トイプードルのかかりやすいアレルギーとは。アレルギー検査やアレルギー症状、フードによって引き起こされるアレルギーを紹介

トイプードルのかかりやすいアレルギーとは。アレルギー検査やアレルギー症状、フードによって引き起こされるアレルギーを紹介

トイプードルは、まるでぬいぐるみのようにクルクルとした愛らしい巻き毛が特徴の小型犬です。

抜け毛が少なく賢いので、室内犬に適しており人気の高い犬種となっています。そんなトイプードルですが、どんなアレルギーにかかりやすいのか気になる飼い主も多いでしょう。

今回は、トイプードルがかかりやすいアレルギーやその症状と原因、アレルギー検査、フードの選び方など押さえておきたいポイントをまとめて解説します。

トイプードルがかかりやすいアレルギー性皮膚炎

トイプードルがかかりやすいアレルギーは、アレルギー性皮膚炎が挙げられます。

アレルギー性皮膚炎とは、ノミやダニ、ハウスダスト、食物など様々な物質がアレルゲンとなって体内の免疫機能が過剰反応し、皮膚に炎症を引き起こす病気です。アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンとなる物質を吸引・接触したり、アレルギーを持つフードを食べたりすることで起こります。

トイプードルは抜け毛が少ない犬種ですが、被毛はクルクルとした巻き毛なので、こまめにお手入れしないと皮膚に汚れが溜まってしまいます。被毛や毛の清潔を保っておかないとアレルゲンの接触に気付かず、アレルギー性皮膚炎の発症の誘発を促す恐れがあるので注意が必要です。

アレルギー性皮膚炎で現れやすい症状

  • 皮膚などに強いかゆみ(出血)
  • フケや脱毛

 アレルギー性皮膚炎で現れやすい症状は、皮膚の強いかゆみやフケ、脱毛などです。トイプードルはアレルギー症状が出るとかゆみの出ている部分を自分で引っ掻いたり噛んだりして、皮膚からの出血が見られる場合もあります。また、皮膚が赤くなった部分をしきりに舐めている場合も、アレルギー性皮膚炎が現れている可能性が高いです。

アレルギー性皮膚炎を発症する原因

アレルギー性皮膚炎などを発症する原因は、主にノミやダニ、ハウスダストなどのアレルゲンです。アレルゲンとなる物質が体内の免疫機能を過剰反応させて症状を引き起こすことは分かっていますが、アレルギーの根本的な原因までは分かっていません。

アレルギーは体質的な要素が大きいので、症状をコントロールしながら上手く付き合っていく必要があります。症状を抑えるためには、日常生活の中でアレルゲンの摂取や接触を徹底して避ける、かゆみを抑える薬を飲むなどの対症療法を行うことが大切です。

それでは、具体的にどのような原因でトイプードルにアレルギー性皮膚炎が発症されるのかご紹介します。

  • ノミやダニ
  • アレルギーにつながる食べ物
  • 蚊やアブなどの昆虫
  • ほこりやハウスダスト 

アレルギー性皮膚炎を引き起こすアレルゲンには、主に上記の原因が挙げられます。ノミによるアレルギー性皮膚炎は、ノミがトイプードルの皮膚に寄生し吸血することでアレルギー反応が起こります。こまめにブラッシングをして皮膚にノミの寄生がないか確認が大事です。

また、ほこりやハウスダスト、ダニなどもアレルゲンになり得るので、トイプードルの生活環境を常に清潔に保っておくことも重要です。食物アレルギーの場合は、原因となる食物を普段与えているフードから取り除くことで対処できます。

アレルギー検査でアレルゲンの種類を知ることも大切

愛犬のトイプードルがどの物質に対してアレルギーを持っているか分からない場合、対処が難しくなります。アレルギー性皮膚炎の症状が現れたら、原因を知るためにアレルギー検査を実施しましょう。

アレルギー検査とは?

アレルギー検査とは、血液を採取し、どの項目に対してトイプードルがアレルギーを引き起こしやすいのかを調べる検査です。採血は動物病院でもできますが、アレルギーの検査自体は専門機関でないとできないため、結果が分かるまでには1~2週間程度の期間がかかります。病院によってはアレルギー検査を行っていないところもあるため、検査を受け付けている病院を探すか、アレルギーの専門機関にお願いする必要があります。
 
アレルギー検査で調べられる項目は多岐にわたり、90~100項目程度の物質に対して、完全にアレルゲンではない「陰性」、アレルゲンと認められる「陽性」、どちらとも言い難い「疑陽性」の3つに判定されます。
 
また、採血によるアレルギー検査だけではアレルゲンとなる食物を全て特定できません。そのため、環境アレルゲンが認められなかった場合は食物アレルギーをさらに特定する除去食試験を行う必要があります。除去食試験を行う際も、自己判断ではなく獣医師の指示にしっかり従ってください。

アレルギー検査にかかる費用

アレルギー検査は受ける場所や種類によっても多少変わりますが、費用相場はおよそ2~3万円です。トイプードルの皮膚の様子がおかしいと思ったら、早めに動物病院を受診してください。獣医にアレルギーの疑いがあると診断されたら、アレルギー検査を行ってアレルゲンの特定を行いましょう。
 
アレルギーは生まれ持った体質的要素が大きく、完治が難しい病気です。アレルギー症状を抑えるためには、アレルゲンの除去が必要になるため、飼い主が愛犬のアレルゲンを的確に把握しておくことが大切です。

トイプードルのアレルギー発症リスクを抑えるフードの選び方

トイプードルのアレルギー発症リスクをできるだけ抑えるフードの選び方をご紹介しましょう。

アレルギー物質はないか原材料は必ず確認する

まず、トイプードルが現在アレルギーを持っている場合は、アレルギー検査や除去食試験の結果を参考にしながら、普段のドッグフードにアレルゲンが含まれていないかを確認します。アレルギー物質が含まれていた場合は、そのフードを与えることは止め、アレルゲンが含まれていないフードに変えましょう。
 
まだアレルギーの症状が見られなくても、アレルゲンになりやすい穀物が含まれていないフードがおすすめです。また、添加物はトイプードルの胃腸で消化しづらく、アレルギーを誘発するケースもあるのでできるだけ避けた方が良いでしょう。

ドライフードなら開封後1ヶ月程度で使い切れる量を選ぶ

ドッグフードの賞味期限にも気を配ってください。賞味期限は開封前の状態での目安期限なので、一度開封したフードは空気に触れて劣化が始まります。長期間空気に触れて酸化が進むと、栄養素が失われたり味の美味しさが損なわれたりします。ドライフードの場合は、開封後約1ヶ月以内には食べきれる量を選びましょう。
 
ウェットフードの場合は多く水分を含んでいるため、ドライフードよりもかなり早いスピードで劣化が進みます。開封後は冷蔵保存した上で、2~3日以内には食べきるようにしてください。

健康に配慮されたフードを選ぶ

栄養素を多く含んだフードを選ぶこともアレルギー予防をはじめ、健康に良い影響をもたらします。特にビタミンEの抗酸化作用は皮膚疾患に効果が期待できるため、ビタミンEを再生可能にするビタミンCと一緒に摂取すると良いです。
 
また、オメガ3脂肪酸系の不飽和脂肪酸も犬のアレルギー反応を抑制する働きが認められているため、アレルギーを持つトイプードルはフードに含まれているものを選びましょう。オメガ3脂肪酸は、魚や藻類に多く含まれています。

トイプードルの健康を守るために日常生活でできること

トイプードルのアレルギー疾患の予防や対処のためには、生活環境を清潔に保ち、ブラッシングなどのお手入れをこまめにする必要があります。また、食物アレルギーを持っている場合はアレルゲンを除去したフードを与えることが大切です。まだアレルギーの発症が見られない場合も、添加物や穀物を含んだフードを避け栄養成分に配慮すると予防に役立ちます。トイプードルの健康を守るために、毎日の生活を見直してみてください。
 

関連する記事