パピヨンの毛色の種類について!スタンダードカラーから白、黒カラーも紹介!

パピヨンの毛色の種類について!スタンダードカラーから白、黒カラーも紹介!

パピヨンは、蝶が羽を大きく広げたような立ち耳と美しい被毛が特徴の犬種ですが、その毛色にはたくさんの種類があります。

美し毛並みのパピヨンを迎えるなら、そんな毛色種類があるのか知っておきたいところ。今回の記事では、パピヨンの人気の毛色の種類や変化、毛色による性格の違い、毛並みのお手入れ方法などをご紹介します。

パピヨンの毛色の種類

パピオンには色々な毛色があるので、まずは種類ごとに特徴をご説明します。

毛色の種類 毛色の説明
トライカラー トライカラーとは、名前の通り3色のカラーが混ざっている毛色です。
パピヨンのトライカラーには、クラシックトライカラーとハウンドトライカラーの2種類あります。
クラシックトライカラーは、白をベースに黒と茶がアクセントカラーに入っており、目の上に端マークと呼ばれる眉のような形の茶色が入っているのが特徴的です。頬周辺にも茶色が入っています。
ハウンドトライカラーのパピヨンは、白をベースに黒と灰色がかった茶色であるセーブルがアクセントカラーに入った毛色です。
パピヨンのトライカラーはどちらも最近人気が高いです。
白黒 白黒のパピヨンは、モノトーンのコントラストが目を引く2色の毛色の組み合わせです。
白をベースとする場合は鼻周りや胴体が白く、耳や顔全体が黒の毛色になっています。
また、黒をベースにする白黒カラーのパピヨンもいます。
他の毛色よりも落ち着いてキリッとして見え、海外では特に人気の高いカラーです。
白セーブル 白セーブルは、白をベースにセーブルが顔や耳に差し色が入った毛色です。
白セーブルの中でもセーブルの色の濃さには個体差があり、白茶色カラーと同じ分類になることもあります。
パピヨンがまだ子犬うちはセーブルが白黒に見える場合もあります。
白赤 白赤は、白をベースに明るめの茶色が差し色になった毛色です。
白茶との境目は曖昧で、同じ茶系でもこげ茶系の差し色は白茶色に分類され、黄色に近いレモン色の差し色は白赤に分類されます。
白茶色 日本で最もスタンダードなパピヨンの毛色です。
白をベースに茶色が差し色に入っています。


パピヨンの毛色の種類はとても豊富で、白をベースにした色彩が特徴的です。JKC(ジャパンケネルクラブ)では白をベースとする毛色であれば広く認められており、差し色となる毛色の色合いで毛色の種類が分類されています。同じ種類の毛色でも、個体によって色合いや差し色の入り方はそれぞれ違います。
 
パピヨンの毛色は3色混ざっているトライカラーと2色混ざっているパーティーカラー(バイカラー)に大別され、どちらの模様であっても額から顔の中心にかけて白いラインのように被毛が生えており、顔の左右で対称的な模様になっているのが特徴です。
 
パピヨンの毛色は差し色自体より白地の割合が着目されており、ドッグショーにおいては白の割合が多いほど優れた評価を得る傾向があります。単色の白のみの毛色や、差し色であっても青系の灰色の毛色は認められておらず、白青などの毛色もミスカラーになります。飼うこと自体に問題はありませんが、ミスカラー同士の交配は健康上のリスクがあるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

成犬になると毛色が変わる

パピヨンは、子犬期から成犬になる過程の生後1~2年くらいで毛が生え変わるため、毛色が大きく変わるのも特徴の1つと言われています。

 変化の仕方は様々

パピヨンの毛色の変化は個体によって様々で、子犬期から予測を立てることはできません。差し色の毛色が薄く明るくなる子もいれば、暗く濃くなる子もいます。
 
中でも茶系の差し色は明るくなるケースが多く、子犬時代は白赤のパピヨンだったのが成犬になったら白セーブルや赤の中でもレモン系に変化したり、子犬時代にパーティーカラーだったパピヨンが成犬になったらトライカラーに変化したりすることがあります。
 
また反対に、トライカラーだった子が成長につれて1色消え、パーティーカラーに変化する場合もあります。このように、成長過程による毛色の変化を楽しめるのも、パピヨンの独特の持ち味と言えるでしょう。

暗い毛色は明るくなりやすい

元々差し色が暗い場合は、成長過程で明るく変化しやすい傾向があります。特に白黒の毛色は、黒が色抜けしたように明るくなってセーブルのような色合いになることも多いです。
また、パピヨンに限りませんが、ほとんどの犬も人間と同じように老化によって毛色が薄くなります。老犬期には加齢による退色によって成犬期よりも毛色が薄くなりますが、退色も個体差がありあまり薄くならない子もいれば薄くなる子もいます。特に元の毛色が濃い個体は、薄い個体に比べると退色が目立ちやすい傾向があります。

パピヨンは毛色によって性格が異なるのか

パピヨンは様々な毛色がありますが、毛色によって性格の違いはあるのでしょうか?

色には遺伝が関係していることも多い

 そもそも、同じ犬種であってもパピヨンの個体によって様々な毛色の違いが出るのは、親からの遺伝によって決定される要素が多いと言われています。犬の毛色を決定する遺伝子というのは現在確認されているだけでも10種類以上もあり、白い毛色の両親でもそれぞれが茶色の遺伝子を持っていれば、茶色やその他の毛色の子犬になる可能性は高いです。
 
したがって、同じ毛色の種類のパピヨン同士が交配したといって、まったく同じ毛色のパピヨンが生まれてくるわけではなく、遺伝の仕組みは未だに解明されていない部分も多くあります。
 
基本的に犬は毛色ではなく、犬種ごとに性格傾向の違いが見られます。パピヨンの性格は、とても賢く活発、飼い主が大好きで甘えん坊、多少神経質などの特徴があります。犬種によっては性別によっても性格傾向の違いが見られますが、パピヨンはオス・メスともに大差はなく、どちらかと言えばしつけ方や育て方の影響が強く見られます。

毛色は性格に関係しない

パピヨンの性格は、犬種の性格傾向以外で言うと主に遺伝や生育環境などに影響を受けます。とは言えこの遺伝は毛色の遺伝とは異なるもののため、毛色自体が性格の違いとは関係することはありません。「この毛色の子は飼いやすい」といった傾向もないので、自分の気に入った毛色の子をお迎えすると良いでしょう。
 
また、性格は生育環境や育て方によって変えられるものがほとんどです。特に子犬の時期の過ごし方によってその後の性格が決まると言われているので、社会化の時期にはパピヨンを出来るだけ外に出して多くの人や犬と触れ合わせると、神経質な面や恐怖心が和らぎより社交的な性格になります。

パピヨンの毛並みを美しく保つお手入れ方法

パピヨンは美しく長い飾り毛が特徴です。パピヨンは基本的にシングルコートでダブルコートの犬種に比べると抜け毛は少なめですが、長毛のため美しい毛並みを保つには日々のブラッシングが重要です。特に耳の飾り毛は切れやすく、毛玉もできやすいため特に注意してブラッシングを行う必要があります。
 
ブラッシングの方法は、まず犬用のコームブラシを使って全身の毛をほぐし、その後にピンブラシを使って抜け毛を取り除きます。ピンブラシを使う際には、パピヨンの皮膚を傷つけないように優しく行うようにしましょう。全身のブラッシングと抜け毛処理が終わったら、最後に再び飾り毛をコームブラシで整えます。
 
ブラッシングは毎日長時間かけなくても大丈夫ですが、定期的に行うと人間に触れられるのを慣れさせる効果もあります。愛犬とのコミュニケーションも兼ねて、優しく行う習慣を付けましょう。こまめなブラッシングで、パピヨンの特徴である耳の飾り毛も美しく維持できます。

お気に入りのパピヨンを見つけよう!

パピヨンは、小型犬人気ランキングの中でも上位にランクインするほど人気で、多くの人に愛されている犬種です。毛色の種類が多く、個体によってバリエーション豊富な色味や模様があるので、お気に入りのパピヨンをお迎えすると良いでしょう。また、成長に伴って毛色が変化する楽しみもあります。定期的にブラッシングを行い、愛犬の美しい飾り毛もキープしてあげましょう。

関連する記事