく無駄吠えも少ない犬種なので、柴犬の鳴き声がうるさい原因がいわゆる「要求吠え」だった場合は、根気よくしつけていく必要があります。要求吠えが習慣化している場合は飼い主の命令を聞かなくなっているケースが考えられ、しつけをきちんと行わないと、問題行動の原因にもなります。

散歩やドッグランで社会性を身に付けさせる

警戒心が強すぎて他の犬や人間に対して無駄吠えをよくしている場合は、社会性が十分に身に付いていないことが考えられます。日々の散歩やドッグランなどの公共施設へ連れて行く中で、他の犬や飼い主以外の人たちと交流させる習慣を付けると、徐々に警戒心が薄まり吠えなくなるでしょう。
 
しかし、突然の環境の変化はストレスにもつながるので、柴犬が拒否反応を示さない程度に少しずつ慣れさせる必要があります。特に子犬期は社会化がスムーズに進みますが、成犬になってから社交性を付けさせるためにはじっくり取り組んでいきましょう。

ストレスの原因を取り除く

ストレスが原因で吠えている場合は、まずは何がストレスになっているのかを見極めなければなりません。例えば、柴犬は比較的運動量を必要とする犬種なので、運動不足がストレスとなっている場合が考えられます。その際は、散歩の量を増やして運動量を確保し、ストレスが解消されると無駄吠えをしなくなるでしょう。

要求吠えは無視する

要求吠えの癖が付いてしまっている場合は、飼い主の甘やかしや不適切な対応が大きな原因となっているので、それまでの対応を考え直さなければなりません。要求吠えは徹底して無視し、「吠えても要求は通らない」と柴犬に学ばせることが大事です。しかし、長時間無視し続けていると鳴き声がどんどんエスカレートしてしまう場合もあります。
 
柴犬が吠えるのを止めた時に近づいておやつを与えるなど、いけないことをした時は無視し、良いことをした時は褒める、とメリハリのある毅然とした対応で接することが大切になります。

寂しさを与えないようにする

柴犬が一人で過ごす時間が長かったり、飼い主とのコミュニケーションが十分に取れていなかったりする場合、不安や寂しさといった精神的な理由からうるさく吠えている可能性も考えられます。本来犬は一人で行動する生き物ではないので、長時間放置するとストレスを溜めやすいと言われています。柴犬に寂しさを与えないように普段からしっかりとコミュニケーションを取りましょう。

鳴いても良い・悪いタイミングを飼い主が見極める

柴犬だけでなく、犬は本能的に吠えるのが自然な動物なので、必ずしも常に吠えてはいけないわけではないという点もしっかり覚えておきましょう。ただし、吠えてはいけないタイミングでも言うことを聞かなかったり、うるさい鳴き声が目立ったりする場合は、しつけが十分に行われていない証拠です。愛犬のためにも、吠えてはいけない場面をきちんと理解させる必要があります。

柴犬の鳴き声を小さくする「声帯切除手術」

あくまで例外としてですが、アパートやマンションなど集合住宅に住んでいる方で柴犬のうるさい鳴き声が治らず、苦情が殺到している場合には止むを得ず声帯切除手術を行うケースもあります。声帯切除手術は全身麻酔を行い施術しますが、正式な医療行為としては認められていません。

できれば声帯切除は行わないほうが良い

柴犬の無駄吠えやうるさい鳴き声は飼い主の対応やしつけで解決できる問題であり、うるさいから声帯を切除して小さくしてしまおうという発想は人間の都合でしかありません。声帯切除手術を受けた柴犬は声が小さく、あるいは無音に近い鳴き声になりますが、自分の意思で本来の声を出せなくなった柴犬はストレスを抱えることになります。
 
また、声帯切除手術には複数の副作用も認められており、リスクを考えるとその選択は適切なものとは言えないでしょう。うるさい鳴き声で苦情が来た場合も、まずは飼い主が柴犬と向き合い、適切な環境作りやしつけによって対処していくことが大切です。

悲鳴のような変な鳴き声…いつもと違う鳴き声の意味

柴犬が普段とは違った鳴き声をさせている際の鳴き声に含まれたサインや意味をご紹介しましょう。

鼻を鳴らして悲しそうな声を出す理由

柴犬が鼻を鳴らして「クンクン…キュンキュン…」というように悲しそうな声を出している場合、鳴きながら飼い主にしてくる行動によって違った理由が考えられます。
例えば、飼い主をじっと見つめる、顔を舐めてくる、鼻を押し付けてくるといった行動が見られる時は、飼い主に甘えているケースが考えられます。

甘えに対して過剰に要求を満たしていると柴犬がわがままになってしまうので、適度に構いつつ甘やかし過ぎないことが大切です。
 
また、同じような鳴き声でも、飼い主と目を合わせない、体が震えている、自分の鼻を舐めるなどの行為が見られる時は、不安を強く感じているケースが考えられます。この場合は、不安の原因を見極めて取り除いてあげる必要があります。

突然悲鳴のような声を出す理由

柴犬がいきなり悲鳴のような大声を出した時は、痛みを感じていたり飼い主に助けを求めていたりするケースが考えられます。柴犬の様子をチェックして、体にケガなどの異常がないか確認してみましょう。
 
長時間悲鳴のような鳴き声が続いている場合は、体に重大な異変を起こしている可能性もあります。

老犬の場合は認知症になっているケースも考えられるため、いずれの場合もできるだけ早く動物病院を受診しましょう。

病院でも異常が見当たらず、長く続く悲鳴のような鳴き声が無駄吠えと考えられる場合は、飼い主がしっかりとしつけを行う必要があります。

柴犬の鳴き声はしつけられる!鳴き声の変化にも気付こう

柴犬の鳴き声がうるさいと悩んでいる方は、まず柴犬は基本的に大人しく飼い主に従順な犬種であることを把握した上で、適切なしつけを行う必要があります。

飼い主の甘やかしや不適切な対応によって無駄吠えの癖がついてしまっている場合は、じっくりと長期間かけてしつけ直していきましょう。

柴犬の鳴き声には意味があり、鳴き声の変化で自分の心身の状態や不調を訴えているケースもあります。
日頃からよくコミュニケーションを取り、些細な変化にも気付いてあげることが大切です。
 
また、集合住宅に住んでおり近隣への騒音について悩んでいる方は、犬用の防音グッズを検討してみるのもおすすめです。

室内の柴犬の生活圏内に防音マットを敷くと、同じ鳴き声でも音量が小さくなり周囲への騒音が緩和されます。また、鳴き声がうるさい中でも特に老化による認知症が原因でしつけを行うことが難しいケースでは、ペット用の室内用防音室を導入するのもおすすめです。最近では居心地良く過ごせる犬用の防音室もあるので、チェックしてみると良いでしょう。
 

関連する記事