ダックスフンド

胴長で足の短い犬と言えばダックスフンドのことであると誰もがわかる愛らしい見た目をしています。
その特徴的な短足胴長の体型に加え、耳がたれ、口先はやや眺め、意外にも筋肉がよく発達していることが見て取れます。

ダックスフンドは明るく活発、好奇心が強くて大抵のことでは物怖じしない性格です。
負けず嫌いな一面を持っていて、他の犬に対抗心を抱くこともあり、多頭飼いには相性を選びます。
特にダックスフンドの中でも小さいサイズになるほどこの傾向が強いことがわかっています。

スムース(短い被毛)、ロング(柔らかく長い被毛)、ワイヤー(固くて長い被毛)の3種類が存在、原産国のドイツでは3サイズとしています。
毛色は単色から模様など様々存在し、毛質や長さによって色の差は殆どありません。
ダブルコートなので換毛期など被毛の生え変わりがあるため、特にワイヤーとロングは週に2回以上はブラッシングすることをおすすめします。

足が短いことで身体が地面に近くなるため、夏季では熱中症にかかりやすくなるので同季節には日照りで地面が熱くなっている時間帯の散歩は避けるようにしましょう。
短足胴長の体型に関わる疾患として「椎間板ヘルニア」が好発的に起きる犬種でもあるので、肥満を防ぎ運動でしっかり筋肉をつけることが必要です。

体高
個体によって異なる
体重
個体によって異なる
サイズ
超小型犬
原産国
ドイツ
カラー
ブラック、ブラウンなど
ダックスフンド

ダックスフンドに関する最新の記事

ダックスフンドはアナグマの狩猟犬だった!ペットに至るまでの理由と狩猟犬との違いについて

ダックスフンドはアナグマの狩猟犬だった!ペットに至るまでの理由と狩猟犬との違いについて

ダックスフンドは胴長短足の体型が特徴的な小型犬です。 現在ではペットの中でも人気の高いダックスフンドですが、かつてはアナグマなど狩るために飼われていました。 今回はそんなダックスフン…

ダックスフンドの歩き方が変!?後ろ足をびっこしているのはヘルニアや病気の兆候かも

ダックスフンドの歩き方が変!?後ろ足をびっこしているのはヘルニアや病気の兆候かも

ダックスフンドはかわいらしい胴長体型の犬です。 胴長体型には椎間板ヘルニアなどの腰に負荷がかかりやすいことでのけがや疾患のリスクもあるため、飼い主は歩き方に変化がないか日頃からよく注意する…

ダックスフンドの毛の色や長さ、性格の違いまとめ!ミニチュアダックスとの違いとは

ダックスフンドの毛の色や長さ、性格の違いまとめ!ミニチュアダックスとの違いとは

ダックスフンドは、長い胴体と面長の顔、短い脚や大きな垂れ耳が特徴的で愛らしく、性格も飼い主に懐きやすいのでペットとして高い人気を誇る犬種です。 同じダックスフンドという犬種の中でも毛の色や…